09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

猫アレルギーで猫を飼うこと 2008年12月17日

うちのペンキ塗りはまだまだ続いてます。ペンキ
2度塗りが必要なので、1度塗っては完全に乾くまで数時間待って・・・ということを繰り返さなければならないので、思ったよりも時間がかかります。
ということで、今はやっとバスルームのペンキ塗りが終了したところ。花
階段のペンキ塗りは猫たちをどこかの部屋に閉じ込めないとできないので(そうしないと足跡模様が付きます・・・笑)、これが1番大変かも。

話は変わって昨日、英国カモシカ姉から電話をもらった。
なんと、2日前から仔猫を2匹飼い始めたとのこと。

英国カモシカ姉は長年連れ添った旦那さんと離婚をする予定で(汗)、今現在は新しい彼氏と一緒に暮らしてます。
そして彼女は・・・ 猫アレルギー。(>_<)

姉は以前はニュージーランドに移住していて、今回、旦那さんをニュージーランドに残してイギリスに帰国してきたんだけど、ニュージーランド時代にも1度猫を飼ったことがありました。
でも、結局は猫アレルギーで耐えられないからという理由で猫を手放してます。羅琉 泣き
それなのにまた猫を飼うなんて・・・大丈夫なんだろうか?? とかなり心配。。。がっくり

今現在は彼氏と一緒に暮らしているものの、もしもその彼氏と別れたら猫たちはどうするつもりなんだろう・・とか人事ながら色々と考えてしまいます。
仔猫の年齢は生後9週と10週。
2匹飼うことにはしたけど、2匹の間に血の繋がりがあるわけではないそうです。

うーむ・・・猫アレルギーで猫を手放した前例があるのに、今回はなぜ2匹も飼うことにしたんだろう(汗)。
1匹なら、もしも飼えなくなった場合でもうちで引き取るということも可能かもしれないけど(そうならないことを願う・・・うーん)2匹はさすがにうちも金銭的に無理。汗
確かに猫アレルギーで猫を飼っている人は結構いると思うんだけど(私も兎アレルギーだけど、日本では兎を飼ってました)、彼女は1度手放した経緯があるだけに本当に心配です・・・。

とくに今のイギリスは歴史上最悪とも言われる不景気で、多くの家族がペットを飼うことができなくなった結果、レスキューセンターは動物たちで溢れかえっている状態です。
ウスターの猫保護団体 CATS PROTECTION も100匹以上の猫を抱えている状態で大変そうだし・・。

とりあえず、今度こそ姉が猫たちと暮らしていけることを願うばかりなんだけど
   ・・・心配だぁ~~~。sc07

そしてうちの子たちですが、全員揃ってのダイエットが成功したお陰でみんなスリムになったのは良いんだけど、その弊害が現れてます。汗
とくにグンタ。(--;)

雪&グンタは若いこともあって、食に関することとなると目の色を変えます。^^;
猫たちの食事は1日3回なんだけど、1回の食事量を以前よりも減らしているので満足感が足りないらしく、私が何か食べていると異常なほどの興味を示します。

私の食べていたヨーグルトが欲しくてたまらないグンタ。
手を出したらダメなことは分かっているので、しばらくはこんな顔をして私を見つめ続ける(笑)。
欲しいの

その我慢も1分が限界で、それを過ぎると足が出ます。 ̄□ ̄
ヨーグルト

他の子たちはまぁ良しとして、グンタは食事の1時間後には

 「ニャーー!!! ニャーーー!!

と私の顔を見つめながら大声で鳴いて 『こっちに来い』 と呼ぶので後を付いて行くと、ご飯テーブルのある所で停止(笑)。
テーブルを見つめながらまた鳴きます。^^;

それを無視していると1時間くらいは鳴きやんでくれないので、もうすでに赤ちゃんと暮らしている気分です。がっくり

今日もうるさかったので、オヤツをあげる代わりにみんなに猫ミルクを。
ミルク

それでグンタもしばらくは静かになったんだけど、やっぱり約30分後には 「ニャーニャー」 が始まりました。うーん

お腹に寄生虫でもいるのか?? と思ってしまうほど、物凄い食欲。汗
冬場は寒いから食欲も沸き易いのかなぁ。^^;
2008年12月17日 | Comments(7) | Trackback(0) |
コメント
こんにちわ☆
ウチの猫達は14歳♀一匹、5歳♀が3匹ですが、3、4歳頃はみんな凄い食欲でまん丸でした。笑
今でもよく食べ、若干丸いです…(^^;)
猫や犬などの食事の量を減らす時は、3日に一回?10%くらい減らしていくと慣れやすいとか。でもって、食事の回数を増やすと意外と満足するようです…が、なかなか難しいですよね、私だって食欲は抑えられないもの。笑

にしても、お姉さんの猫アレルギー→仔猫二匹は非常に心配ですね(><;)
アレルギーって治らないし…どうするんでしょうか。笑

先行き不安ですが、暖かく見守りましょう…(^^;)
ゆうこ URL 2008年12月18日 12:52:35 編集
No title
遅ればせながら、出張短くなってよかったですね!
しかし、猫アレルギーで猫を飼う…けっこう無謀といえば無謀。心配になってしまいますね。

私の友人も猫アレルギー持ちなのに猫飼いがいますが、なかなか大変そうです。愛と覚悟が無いと難しいですよね…。
猫たちの幸せを祈るくらいしか出来ませんが…

ダイエット成功、うらやましいけど、やっぱり大変そうです~
グンタくんだけ多めにあげる訳にもいかないでしょうし。
何か人間用にある様な、カロリーを気にしなくて済むおやつがあるといいですね。





みね URL 2008年12月18日 17:15:22 編集
No title
う~ん、英国カモシカさんも脱力系だけど、お姉さんも?(笑)
脱力系姉弟ですかi-229
まだ離婚されていないのに新しい彼氏と同居中で、猫アレルギーなのに子猫2匹を飼いはじめて、しかも一度は猫アレルギーだからと放棄しちゃっている…e-350。う~ん、う~ん。お姉さんって、自己中な人なのかなぁ?
日本カモシカさん、係わると子カモシカちゃんも、もうすぐ出てくるし大変ですよi-182
気にはなるだろうけれど…。
カモシカ家と同じくらい若いニャンズと暮らしている方が、動物性タンパク質ダイエットで成功していますよ~。手作り食派の方ですe-348炭水化物を減らしてタンパク質を増やしてっていうだけでも減るみたい。カリカリ食べていると、カロリーも炭水化物も多いから、どうしても増加傾向になっちゃうって言ってました。その方も、うちみたいに朝だけカリカリだったのだけど、カリカリ止めて、おやつはささみジャーキー作ったり、お魚を焼いたり、煮干をあげたりしていたらしいです。それでダイエットになったみたいです。カモシカ家は、全食v-371手作りご飯なのかしら?
nyanmyupurin URL 2008年12月18日 20:44:16 編集
No title
>ゆうこさん
やっぱり若い子は食欲ありますよね~(笑)。
以前、私たちが家を留守にしたときに猫飼いの友人にエサやりを頼んだことがあったんだけど、その人の家の猫は20歳の老猫さんだったので、うちの猫たちの食欲にビックリしてました。^^;
うちの場合、猫たちが太ってしまった原因が私のツワリが酷くてキャットフードの匂いに耐えられず、その間はエサやりを英国カモシカに任せてしまったことだったようです。
必要以上の量を与えてしまっていたらしくて、猫たちの胃も大きくなってしまったのかも(汗)。
それで今は昔のご飯量に戻している最中なんですが・・・どうも満足感が足りないようです。(>_<)
今は仕方ないので1日3回の食事と、私が在宅のときは猫ミルクや猫用の乾燥魚を与えてます。^^;

猫アレルギーで猫を飼っている人は私も何人か知っているけど、子供のアレルギーと違って大人になっても残っているアレルギーって、やはり克服しにくいので大変そうです。
相当の愛情がないときっとダメかなぁ・・・。(--;)

>みねさん
ありがとうございます☆
出張に行くのは仕方ないとしても、時期と期間が問題でした(汗)。
子カモシカが生後6ヶ月以上とかになってれば、4週間の出張でも気にならなかったかもしれないんだけど。^^;
5日間というのも決定ではないので、これ以上伸びないことを願ってます・・・。

猫アレルギーで猫を飼っている人ってけっこう多いとは思うんだけど、アレルギーの程度にもよりますよね。
英国カモシカ一家はペットと暮らした経験は1度もなくて、姉も 「生き物と暮らす」 ということがどういうことなのか分かっているのかどうか・・・。(>_<)
飼った翌日には仔猫2匹に長時間の留守番をさせた、と言ってました(汗)。
もちろん仔猫は家の中で自由に放し飼いです。(>_<)
無事故で良かった。。。

英国カモシカは今だからこそ猫たちを可愛がってくれてるけど、最初の猫に対する考え方は酷いもんだったし、英国カモシカ兄なんて猫を見ると 「あっち行け!」 と足で蹴っても平気な人なんですよ。(--;)
とにかく、今現在の姉の彼氏さんが良い人であることを願って、最悪の場合でも責任を持ってくれることを願うばかりです。

猫用の低カロリーオヤツ、うちで使っているのは白身魚を乾燥させただけのものです。
でもこれも、どこまで低カロリーなのかは不明・・・。^^;
でも、他の添加物入りのやつってイーストが入ってたり糖類が入ってたりで、やたらとカロリーが高そうなんですよね。
今の食事で栄養は足りてるはずなので、猫たちにはこの食事量で慣れてもらわないと(笑)。
日本カモシカ URL 2008年12月18日 20:44:37 編集
No title
>nyanmyupurinさん
この姉にはちょっとビックリですよね。(>_<)
自由奔放に育てられたというか・・・親が子供に説教をするのが怖かったからというか・・・彼らの3人の子供たちはみんな自由奔放です(汗)。
姉の元旦那も彼氏も人間だし、自分の面倒くらい自分でみれるから良しとして(笑)、気になるのはこの仔猫たちです。
英国カモシカ一家は動物と暮らした経験は1度もなしだから 「他の生き物と暮らす責任」 ってことをどこまで理解しているのか・・・。
英国カモシカも最初のころは 「家猫」 と 「野生動物」 を混合して考えているような人だったし。(>_<)
愛玩動物は野生動物と違って、人間が愛情と責任もたないと生きていけないのにね。。。
子カモシカが生まれるので私も姉にはあまり関わってられないんだけど・・・やっぱり気になっちゃいます~~~。(--;)

うちの猫たちの食事だけど、私が今はあまり買い物に出られなくなってしまい、イギリスには肉の宅配サービスってないので、現在の食事はキャットフード中心になってしまってます。
でも猫缶中心で、カリカリはフリカケ程度で使ってます。
こっちだとアニモンダが比較的安いのでアニモンダを使っているんだけど、肉の含有量が60%以上のもの+去勢した猫用、ってのを合わせて。。。
あとはオヤツで魚の煮たやつをあげたり、乾燥した白身魚をあげたり・・・。
たまにマタタビやキャットニップで食欲を誤魔化したりもしてます(笑)。
コンニャクや海草のように、量を多く食べても太りにくい猫用の食材があればいいのになぁ。^^;
日本カモシカ URL 2008年12月18日 21:01:10 編集
はじめまして
ロムらせていただいてました。
私は重度の猫アレルギーです。今の猫を拾って発症しました。医者には即手放せと言われました。または毎日お湯に漬け洗いをするようにと、絶対無理。
そんなこと出来ないので16年間、抗アレルギー薬を飲んでます。昔は点鼻薬と目薬なしではいられない位でした。
最近はいい薬も出てるので、以前程は症状は出ませんが、それでも猫をさわったら必ず手を洗います。それがちょっと悲しいですけど目を擦ると腫れ上がるんです。
人それぞれの考え方次第ですが、お姉さんはちょっと心配ですね。
sekaruru URL 2008年12月19日 03:12:45 編集
No title
>sekaruruさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!
重度の猫アレルギーということで、本当に大変だろうと思います。
実は英国カモシカも重度のダニアレルギーで、かれこれ10数年間、抗アレルギー薬を飲み続け、点鼻薬も毎日欠かせません。
欠かすと酷い頭痛と吐き気に悩まされて、日常生活もマトモに送れなくなってしまうほどなんです(汗)。
おかげでイギリスでは一般的なカーペット張りの家にも住めません・・・。
重度の猫アレルギーでも猫と一緒に暮らしているsekururuさんは本当に偉いと思います。
やっぱり1度拾ったからには・・・手放すのは難しいですよね。。。
おまけに、基本的に水嫌いな猫を毎日洗うなんてことも無理だし。(>_<)
私も昔、兎アレルギーと知らずに1人暮らしで兎を飼い始めたらアトピーが大発生して、毎日のように手から出血している状態でした。
でもやっぱり・・・手放すなんて無理でした。

英国カモシカ姉が、そんな状態でも猫と暮らせるだけの覚悟があるのかどうか、私には分かりません。
過去に猫を1度手放したことがあるってことは 「ダメだったらまた手放せばいいや」 くらいに思っているのではないことを願いたいです。
日本カモシカ URL 2008年12月19日 20:47:56 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。