03 12345678910111213141516171819202122232425262728293005


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

秋のデボン-動物編 2008年10月19日

先週の金曜日の夕方、イギリス国内旅行から帰宅しました。

猫たちはみんな元気です☆
ただ、知人の猫飼いさんに世話を頼んでいたんだけど、かなり苦労されたようで・・・。(- _-;)

この知人さん宅の猫は17歳のおじいちゃん猫で、すでに耳が聞こえない上に視力も衰え気味。
最近はリウマチも発症しているので動作はどうしてもゆっくりになってしまい、食欲もほとんどないそうです。

それに引き換えうちの猫たちは最年長のタマでさえ推定年齢は4歳半。羅琉 喜
知人さんはご飯タイムには4匹の猫たちにたかられ、他の子のご飯を横取りしようとする雪&グンタに圧倒され、野生の血が滲み出るタマには疑いの目でにらまれたそうです(笑)。

そして 『撫でて~~~』  と寄ってきたターディス嬢に手を出して引っかかれたそう。(--;)
カモシカ家の人間はターディス嬢の性格をよーーく分かっているので、いくら 『撫でて と頼まれてもまずは手の匂いを嗅いでもらってから手を出します。汗
そうしないと彼女はビックリして、予想も付かない行動に出ることがあるから。
知人さんにはよく謝っておきました(汗)。

そして留守中にキャットフード&猫砂のデリバリーがあったんだけど、知人さんが受け取ってくれて箱は開封せずに廊下に置いておいてくれました。
でもその翌日、知人さんがまたご飯のお世話に来てくれたときに見た光景は

 引き裂かれたダンボール箱、床に散らばる猫砂と穴の開いたキャットフードのパウチ・・・


きっとターディス嬢がダンボールに穴を開け、グンタがその穴を大きくして、その後はみんなで色んなものを食い散らかしたものだと思われます。(-▽-)
老猫さんと生活している知人さんは、この若猫パワーにかなりビックリしたらしく、置き手紙には

 『大きな白猫がご飯を横取りしようと走り回ってて、野生猫には睨まれた』 

と書いてありました(笑)。

知人さんにはお土産をたくさん持ってお宅を伺って、お礼&お詫びをしておきました。汗

そして私と英国カモシカが今回の旅行で向かった先は、以前も行ったことのあるデボン。
イングランド南西部の気候がとっても温暖な地域です。

この地域で私のお目当てと言えば、なんといっても美味しい食事!!にっこり
そして豊かな自然とキレイな海です。
ダートムーア

海

地図を見ながら適当に宿泊先に定めたのは Totnes という小さな町。
行き当たりばったりだったので、とりあえず近くにあった農家の方がやっているB&B(宿と朝食付きの民宿みたいなもの)に行ってみたんだけど1件目は空室なし。
そこで、農家ではないんだけど “オーガニックB&B” という看板を出していた Norwegian Wood という名前の小さなコテージを当たってみると空室ありとのことで、そこに宿泊することに。

オーガニックB&Bってどんなものなんだろう?? と思っていたんだけど、朝食は全てオーガニック食材を使用。
石鹸やシャワージェルなどもオーガニック製品だったりして、できる限りのものを環境に優しいもので揃えてました。
しかも、普通のイギリスのB&Bで見かけることのない豆乳やカフェインなしのチコリコーヒーなどなど、妊婦にとっても嬉しいことがたくさん♪
朝食のオプションも、普通のイングリッシュ・ブレックファーストもあるんだけどベジタリアン用の朝食もあったので、妊娠してから肉をほとんど食べられなくなってしまった私にもぴったりでした☆

でもなによりも嬉しかったのは、ここには犬2匹&猫3匹が住んでいたことなんだけど。^^
猫

私たちが会ったのは3匹の猫のうちの2匹。
3匹目の子は最後にちらっと姿を見かけただけで、かなり人見知りの激しい子でした。

そしてこの黒猫さんはジェットという名前。
ジェット

とにかく人懐こくて、初日から私たちの部屋に入り浸ってベッドでくつろいでました(笑)。
jet

いつもなら旅行の途中で猫禁断症状が出るんだけど(^^;)、今回はジェットたちのお陰でまるで自宅にいるような気分でくつろげました。^^

宿泊先も見つかったことだし、まず観光に向かった先は ダートムーア(Dartmoor)
道路

デボンには国立公園が2つあり、ダートムーアはそのうちの1つです。
前回デボンを訪れた時もここには行ったんだけど、ここにはどうしても会いたい動物が居るので今回も出かけることに。猫足
国立公園内の道路沿いには 

 『道路脇の羊に注意』

などの標識がたくさんあり、その標識通りたくさんの羊や牛、馬が放牧されてます。
羊

道路は動物優先なので、途中で牛たちが道路をふさいでいても車は辛抱強く待つしかない(笑)。
牛

そしてこのダートムーアで私たちが会いたかった動物は、ここに住む野生のポニーたち。
野生のポニーとは言うもののここのポニーたちは人間にとっても慣れていて、前回ここを訪れた時は観光客からのオヤツ目当てに道路脇にたくさんのポニーたちが集まってました。

でも今回は10月。
イギリスの10月と言えば観光シーズンも過ぎ、気温も低くてすでに冬のようなものなので観光客もほとんど居ません。^^;
観光スポットと呼ばれるものも9月や10月を最後に春まで休業するところがほとんどなので、ダートムーアを訪れる観光客もほとんどなし。

それを分かっているのか、ポニーたちも道路脇で見かけることはありませんでした。
そこで英国カモシカと草原をちょっと歩いてみると、遠くにポニーの姿が!!
私たちに気付いたポニーもこっちに向かって歩いてきてくれました。^^

ポニー

近づきすぎ(汗)。
顔

ポニーに接近されすぎて、ちゃんと写真が撮れず。^^;
近すぎ

いくら人間に馴れているとは言っても野生のポニーなので、本来ならばエサをあげるべきではないんだけど、観光客の多くはどうやらエサをあげているらしいです。
このポニーにもエサをねだられて困りました。汗

2頭

私たちが車に戻ろうとすると後を付いてきて困ったんだけど、道路近くまでやって来たときに通り過ぎる車にビックリして逃げて行きました。
2頭のポニーがタテガミをなびかせながら颯爽と走る姿はやっぱりカッコ良くて、やっぱり野生なんだなぁ・・と実感。
天気も悪くて寒かったんだけど、やっぱり会いに行って良かったです。*^0^*

そして、旅行中でもやっぱり足が向いてしまうのは動物のいる場所(笑)。
次に向かったのは、宿泊先からも近かった Buckfast という町にある Otters&Butterfly Farm

蝶とカワウソがいる場所なんだけど、蝶に関しては大きな温室のような場所で飼育されていて温室内を飛び回る蝶の姿を見ることができます。
それはそれでキレイなんだけど、私たちが目当てにしていたのはカワウソの方。

ここでは絶滅の危機に瀕しているカワウソの保護、繁殖を行っていて、カワウソを自然界に返すための活動をしてます。
カワウソ
 
私たちが行ったときはちょうどエサの時間だったので、本来ならば夜行性のカワウソたちも元気に動き回っていたのでラッキー。^^

これはカナダ産のカワウソ。
今日のご飯はニジマスだそうです。
カナダ カワウソ

こちらはイギリス産カワウソ。
頭には葉っぱを乗せ、おまけに舌出し(笑)。
ブリティッシュ

アジア産カワウソは小柄で、色もこげ茶色。
アジア カワウソ

どのカワウソも土地開発などで生息地を失ったり、人間に狩られることによって数が減っているんだけど、このデボン地域は自然保護にも積極的で、川に野生のカワウソが戻ってきているとのこと。にっこり
もっとたくさんの川に野生のカワウソが住めるようになればいいんだけど。

ちなみにデボンには野生のハリネズミ用の病院もあったりして、自然保護に関してはかなり進んでいると思う。
そして至るところで地元産の野菜やジュースを売っていたり、オーガニック食品の店もたくさんあったりして、地域性が全くなくて地元産の食品を入手することがほぼ不可能なイギリスにおいてはかなり特殊な地域。
デボンのお隣のコーンウォールもそうなんだけど、食べ物が美味しい地域は地元産の食材を入手できる地域なのかなぁ、と思います。

では次回はデボンの食べ物編を♪
コメント
No title
おかえりなさーい
楽しい旅行の様子が伝わってきますね♪
ポニー、可愛いらしいイメージだったんですけど、野性味があってむしろかっこいいですね。景色もステキ。

食べ物編も楽しみにしています♪
みね URL 2008年10月20日 09:41:15 編集
No title
無事なご帰宅なによりです。
ニャん子たちの騒動大変笑わせてもらいました・・・・ご友人には失礼ですが(笑
やはり多頭いるといろいろなんですね。
写真は素敵!!!!私も行った気分に浸ろうと努力中です。
Ryoko URL 2008年10月20日 10:45:49 編集
No title
おっかえりぃ!
(* ̄m ̄)ウフッ お友だちのにゃんこシッターさんは、みんにゃに (ノ ̄□ ̄)ノおぉぉぉっ!だったのにゃあ!(>▽<)oギャハッ

にゃんこねんねつきのオーガニックB&B、すっごぉくステキですねー♪
かわうそくんもとっても楽しそうなのにゃあ♪
楽しい旅、子カモシカちゃんも楽しんだと思うのにゃあ♪
Gavi URL 2008年10月20日 17:31:21 編集
おかえりなさい
食べ物がおいしく食べれるようになったんですね~(まだ食べれないものはあるでしょうが)。よかったですぅ~。
カワウソって地域によってこんなに姿が違うものなのか~とびっくり。可愛いですねー。
yoyo URL 2008年10月20日 19:57:26 編集
No title
>みねさん
ただいまー。^^
ポニーはとてもカッコよかったです。
普通のポニーはちゃんとブラッシングされてるので毛並みもキレイだけど、ここのポニーは人間に馴れているとは言え野生なので、タテガミもボサボサでした。^^;
でも颯爽と走っている姿を見ると、本当に惚れ惚れしてしまいます。
もう少し天気が良ければよかったんだけど、小雨が降っていてかなり寒かったのが残念でした。
でもこの肌寒い景色もイギリスらしくて好きだったりします。^^

>Ryokoさん
無事に帰宅しました☆
猫たちはかなりイタズラし放題だったようです(汗)。
きっと私たちが居ないストレスと、食事の回数が普段なら3回なのに、留守中は2回になってしまったので、同じ量を食べていても空腹感を感じてしまったんじゃないかと・・・。^^;
多頭飼いだと、イタズラするときに一致団結するので被害が拡大して困ります(笑)。
写真も、もう少し天気が良い日に撮影できればよかったんだけど、あいにく小雨続きだったのでちょっと暗めでごめんなさい!
雰囲気だけでも伝われば幸いです。^^
日本カモシカ URL 2008年10月20日 22:23:56 編集
No title
>Gaviちゃん
おじいちゃん猫と悪戯っ子たち4匹じゃ、かなり違うもんね。^^;
すごくビックリしたみたいだったよ(笑)。
B&Bはホントに快適で、本当は3日間しか泊まらない予定だったけど、最終日までここに泊まっちゃったんだ。
食事も美味しかったし、猫付きの部屋に泊まれるなんて滅多にないもんね。^^
でもこのB&Bって、犬や猫嫌いな人は泊まれないなぁ、って思っちゃったよ(笑)。
カワウソくんたちは食欲旺盛で、みんな伸び伸びして幸せそうだったなぁ。*^0^*
早く自然に帰れるといいよね、カワウソくんたち。

>yoyoさん
食欲はかなり復活したんですよー!
でも、肉類はまだ難しいです。(>_<)
そして胎児のサイズが大きくなるにつれて胃が圧迫されてきて、常にお腹がもたれてる感じなので、これ以上悪化する前にたくさん食べておこうと思ってます(笑)。
また食べられなくなったらイヤだし。^^;
カワウソは種類によって見た目も全然違うんだけど、みんな絶滅の危機に瀕しているそうです。
日本にもカワウソが居たというのを聞いてなんだか意外だったんだけど、ニホンカワウソは絶滅してしまったようです。(>_<)
日本カモシカ URL 2008年10月20日 22:37:53 編集
No title
うわーん、カワウソって可愛い!!
こんなお顔をしているんですね。なんかね、ずーーっと見ていると、うちのぷりんに重なる(笑)。
お留守番の皆ニャンの活躍は、想像すると笑えますv-291
お友達の 『大きな白猫がご飯を横取りしようと走り回ってて、野生猫には睨まれた』 はバカウケです。もう、雪ちゃんったら、タマちゃんったら(笑)、そしてキャットフードの盗み食いカーニバルを開催された皆ニャンは、大活躍のお留守番でしたねv-392
お友達は、災難でしたけど。映画のホーム・アローンを、ちょっと思い出した私ですv-290
nyanmyupurin URL 2008年10月21日 22:40:14 編集
No title
>nyanmyupurinさん
カワウソって鳴き声は犬みたいで、顔は猫みたいでした。^^
本当に可愛いです☆
日本のニホンカワウソは絶滅してしまったようなので悲しいですよね。。。
それにしても、キャットフード盗み食いには困りました。(>_<)
4匹とも、私たちが在宅のときでも冷蔵庫は開けるわ、引き出しは開けるわで、食に関わることにはとにかく悪知恵が働くし(汗)。
老猫さんと暮らしている方だと、いくら猫慣れしててもビックリしますよね(笑)。
次に家を留守にする時は、やっぱり猫ホテル滞在にした方がいいのかも。^^;
日本カモシカ URL 2008年10月22日 23:45:06 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。