09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

おサルさんとホリデー 2008年10月12日

いきなりですが、英国カモシカが来週1週間ほど仕事の休みを取ってきました。^^;

イギリスでは夏にサマーホリデーとして仕事の長期休暇を取る人が多いんだけど、今年は仕事が忙しかったのと、私がツワリで身動きが取れなかったために仕事と家の行き来のみで過ごしていた英国カモシカ。

日本人からすれば長期休暇が取れないのも普通のことだし、全く疑問にも思わないんだけど(^^;)、英国カモシカは不満ブーブー。
ホリデーを取らないとストレスが溜まって仕方ないんだそうな。(--;)
おまけに夏の間ずっと私がツワリで死んでいて、週末もどこにも出かけることができなかったのも英国カモシカのストレスに拍車を掛けていたようです。汗

日本に居たころは、たった1日の休みを貰うのにも苦労していた私からすれば

  『なんて我侭なことを言ってやがるソ猝ヨ


と思ってしまうんだけど、そんなことはホリデーを取るのが普通のことだと思っている英国カモシカには通用しない・・・。
しかもツワリ中の家事も英国カモシカに任せることが多かったので、今の私には意見を言う権利なしです(汗)。

ということで、月曜日からイギリス国内旅行に出かけてきます。^^;
金曜日に帰宅予定。

英国カモシカはこの土曜日から出かけたかったらしいんだけど、そんな急に旅行に出かけると言ったってうちには猫たちが居るんだから無理!!怒り
説得して、月曜日から出かけるということで納得してもらいました(汗)。

猫たちのお世話は、友達の猫飼いさんに1日2回ほど様子を見に来てもらうことで合意。羅琉 満足
こんなに急に出かけることになったのでちゃんとしたペットシッターさんに世話を頼むこともできなかったし、私からすれば猫たちに悪いなぁ。。。と思ってしまうんだけど。
グンタ

そして、どうしてもどこかに出かけたかった英国カモシカを納得させるために、土曜日はうちから車で2時間ほどのところにある Monkey Forest に出かけてきました。

その名の通り、お猿さんたちがたくさん居る場所です。^^
さる

ここに住んでいるのは Barbary Macaques(バーバリーマカク) という種類の猿。
ニホンザルも、このバーバリーマカクと同じマカク属に属してます。

バーバリーマカクの従来の生息地はアルジェリア、モロッコ、そしてジブラルタ(→人為的に持ち込まれ、野生化したもの)で、現在のところ絶滅の危機に瀕しているために、保護プラグラムの一環としてこの monkey forest  も設立されてます☆
サル3

ここでは2つの群れが放し飼いにされていて、人間は猿の住んでいる林の中を歩きながら自由に歩き回っている猿の観察をすることができ、今なら今年の夏に生まれた子猿たちの姿を見ることも可能。*^-^*
サル2

サル4

こうして見ていると、人間も猿もそんなに違いはないなぁと思う。
とくに子猿たち(笑)。jumee☆monkey3

それでは、月曜日からいったいどこに行くのか分からないんだけど(汗)、行き当たりばったりでイングランド南西部に向けて出発する予定です。(--;)
こんな旅行でいいのかしら。汗
2008年10月12日 | Trackback(0) | 動物
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。