04 1234567891011121314151617181920212223242526272829303106


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

両親帰国 2009年05月31日

ご無沙汰してます。

先週の水曜日にうちの両親は日本へ帰国しました。
心配していた両親の態度ですが(とくに母親^^;)、結果として全く問題なしでした☆
それどころかイギリスでの、英国カモシカ家族からのサポートのなさに唖然としていて 「こんな中で、よくここまで子カモシカを育てたね」 とまで言われました。汗

実際、英国カモシカ両親は子カモシカにはほぼ無関心、うちに遊びに来ても私たちが遊びに行っても、子カモシカを抱き上げてくれることはほとんどなし。
遊んでくれることもなし。
世話してくれることもなし。
服やオモチャをプレゼントしてくれるわけでもなく、関心事は自分の息子である英国カモシカの事のみなので。 ̄□ ̄

そして叔父&叔母に当たる英国カモシカ兄と台湾人のお嫁さんは、私の両親が滞在中に連絡を寄こすでもなく、子カモシカ生後4ヶ月目前と言うのにやっぱり会いに来てはくれず。

日本人としてはこんな状況は信じられないので、うちの両親も私も、存在を祝福してもらえない子カモシカが不憫に思えて仕方なく、今回ばかりは私の母親も

 「酷いこと言って帰国させなくてごめん。
 日本で出産させてあげてれば良かったね」

と謝ってくれました。

そして私はというと、両親帰国後に38.5度の熱でダウンして動けなくなったんだけど、英国カモシカには
  
 「大袈裟。
  熱が出たくらいで騒ぐな」

と言われ介抱などはしてもらえず、仕方なく医者に会いに行くと出産後の貧血がまだありそうなので血液検査をすることになりました。
今はなんとか熱も下がって復活してるけど、やっぱり頭はグルグル回転状態。
掃除機もろくに持てなくて、掃除もままならず困ってます。

子カモシカ出産後から続いていた眩暈は日に日に酷くなってもう毎日フラフラで、頭もぐるぐる回ってるし、でも家事も子カモシカの世話もしなきゃいけないし・・・で、とりあえず子カモシカのパスポートが取れ次第、1度日本に帰国して養生することにします。

ちなみに、出産の際の傷ですが、まだ治ってません。
医者からは 「あと3週間」 「あと1ヶ月」 と言われ続け、それでも治ってなかったら再手術と言われていたんだけど、今回、熱が出たついでに傷の方も見てもらったら

 「あと5ヶ月くらい待っても治らなかったら再手術。
 でも、もしかしたら一生痛みは残るかも」

と言われました。

もう・・・イギリス最低。
ホント、日本で出産してれば良かったぁ。。。

お食い初め

お食い初め

両親滞在中もタマ&グンタは仲良しこよしでした。^^
毛繕い

スポンサーサイト
2009年05月31日 | Trackback(0) | イギリス生活

いよいよです 2009年05月20日

先ほど、英国カモシカがヒースロー空港に向けて出発しました。
いよいよ日本から私の両親がやって来るので、そのお迎えです。

今回の両親の渡英は子カモシカの お食い初め のためで、新型インフルエンザのことを心配してぎりぎりまで渡英を迷っていたんだけどやっぱり来ることにしたらしい。

私の実の両親だし、子カモシカからすると祖父母にあたる訳だし渡英を止めることもできないんだけど、妊娠中の母親のストーカー行為を思い出すと、滞在中に何かトラブルが起きるのではないかと心配デス・・。うーん
とくに、わざと猫たちを玄関から脱走させてしまうんじゃないかと。

子カモシカの育て方に関しても衝突しそうな気がして、今から気が重いです。(--;)

でも、ここ1週間ほど続いていたイギリスのぐずついた天候は少しだけ回復して来ているので、両親にとっては良いことです。

タマは太陽が顔を覗かすたびに庭に出ては日向ぼっこを。
ひなたぼっこ

うちのオムツたちもやっと天日干しができてメデタシ、メデタシなんだけど、これから家の中で暖房を使わなくなり、夏も天気の悪いイギリスで布オムツ生活を続けていくには “速攻乾燥” のオムツが必要ということで、ネットオークションで新しいオムツを物色中です。^^

今夜から1週間は私の両親がうちに泊まるので、タマには今のうちにリラックスしてもらわないと。
見回り

とりあえず、太陽が出ている隙に庭のパトロールを済ませるタマ。
でもパトロールは2分もかからずに終わっちゃうんだけど。^^;
見回り2

明日からカモシカ家の中の人間の数が増えてしまうので、猫たちも(たぶん私も)ストレスが溜まると思うんだけど、なんとか乗り越えたいと思います。
2009年05月20日 | Comments(8) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

椅子よりも箱 2009年05月18日

只今5月のイギリス、やっぱり寒いです。あんぐり

週末も雨続きで、今日もぐずついた天気で洗濯物が乾かなくて困ってます。
うちは子カモシカが布オムツ使用で、天気が悪いとオムツが乾かないので。^^;

そしてあまりにも肌寒くて、今日はとうとうセントラルヒーティングを入れてしまいました(汗)。
もうガス代が・・・とか言ってられないです。
猫たちもやっぱり寒かったようで、今日は久々にタマもラジエーター横のベッドで昼寝中。
寒い

私の母乳トラブルも今回は本当に手強くて、何をしても大きなシコリは消えてくれず常にジンジンと痛い状態でツライです。
おっぱいに大きな石が入っているように部分的に硬くなり、どこの乳腺が詰まっているのかは分かるんだけど、それを開通させることができないのが歯痒いです。。。

それに、気のせいかもしれないんだけど肌寒い日は調子が悪くなるような気がするので、今日は暖房を付けて様子見する予定。
乳腺症になるとイヤなので食事にも気をつけようとしているんだけど、英国カモシカが日本食嫌いなために和食も作れず、イギリス食と和食の2種類作るような時間的余裕もないので、ネットで見た食事療法もいい加減になってしまってます。

それにしても英国カモシカ・・・和食を作ると露骨に 「これ、食べられない」 と言うのが許せん・・・。
私が 「シコリが痛くて痛くて母乳育児がツライよ~~」 と言っても

  「子カモシカの為なんだから頑張ってくれ」

としか言わないし。がっくり
だったら頑張って和食を食べるか、自分の食事は自分で作ってくれればいいのに。

とりあえず、今は白斑部分が乾燥しないようにクリームを付け(乾燥すると皮が張ってしまうので)、キャベツを胸に貼り付けて冷やしてます(笑)。
ちょうど良い冷たさが気持ちいい~~♪
 →bomingoさん、ありがとうございます。

痛いついでに、今日は約1ヶ月ぶりに出産後の傷のチェックのために病院に行ってきたんだけど、まだ傷が閉じてないので治療再開だそうです。がっくり
もう治療はいいから、さっさと傷口を縫い直してくれればいいのに。sc07

私の出産は痛いこと続きでもう泣きそう。。。

でも育児自体は本当に楽しんでいて、子カモシカも暇さえあればニコニコと笑っているのが救い。花
最近では 「一緒に遊べ!!」 との要求をするために 「アゥ~~~!!!」 という叫び声をあげるようになりました。^^;

そして週末は2日連続でセカンドハンドの子供用品セールがあったので出かけてきたんだけど、探していたものをゲットです。

Bumbo♪
Bumbo

Bumboという名前の椅子で、素材は柔らかいプラスチックです。
見た目はオマルに見えないこともないんですが(笑)、首さえ据わっていれば、この椅子に座ると自分の体重で自分の体を支えることができ、腰の据わっていない赤ちゃんでも1人でお座りすることが可能になる優れものの椅子です。

ネットオークションでも探していたんだけど、大人気でいつも競り落とすことができずにいた物を今回は10ポンドでゲットです!
子カモシカの首はやや据わりかけ、といった状態なのでまだ使えないんだけど、来月には大丈夫そうかな?

そして猫たちは当然、お決まりのように椅子の入っていた  に夢中です。^^;

まずはボスが箱の上に乗ってチェック。
タマ

お次は子分のグンタ。
控えめに前脚だけ載せてます♪
グンタも

そして我が家の本当のボス(タマはボス気分でいるけど、実はターディス嬢がうちの本当のボス・・笑)、ターディス嬢はドーンと箱入りです(笑)。
大胆

今回の子供用品セールではセカンドハンドで布オムツもゲット!
新品の布オムツって結構な値段するんだけど、セカンドハンドを使うのに抵抗がある方も多いのでセールに行くとかなりの割合で売れ残ってます。^^;
セカンドハンドのオムツに抵抗のない方は、こういったセールで安く購入するのも良い手です。

子供ってホントにお金がかかるもんなのねぇ・・と実感中。
2009年05月18日 | Comments(10) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

5月なのに暖炉猫 2009年05月15日

ここ数日のイギリスは5月だというのに寒いです。
雨続き&強風も吹いたりと、落ち着かない天候のせいもあって更に寒く感じるらしい。

英国カモシカにはガス代が勿体無いと怒られたんだけどがっくり 子カモシカが風邪を引いても可哀想だし、とうとうガス暖炉に火を入れてしまいました。
もう5月だっていうのに・・・。汗

でも、寒かったのは私だけじゃなかったみたいです。
子カモシカが足をバタバタして蹴飛ばしてしまった毛布にさりげなく寄り添おうとする雪ちゃん。^^;
毛繕い

子カモシカは昼寝中で全く気付いてません(笑)。

そしてもっと大胆に “寒い!” と主張しているのはグンタです。
暖炉前に陣取って動かず。kao02
暖炉

数時間後・・・

やっぱりまだ暖炉前に陣取っています(笑)。
あくび

出産前の私は寒がりな方だったんだけど、なぜか出産後は体の体温調節が上手くできなくなったらしく(ホルモンバランスの崩れか?!)、暑いのか寒いのかよく分からないことが多いです。がっくり

子カモシカが暑すぎたり寒すぎたりしないように室温調節をしたいんだけど、自分自身が暑いのか寒いのかも分からないので困ってしまい、今では家の中に温度計を2つも設置してます(汗)。
そんな時は猫たちの行動を見ると本当に寒いのか、それとも私の気のせいなのかの再確認もできて助かります。^^

そして気温の変化のせいなのか、母乳育児がかなり辛くなってきています。。。
私は母乳の出に関しては全く問題なく、子カモシカも出産数十分後から乳房を離さないほどよく飲んでくれていたお陰で母乳量はどんどん増加。

1週間後には母乳が噴水のように噴射するほどで、子カモシカの顔を直撃してました。^^;

でもそれと同時に乳首に白い点が出現!
そして授乳の際にジンジン、チクチクと、針で刺されているような強烈な痛みが襲ってきました。
しかも授乳後数分すると、授乳中よりも更に酷い痛みに襲われるようになり、胸を押さえて転げまわるほどで・・・。

でも、イギリス人の助産婦も保健婦さんも

   「乳首が詰まってるのね。
    冷やしてれば治るわよ」

と言うのみ。

頑張って冷やしても全く治る気配はなく、出産から3ヶ月、今もず~~っと痛いです。sc07

日本のネットで色々と調べたところ、この白いものは 白斑 と呼ばれるらしいです。
乳腺の出口のところで母乳が詰まってしまうことが原因で起きるので、赤ちゃんに色んな角度から飲んでもらうのが1番の解決法だそう。

とは言え・・・母乳量の多い人は詰まりやすく、再発しやすいということです。

でも日本だとマッサージに通ったり、病院にも母乳外来というものがあるんだとか。

イギリスでは、母乳育児をする人が本当に!! 
と~~っても少ないので、母乳で育てていると言うと 『凄い~~~!』 と言われることも多いほどなので、母乳トラブルに対応できる助産婦さんも居ない。
母乳育児をする人が少ないから、トラブルに対応する必要性もあまりないからなのかな?

ということで、この国では母乳が詰まっても自分で対応するか、更に酷くなって乳腺炎になったら医者に会って抗生物質を処方してもらうしかない状態です。。。´д`トホホ

最近の悪天候のせいなのか、私の白斑や乳房のしこりは悪化してきて、ここ数日はベッドの中で胸を押さえて転げ回り、痛みで寝るのも大変。(>_<)
白斑の数も合計で3つに増加し、胸はほぼ24時間ずっと痛いデス・・・。
乳腺炎になりかけたことも数回あるんだけど、そのたびに母乳育児をやめたくなってしまいます。

私は、ミルクを作るのも哺乳瓶の消毒も面倒(^^;)、おまけに母乳ならどこでもすぐに授乳できてタダって理由で完全母乳育児なんだけど・・・この痛みさえなくなってくれればなぁ。。。汗
2009年05月15日 | Comments(9) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

ボクも見て 2009年05月14日

野生児の狩人タマですが、家の中ではその面影もないほど英国カモシカにべったりの家猫です。
顔つきまで変わってしまうのが凄いんだけど、私には家猫の顔は見せてくれないのでいつも恐ろしい顔の写真しか撮れないんだけど。sc07

そんなタマなので当然、英国カモシカからの愛を勝ち取るためには何でもします(笑)。
英国カモシカが床に寝転がっている子カモシカに本を見せていると、やっぱりタマは
 
 『ボクも見て~~~!!!』

と近づいて来てこうなります。

爪はしっかり英国カモシカの体にグサッと。^^;

体乗り

でも私を見る目は据わってますが・・・。がっくり
ぎょろ

どうやらタマの場合、子カモシカに対してヤキモチを焼いているのは確かなようなんだけど、タマは私に対してもヤキモチを焼いていたので子カモシカの誕生によって “更に” 競争相手が増えたということみたい(笑)。

可哀想に。苦笑い

いつもは子カモシカのことを見て見ぬフリをするタマですが、今日はちょっとクンクンと匂いを嗅いで様子伺いです。
くんくん

昨日で子カモシカも生後3ヶ月を迎えました☆
今のところ猫アレルギーを発症することもなく、元気いっぱい猫とも共存できていて嬉しい限りです。^^
2009年05月14日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

狩人タマ 2009年05月12日

今の家に引っ越してきてから1年以上が経ちました。

そしてこの家に来てから、庭には猫用の脱走防止フェンスを設置して猫たちは自由に庭外出をするようになりました。猫足
おかげで猫たちは幸せそうだし、皆にゃんが事故にあったり人間から危害を加えられる心配をしなくても良くなって、おまけにフェンス内には野鳥もやって来なかったのでタマからの “おみやげ” を貰わなくても良くなったし。^^;

そして今朝のこと。
2階で子カモシカに授乳をしている間、どうも1階の台所が騒がしいなぁ、と思っていた。
子カモシカもお腹いっぱいになって2度寝を始めたので、この隙に洗濯と掃除を済ませてしまおうと1階に下りた私は凍りつきました・・・。

台所の入り口に散らばる羽。
所々に見える赤い点々・・・。
そして、呆然と立ち尽くしている雪ちゃん。(--;)

うぅぅ・・これは前の家でよく見慣れた光景です。(-▽-)
台所の入り口から先へはなかなか怖くて踏み込めなかったんだけど、掃除もしなきゃいけないし、と意を決して入ってみるとそこは地獄絵。

立ち尽くしていた雪ちゃんは、たぶんどうして良いのかわからなくて呆然としていたんでしょう。^^;
台所の中には羽が散らばり、色んなところに血が点々と。
そして英国カモシカが脱ぎ捨てていたスリッパの中にはスズメの死体。

その横には自慢そうな顔をして寝そべっているタマが居ました。

いや~~~ん。

スズメはすでにお亡くなりだったので、そのままタマにスズメをくわえ直してもらって庭へ出てもらいました。。。
するとタマは庭の真ん中でスズメをガリガリと食べ始め、頭だけなくなった死体をそのまま放置。
小悪魔

食べるなら全部食べてよ~~~。(T_T)
頭だけがなくなった死体はかなり怖いです・・・。

これまでは野鳥もフェンス内には入ってくることがなかったのに、今は果物の木が生えていることに気付いて入ってくるようになったのかも。
とりあえずタマは果物を守る良い番猫になってくれそうだけど、死体を家の中に持ち込むのはやめて欲しいです・・・。汗
狩人

3歳になりました☆ 2009年05月11日

早いもので、雪&グンタは今日で3歳になりました。

いつまでも子供だと思っていたんだけど、子カモシカが生まれたことによってお兄ちゃんとお姉ちゃんになった2匹です。^^
誕生日

でも、まだたったの3歳。
イタズラ盛りです。^^;

そして、最近は毎年恒例になってきた誕生日ケーキを今年も焼きました。
とくに雪ちゃんはきな粉や餡子など、なぜか和風なものが大好きなんで(^^;)、今年のケーキは おからマフィン

イギリスには当然おからは存在しないので、まずはおから作りから。鍋
昨夜から水に漬けておいた乾燥大豆をミキサーにかけて滑らかな液体状にし、それを鍋に入れてグツグツと弱火で約10分ほど煮ます。

それを漉し袋などに入れてギューギュー絞り、液体が豆乳で残ったカスがおからになります。
おからと豆乳

イギリスでは豆腐が出来るような濃い豆乳の入手は難しい場合が多いので、こうやって自宅で作るのが手っ取り早いです。^^

そして出来上がったおからを使って、猫用にはプレーンなものを、人間用にはココア入りマフィンを☆
ちなみにココア入りの方はおから100%で、小麦粉はなしで作りました。
おからマフィン

でも今回のおからはミキサーにかける時間が短すぎたので滑らかさにかけ、マフィンもちょっともったりしてしまった。
まぁ、味はそんなに変わらないからいいか(笑)。

とりあえず、炭水化物大好きな雪&グンタは早速マフィンを見て群がってきました。猫足
クンクン

肉食獣の2匹が大量のマフィンを食べるのは体に悪いので、マフィンは2匹で1個。
あとは人間に体に入りま~す。

2匹が騒いでいたので何が起きているのか気になったターディス嬢もやって来たんだけど、彼女は猫らしくケーキ類には口を付けません。^^;
もぐもぐ

そしてこの騒ぎを聞きつけたタマもやって来る。猫足
タマ

2匹で

でも、タマもそのままクンクンと匂いだけ嗅いで 「食べ物じゃないよ・・・あんぐり」 と立ち去りました。

たぶん雪&グンタは私の手作り食で育ったから、炭水化物もケーキもパンも好きなんだろうなぁ。^^;
グンタ

母乳育児真っ最中の私も、このマフィンならメインの材料はおからなので罪悪感を感じることなく食べられます。にっこり
英国カモシカには、おからだということは黙って差し出そうっと(笑)。 

雪ちゃん、グンタ、3歳の誕生日おめでとう☆
これからも元気でいてね。
2009年05月11日 | Comments(7) | Trackback(0) | 多頭飼い

猫たち大興奮 2009年05月10日

本日はかなりポカポカで良いお天気。
こんな日はトイレ掃除に最適です(笑)。

色とりどりの猫トイレ♪

トイレ日和

一気に全てのトイレを洗ってしまったんだけど、ちょっとの間だし猫たちもトイレに行くのを我慢してくれるだろうと思っていたんですが・・・
グンタは家の中の普段のトイレ置き場に座り込んで

 『にゃ~~~~!!!』 

と鳴きまくり。汗

仕方なく大急ぎで猫砂を入れて定位置にトイレを戻した途端に、グンタが1番乗りで飛び込みました。^^;
きっと、別にそんなに行きたかったわけじゃないと思うんだけど、いつもの場所にトイレがないとなるとオシッコしたくなるのが猫の心理なんでしょう(笑)。
でも、庭をトイレ代わりに使わなかったは褒めるべき。
偉いぞグンタ!

そしてトイレも済ましてスッキリしたグンタは、今度は窓際で何かを見つめています。
蜂

なんだろう・・と目線の先を追ってみると、そこに居たのは蜂。Honey
以前、雪ちゃんは蜂を追いかけて獣医さんのお世話になったことがあるので 蜂には要注意 と思っていたらなんと、グンタは蜂を捕まえて食べてしまいました(汗)。
ガリガリ

口の中は大丈夫だったのかしら。汗

そしていつも天気が良いと庭に集合する猫たちですが、最近はなんだか元気が有り余っているターディス嬢は今日も庭でダッシュを繰り返してました。^^;

そして、脱走防止フェンスによじ登る。
脱走

でも頂上のフェンス部分が鉤状に曲がっているのでそこから先には登れず、でも降りることもできなくなってしまいました
さすがは猫用にデザインされた脱走防止フェンス!!
でも、1人で降りられないのは困るけど(笑)。

そして更に困っているのは最近のターディス嬢の悪い遊び。
子カモシカが生まれてから嬉しそうだったターディス嬢だけど、昔は引き篭もりだった彼女からは考えられないほど今では自信満々猫に変身してしまって・・・

  うちのボス=タマをからかって遊ぶのがお気に入りです。
うーん

タマが歩いていると後ろからソ~~~ッと近づき、そのままタマに飛び掛るのでタマは大迷惑。
お陰でタマはいつもプリプリ怒ってて 『シャ~~~!!! と叫んでは逃げていく・・・。
追いかける

ボスの威厳、台無しです。^^;

庭に逃げ出したタマを、更に狙っているターディス嬢。(--;)
狙う

子カモシカがやって来てからターディス嬢は大変身して、今ではうちで1番強い猫になってしまったような気がします(笑)。
うちで、子カモシカのプレイマットの上を堂々と歩いている猫もターディス嬢だけだし。
他の子たちは子カモシカの匂いのするプレイマットにはあまり近づかず、歩く時もマットは避けて歩いてます。^^;

どんどん強くなってくるターディス嬢・・・女は怖いです(笑)。
2009年05月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 多頭飼い

モモちゃんとアカネちゃん 2009年05月08日

本日、日本の両親から電話がかかってきました。

私は日本の状況は把握してなかったんだけど、イギリスではインフルエンザ騒動はほぼ落ち着いています。
確かにイギリスでは患者が出たし二次感染もあったけど、患者さんたちの症状は軽かったので今ではほとんどニュースにもなってません。
イギリスがそうなので日本でも騒がれていないんだろうと思っていたら、先日うちの母親がメールで

  「豚インフルエンザが発生しているので渡英をキャンセルしました」


と言ってきた。(--;)

今回の渡英は子カモシカの お食い初め のためだったんだけど、私1人じゃどうやっていいのかわからない~~。
でも子カモシカには少しでも日本の風習を体験させてあげたいので、母親に 「本当に来ないの?」 と再確認してイギリスの状況を伝えると、ギリギリまで待って大丈夫そうなら渡英するとのこと。汗

ということで、とりあえず両親に日本から持参してもらおうと思ってネット購入していた品だけは先にイギリスへ郵送してもらいました。
本当に渡英をキャンセルしそうだったし(汗)。

今はその中の一品、子カモシカ用のDVDをプレイ中。
NHK放送の乳幼児番組 『いないいないばぁっ!』 です。
子カモシカ、かぶりつき(笑)。

目が真剣。
真剣に

“わんじい” と “ワンワン” という犬のキャラクターが出てくると更にかぶりついて見始めて、興奮しながら笑ってました。
子カモシカは犬好きか?^^;

そしてもう1つ、私がリクエストして日本から送ってもらったものがあります。
それは私が子供のときに読んでいた本。本
私は子供の頃から読書っ子で、6歳の頃には1週間に2冊くらいのペースで読んでいたんだけど、中でも印象に残っている本が何冊かある。

そんなことも思いながら、両親に渡英の際に持参してもらおうと思って日本のアマゾンで松谷みよ子さんの書いた赤ちゃん用絵本 「いないいないばあ」 の本を購入した時のこと、ふと目に入ってきたのが “アカネちゃんのなみだの海” という本。

『アカネちゃんって “あの” アカネちゃん???』


と思ってチェックしてみると、やっぱり私の思っていたアカネちゃんでした。

きっと、私と同世代、またはちょっと若い方たちも子供の頃に 『モモちゃんとアカネちゃん』 シリーズの本を読んだことがある人が多いのでは?^^
これは松谷みよ子さんの実体験がモデルとなっているシリーズで、モモちゃんとアカネちゃんという2人の女の子が生まれてから成長する過程を童話風に書いた話です。

私は子供の頃にこのシリーズが大好きで、黒猫のプーやジャム猫さん、靴下のタッタちゃんとタアタちゃんという名前は今もよく覚えているほど。花
でも、この 『アカネちゃんのなみだの海』 って本は覚えがなくて、ヘンだなぁと思って出版日を見てみると出版されたのは私が高校生の頃でした(私の年齢バレバレ・・・笑)。

私がモモちゃんシリーズを読んだのが6~7歳のころだから、このシリーズ最後の本の存在には気付かないまま大人になってしまったようです。

このモモちゃんシリーズというのは本当に童話とは思えないほど奥の深い話で、松谷みよ子さん自身の離婚や生死についても触れています。
それが童話風に書かれているので、当時6~7歳だった私は

 「どうしてパパがお客さんになったんだろう?」
 「なんか怖い話」

という感想は持ったものの、それらがどういう意味を持っているのかはよく理解してませんでした。

そしてシリーズ最終巻の 『アカネちゃんのなみだの海』 の存在を知ったからには購入せずにはいられず、それに加えて実家に取ってあったモモちゃんシリーズの本を全て送ってもらいました。
モモちゃん

約30年前の本なので染みが付いていたりもするんだけど、久々に手にしたモモちゃんシリーズにドキドキ。

大人になって、しかも自分が母親になった今、このモモちゃんシリーズは全く違う本に思えます。

子供の心理とか母親の心理とか、昔は怖かった死神の登場箇所や、靴だけが帰宅してたパパ・・・今ならこの意味が全部分かります。
本当に凄い本だなぁ。。。

ちなみにこのシリーズの中では、赤ちゃんと黒猫のプーが一緒に暮らしてます。に
赤ちゃんと猫が同居している今、このモモちゃんシリーズは本当に愛らしく感じます☆

できるなら子カモシカが成長した時に読んで欲しいので、これからも大切に取っておく予定です。^^
2009年05月08日 | Comments(4) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

収穫予報 2009年05月07日

イギリスの5月はにわか雨も多くて落ち着かない天候が多いんだけど、それでも天気の良い日はポカポカと最高に気持ちいいです。花
もちろん、猫たちもかなり幸せそう☆

グンタも日向でご機嫌だったんだけど、子カモシカが寝ているプレイマットには絶対に乗りません。^^;
まだ子カモシカが怖いのか(笑)。
プレイマット

そしてターディス嬢は、無水風呂の中でご機嫌。
水なし風呂

これ、実は子カモシカ用のベビーバスなんだけど、ターディス嬢がかなり気に入ってます。
庭から帰ってきて、このベビーバスが床に置いてあるのを見ると大興奮で飛び込みます。
もちろん水なしです。^^;

そして・・・バスタブを一生懸命に掘る!
掘る

彼女は大人用のバスタブでも同じことをするんだけど、全く意味が分かりません(笑)。
やっぱり彼女は不思議ちゃんです。あんぐり

そして去年の年末から今年の頭にかけて庭に植えまくった様々な果物の苗木が、小さいながらも実を付け始めました~~!^^
実は今年はまだ植えたばかりだし収穫は無理だろうと思っていただけに、かなり嬉しいです。

コチラは鉢植えのイチジク
小さな実が付いてます♪
イチジク

“「無花果」は、花を咲かせずに実をつけるように見えることから付けられた漢語で、これに熟字訓でいちじくという読みを付けている。しかし、実際には外から見えないだけで花嚢の内部に小さな花をつけている。” from Wikipedia

というのは本当で、花が咲いてないのに実が付いたようでビックリ!
しかも、イギリスの気候でも実が付いて更にビックリ(笑)。

お次はサクランボです。
子カモシカが産まれるほんの数週間前に植えた苗木だから、今年は絶対に実は付かないだろうと思っていたんだけど、しっかりとまだ青い実が付いてます☆
さくらんぼ

サクランボ大好きなので嬉しい~~。

去年も大収穫だったブルーベリーは今年は更にたくさんの花を咲かせているので、収穫後はブルーベリーマフィンでも作ろうかな~~。^^
ブルーベリー

こちらもベリー系で グースベリー です。
グースベリー

グースベリーはスイカみたいな模様付きの小さな実。
スーパーではあまり見かけないものなので、収穫が楽しみです☆

そしてコチラはお馴染みの苺。MA苺檎☆シンボル
いちご

この苺は去年この家に引っ越して来た時に、庭で蔓を伸ばして大繁殖していたものをバスケットに植え直したもの。
元値はゼロです(笑)。

他にもプラム&リンゴの木、そしてレッドカラントの苗も植えてあるので、そちらにも期待大!
小さなサイズの木を選び、鉢植え可能なものは全て鉢植えにしたお陰で少しのスペースで大量の果物の栽培ができているので、この調子でプチ自給自足を目指します(笑)。

しかし、心配なのはこの方たち・・・。
ムクドリ

いったい何羽居るんだ?? と怖くなるほど大量のムクドリたちが庭に。^^;

去年の今頃も大量のムクドリが庭に来ていた覚えがあるんだけど、そのときは大量と言っても6羽くらいだったのが、今年は軽く15羽は来てます。
まぁ、野鳥の数も少なくなってきているイギリスなので、こんなにたくさんのムクドリが集まっているのは良いことなんだろうけど・・・うちの収穫に影響しそうです。(--;)

少しだけならお裾分けしてもいいんだけど、サクランボだけは取らないでほしいなぁ。^^;
このムクドリたち、いったい庭で何をしているんだろうと思っていたんだけど、庭を突っついては何かをくわえてました。

ズームで見てみると・・・
コレクション

小枝をくわえてる??
ミミズかなにかを食べているのかと思っていたんだけど、一体なにをしてるんでしょ?

うちの果物ガードをしてくれるはずの猫たちは、こんなにいい天気だというのにみんな家の中で待機中。
待機

お陰で大量の野鳥たちが庭を我が物顔で歩き回ってます。
うぅ~~~む・・・この調子だと、うちの果物はムクドリたちと半分こすることになるのかも。^^;
2009年05月07日 | Comments(4) | Trackback(0) | イギリス生活

ホリデー終了 2009年05月06日

本日も仲良し男衆、タマ&グンタは添い寝中。
一緒

たったの3日間だったけど、イギリスも月曜日まで連休となっていました。
ちょっと心配していた子カモシカの風邪も悪化することなく、今はほぼ元通り元気いっぱいです。^^

でも、今度は私が風邪を貰ったらしく鼻水ズルズル、喉もイガイガ。(>_<)
どうやら私に風邪の菌を渡したから、子カモシカは元気になってきてるらしい(笑)。

赤ちゃんの成長は本当に早いなぁと思うんだけど、子カモシカは先週あたりからオモチャを手で掴めるようになってきました☆
そしてプレイマットの上に転がしておくと、ご機嫌でオモチャを掴もうとして興奮しながら1人で遊んでてくれることも♪
バタバタ

最近では 『あぅ~~』 と声のようなものも出せるようになってきて、いきなり大声で笑うこともあるのでちょっと怖い(笑)。

短いイギリスの連休中だったけど、なんと今回はロンドンからお客さんが来てくれました☆
ブログでもお世話になっている、ワーキングホリデーで只今ロンドンに在住中の 椎名さん です。^^
まぁ・・ウスターは観光地というにはあまりにも何もないとこなので(笑)、初日は一緒に近くのコッツウォルズへ。

カメラを持って行ってたのに、子カモシカの機嫌取りにオシャベリに・・・と結局カメラの存在を忘れてて全く写真を撮ってないです。がっくり

ということで、写真は 椎名さんのブログ でお楽しみください(笑)。^^;
日帰りだったんだけど、私も英国カモシカも久々にホリデー気分を味わえて、子育てからの良い息抜きになりました。にっこり

そしてその日の夜のこと。
椎名さん用のベッドを用意していたんだけど、ふかふかの布団を見てすかさずやって来たタマ。(--;)
ふとん

お客さん用の掛け布団なのに~。´д`トホホ
椎名さんも猫飼いさんで良かったです(笑)。
ちなみに、うちには猫嫌いの方は泊まれないと思います。^^;

そしてベッドの用意をしている時から近くで様子を伺っていた雪ちゃん。雪

結局そのまま、椎名さんと一緒のベッドで一夜を過ごしたそうです。^^;
子カモシカが生まれてから猫たちとゆっくり遊べる時間はグッと減っていたので、今回は椎名さんにたくさん遊んでもらって猫たちもご機嫌☆

翌日はシェークスピアの生家を見に行ったんだけど、家の入り口で子カモシカが 

  『お腹すいた。ぅぎゃ~~~

と泣き始めたため、私は家の外で授乳だけして終了。
子カモシカ、初の文学少女デビューとはなりませんでした。^^;

子カモシカが居たために慌しい2日間となってしまい、ゆっくり観光できなくて椎名さんに申し訳なかったです(汗))。
椎名さん、遠いところまで遊びに来ていただいて本当にありがとうございました。
これに懲りず、また時間があれば遊びに来てくださいね~~。
2009年05月06日 | Comments(3) | Trackback(1) | 猫と赤ちゃん

豚じゃないよ、ただの風邪 2009年05月01日

豚インフルエンザが流行しそうなイギリスからコンニチハ(汗)。
只今の感染確認患者9人(今テレビを見てるんだけど、たった今、患者が1人増えて9人になったそうな)。
スコットランドではイギリス国内初の二次感染が確認されそうな気配です。
  →二次感染が確認されました。がっくり
   ブリストルの学校でも患者が確認されたそうです。
   患者数は11人に増えました。


更に230人もの人たちが感染検査中。

イギリスって衛生観念が低いし、マスクをして外出してる人なんて居ないので(というか・・・日本のような風邪や花粉用のマスクは売ってません汗)、流行しはじめると広がるのは早いような気がします。

それに・・・マスクをして外出したらテロリストと間違えられそう。うーん

おまけに昨夜のこと、英国カモシカと話していて

 「やっぱり手洗いの徹底とウガイの強化だね」

と私が言うと

 『ウガイ?? なんで?

とのことです(汗)。

風邪の予防にウガイがいいなんて聞いたことないそうです・・・。汗

イギリスでは豚インフルエンザ予防のためのCMも作成されているんですが、その中で言っているのも

 『クシャミはティッシュの中へして、ティッシュはゴミ箱へ。
 そして手を洗いましょう』


だけ。

ウガイをしましょう、ともマスクをしましょう、とも言ってません。
もしかして、ウガイが風邪の予防になるって言っているのは日本だけ??
ウガイは基本中の基本だと思っていただけにビックリ。(-◇-)
10年もイギリスに住んでいるのに、今もイギリスにはビックリさせられることが多いデス。 ̄□ ̄

おまけにイギリスではトイレに行って手を洗わない人が多いので、もともとそういう習慣のない人たちに手を洗えと言っても、英国カモシカと同じで 『なんで?』 という答えが返ってきそう(汗)。

そして子カモシカですが、ワクチン接種の副作用なのかもしれないけど風邪を引いたようです。(>_<)
クシャミに咳に鼻づまりと、典型的な風邪の症状。
赤ちゃんは鼻をかめないので、クシャミの瞬間に出てきた鼻水を私が引っ張って少しでも鼻の通りが良くなるように頑張ってます。
でも、引っ張るタイミングが難しい~~(笑)。
熱はなく、笑顔を見せるし食欲もあるので心配はないと思うんだけど、豚インフル騒動中だけにビビッてしまいました。^^;

子カモシカは2ヵ月半の若さにして、日本から日本語教育用に取り寄せたアンパンマンのDVDを真剣に見てます(笑)。
凄いなぁ、アンパンマンの威力。アンパンマン

真剣

前回の鳥インフルエンザ騒動の時はまだタマが外出していたので、当時まだ狩りをしていたタマへの感染が心配だったんだけど、今回は豚なので猫の心配はしなくていいのが不幸中の幸い。^^;

そして日本のGWほど大型連休じゃないけど、イギリスもメイデーのバンクホリデーで月曜日が休みになるので明日から3連休となります♪
猫たちと子カモシカを抱えていると、連休も平日もあまり変わりないような気もするけど(笑)。
この連休でイギリス人みんな遠出して、更に豚インフルエンザ感染が拡大しそうな気もしますが・・・。
ほとんど危機感のないイギリスです。(--;)

こんな時は猫たちと一緒に気分転換を♪
雪ちゃん、日向で気持ち良さそうです。
ごろん

仲良し男衆も、今日は日当たりの良い猫タワーの上でご機嫌☆

上のハンモックで寝ているタマが気になるグンタ。

上

アップ

このままインフルエンザ騒動が治まってくれればいいんだけど。。。
2009年05月01日 | Comments(7) | Trackback(0) | イギリス生活
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。