03 12345678910111213141516171819202122232425262728293005


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Swine Flu = 豚インフルエンザ 2009年04月29日

うへっがっくり と思うニュース。

英語では Swine Flu、日本語では 豚インフルエンザ ですが、イギリスでは既に4件のケースが確認されています。
そのうちの1件は、うちからも近いバーミンガム。
イギリス初の患者として最初に確認されたのは、スコットランドのカップル(メキシコに新婚旅行に行かれたそう・・・お気の毒に)、その後イングランド内でもロンドンとデボン、そしてこのバーミンガムのケースが確認されました。
皆さん、メキシコから帰国されたそうです。

とくに気になるケースはデボンの12歳の女の子のケース。
メキシコから帰国後は元気だったのでそのまま学校に行き、その後に体調が悪くなって感染が確認されました。
学校ではもちろん他の生徒とも接触しているので、このまま感染が拡大されないことを願います。

そしてその後にローカルニュースを見ていると、バーミンガムの豚インフル感染者の方は正確には “バーミンガム” ではなくて、バーミンガムに近い Redditch(ウスター州) の方だということでした。

ウスター州とは、私の住むウスター州です。(--;)

しかもローカルニュースによると、ウスター州のタミフルの在庫がないために、服用が必要な人が今現在もタミフルを服用できていない状態とのこと。がっくり

やっぱりウスターの医療、最悪。

ゴードン首相が言うには、イギリスは豚インフルに対して “well prepared” ということだったけど、イギリスのタミフルの在庫はイギリス国民の半数分しかないそうです。汗
もし豚インフルが大流行した場合、イギリス内ではタミフルの取り合いになるんだろうな。。。

そして更に うへっ と思ったのは、メキシコから帰国された方々への空港でのインタビュー。
皆さんが揃って言っていたのは

 『帰国直後に空港でチェックがあると聞いていたのに、何もなくて拍子抜け』


ということです。´д`トホホ
やっぱりイギリス。(--;)

それでも近いうちに、政府が豚インフルに関するリーフレットを作成してイギリス中の家に配布する予定だとのことでした。
イギリスって病院での院内感染も多いし、一般的な清潔感覚も 「・・・(汗)」 と思うことが多いし、国内での二次感染が始まったら止められないんじゃないかなぁ、とちょっと怖いことも考えてしまいます。うーん

今のところメキシコから帰国された方のみに感染が確認されていて、イギリス国内での二次感染は確認されてません。
症状も軽いとのことです。

アメリカでは生後23ヶ月の幼児が死亡されたとのことで、本当にお気の毒です。
もしもイギリス内で流行した場合、子供には優先的にタミフルを回してもらえるのかしら・・・? とちょっと気になるところ。
本当に、このまま感染拡大が治まってくれるといいんだけど。
スポンサーサイト
2009年04月29日 | Comments(6) | Trackback(0) | イギリス生活

そろそろ仲良し 2009年04月28日

先日導入した 猫砂飛び散り防止用の人工芝 ですが、予想通り猫たちに大好評です(笑)。

ターディス嬢、トイレの横で。^^;
パーディーも

ドアマットとして使用した方はタマが陣取ってます。
タマも

そのうち爪とぎとして使われだして、きっとすぐにボロボロにされるんだろうなぁ。汗

そして昨日は、本来の予定より2週間も遅れて子カモシカの初めてのワクチン接種に行ってきました。
GPの診療所に着いてもニコニコとご機嫌で、看護婦さんが針を持って近づいてきてもご機嫌だった子カモシカですが、針を刺された瞬間に 

  「ぅぎゃ~~~~!!!!


と悲鳴をあげました。^^;

しかも注射は2本で両足のモモに2回に分けて打たれたので、1本目が終わったと思ったらまた打たれるという、子カモシカにとっては災難な1日。
子カモシカはその後もしばらく泣きっぱなしだったんだけど、ちょっと心配だった副作用は出ませんでした☆

看護婦さんに 「熱が出るかもしれないからCalpol(乳児も使える解熱剤&痛み止め)をあげてね」 と言われていたので用意していたんだけど、ちょっと疲れた様子はあったものの子カモシカはニコニコとご機嫌。^^
結局、用意していたCalpolは使わずじまいです。
ご機嫌

やっぱりこの子はお気楽な性格みたい(笑)。

そして、最近のタマはかなりフレンドリーです。
今朝はちょっと肌寒かったので、グンタと猫団子。
仲良し

そして!!
とうとうこの距離まで近づきました☆

英国カモシカの膝に乗ったままではあるけど、子カモシカの顔をジーッと覗き込むタマ。羅琉 喜
ジーッ

子カモシカもジーッとタマを見つめて興味津々♪
しばらくするとタマは英国カモシカの膝の上に落ち着き、それでもやっぱり子カモシカの観察は続けてます(笑)。
嬉しい

タマのこの大サービスに子カモシカも大興奮で、タマを見つめて満面の笑みを浮かべてました。^^
この調子なら猫好きっ子に育ってくれそうだわ~~。

この日を境にタマは子カモシカが居てもあまり怖がる様子はなくなったので、やっと恐怖心を克服したみたいです。花
でも 「もう2ヵ月半も経つってのに、こいつはどうしてまだ仔猫のままなんだろう・・・」 とか思っていそう(笑)。
人間の成長は猫よりも遅いんだよ、タマ。^^
2009年04月28日 | Comments(5) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

グリーン、グリーン♪ 2009年04月22日

家の中に ニセモノの芝生 がやってきました(笑)。

というのも “猫トイレ周辺の猫砂の散らばりを押さえるためには人工芝が良い” とネットで目にしたもので。^^;
本当かどうかはまだ定かではないんだけど、とりあえず人工芝を購入してトイレ周りに敷いてみました☆
トイレ

でもイギリスで手に入る人工芝って日本のように毛足が長くなく、かなり柔らかくてへなへなしてて、しかも土まで付いてました。(--;)
これは、私が購入した店が悪かっただけなのかしら?

日本の人工芝とはかなり違うので効果があるのかは不明なんだけど、とりあえず使用中です。
でも猫たちには人気が出そうな気が(笑)。
余った人工芝をドアマットとして使用したら、すでにグンタが上に乗ってます。^^;
あくび

今週のイギリスは珍しく晴天が続いているんですが、やっぱり雪ちゃんは庭へ。猫足
この調子だと、毎日日焼け止めを塗った方がいいのかも。
外

そして、今朝になって英国カモシカが帰宅が帰宅したのでタマも機嫌が良くなって一安心です。
子カモシカに加え、タマまでギャーギャーと鳴いているのはさすがにキツイので(笑)。

この野性味溢れるタマの顔が好きです。
野生

そして子カモシカですが、最近は本当に良く寝てくれます、ただし  だけ。^^;

今はだいたい夜10時くらいには寝て、朝は5時半に目覚めるという習慣ができてきたみたい。
ベッドに入れるとしばらくバタバタと手足を動かして興奮してるんだけど、10分も経つと1人でコテンと寝てくれるという、本当に手の掛からない子です。花
朝5時半というのはちょっと早いけど(笑)、それでも7時間もまとめて寝てくれるので以前のように夜中に何度も起きることがないのは本当に助かる~~!

しかし・・・昼間は私にべったりで1人で昼寝はさせようとするとギャーギャーと大鳴き。うーん
たぶんお腹は空いてないと思うんだけど、私の胸にしがみ付くか、私に抱かれた状態でないと泣き出すので家事をするのが本当に大変です。。。

そこで新兵器のスウィングを登場させました~~☆
バウンサーみたいなものなんだけど電池式で、スイッチを入れるとブランコのように前後に揺れます。
新品は高くて買えなかったので、赤ちゃん用品セールで安く手に入れた中古品ですが。苦笑い

猫たちもとりあえずクンクンとチェックを。
チェック

でも子カモシカがスウィングの中に入ったとたんに、皆にゃん逃げて行きました(汗)。
スウィング

30分くらいなら大人しくしてくれたので、今日は子カモシカを泣かせずに家事をすることができました。^^

子カモシカがとってもお気楽で育てやすい子ということも関係しているとは思うんだけど、最近になって思うことは、子育てよりも妊婦生活&出産の方が大変だったなぁ、ということ。^^;

妊娠期間中、程度の差はあれず~~っと消えてくれなかったツワリの辛さ、そして恐怖体験の出産&今も消えないカンシ分娩の傷の痛みに比べたら(2ヵ月以上経つというのにまだ痛いです・・・sc07)、子カモシカの子育てなんてラクチン、ラクチン♪
たぶん猫4匹に囲まれた生活をしてたのも良かったんだと思います。
猫たちの止まらないイタズラ(--;)に、時間構わず大声でご飯の催促をするグンタ。
言葉の話せない猫たち4匹の世話と、言葉の話せない今の時点の子カモシカ1人の世話は似たようなもんかなぁ、なんて。^^;

目下の悩みは、子カモシカに話しかける日本語を標準語にするか、地元の方言にするか、ということです。
子カモシカを完璧なバイリンガルにするつもりはないんだけど、自分の子供に外国語で話しかけるというのが不自然に感じるので、私は子カモシカが生まれた時から日本語で話しかけてます。
私は学生時代に東京に住んでいたので標準語も話そうと思えば話せるけど、でもやっぱり方言の方が自分らしいかな。^^;
ちなみに私の方言はほぼ広島弁。
女の子が話すとちょっと怖い方言です(笑)。

自分の子供には 自分のラクな言葉=方言 で話したいんだけど、身の回りで唯一の日本語を話す人間が方言を話しているのも問題かなぁ、なんて。苦笑い
悩むところです。
2009年04月22日 | Comments(13) | Trackback(0) | 猫グッズ

ダメダメです。。(--;) 2009年04月20日

母子家庭生活1日目の開始です。
そして初日からハプニングが。(--;)

イギリスでは、赤ちゃんは生後8週目に初の予防接種を受けるんですが、案の定うちの地域のダメダメGPは子カモシカの接種予約を取るのを忘れていて、9週目の今週に受ける羽目になってしまいました。
そして接種日は “火曜日” だと思い込んでいたんだけど、実は今日だったということに気付いたのがGP予約時間の30分後。がっくり

  GPも私もダメダメです。

すぐにGPに電話をしたんだけど、来週の月曜日まで予約がいっぱいなので予防接種は受けられないとのことでした・・・。
ゴメンよー、子カモシカ。
せっかく今日はポカポカと暖かくて外出日和だったのに~~~。

自己嫌悪に浸りながらも、もう過ぎてしまったことはどうにもならないし、予防接種後に体調が悪くなる赤ちゃんも居るらしいので英国カモシカが不在の時に受けなくて良かったかも・・と思い直しました。^^;
子カモシカの体調が悪くなっても頼れる人は英国カモシカ両親だけだし。

うちから1番近くに住んでいるのは英国カモシカ兄なんだけど、台湾人のお嫁さんに止められているらしく、兄は私たちにほとんど会ってくれなくなりました。
兄だけは、子カモシカ誕生後は平日の昼間に仕事を抜けて何度か会いに来てくれたけど、夕方や週末は嫁がいるので自宅電話に電話をしても居留守を使われる始末です。。。

仕方なく、兄が仕事用に使用しているケータイに電話をすると出てくれることもあるんだけど 

   『今から出かけるトコだから、ゴメン』

と切られてしまい、自ら居留守を使っていることをバラしていることも多い・・・。怒り

週末には、どうしても兄に渡さなきゃならないものがあったので電話を掛け続けてたんだけど連絡が取れず、仕方なく家まで行ってみると兄も嫁も在宅してました。
でも嫁はどうしても私たちには会いたくないらしく、兄だけが家の外まで出てきて私たちに対応。
嫁は挨拶に顔を出すこともなし。

子カモシカにとっては叔母にあたる彼女だけど、こんな叔母なら居ない方がマシです。(--;)
彼女はイギリスに来て以来ず~~っと、なぜか私と張り合おうとしていたんだけど(私はそんな気は全くなしですが・・・汗)、私が彼女よりも先に妊娠したのをキッカケに今度はとことん無視され始めました。

・・愚痴はこのくらいにして気を取り直し・・・。^^;

今日も晴天だったので猫たちは庭外出を楽しんでました。
とくに雪ちゃんは楽しんでいたようです☆
日向

歩く

でも白猫の雪ちゃんに紫外線量の多い4月の日差しは強すぎたようで、家の中に戻ってきたときに耳が赤くなってしまってました。仁くん
今までは外出嫌いだったので日焼けの心配をすることはなかったんだけど、今年は日焼け止めを塗ってあげなきゃいけないかも。

室内でも日差しの強い窓際で過ごしてます。(>_<)
プレイマット

そして夕方になって英国カモシカが不在なことに気付いたタマですが、すでにストレス溜まり気味です。
今回は短めで水曜日には帰宅予定なので、それまで頑張っておくれよ~~。
立ち去る

2009年04月20日 | Comments(2) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

桜咲く 2009年04月19日

週末のイギリスは小春日和でした☆
そして、子カモシカが産まれる数週間前に庭に植えたサクランボの苗木ですが、今年は花は咲かないだろうと思っていたのに満開です。
サクランボ

このサクランボの花は桜と違って白い花。^^

日曜日は暖かかったので猫たちもみんな庭外出をしたんだけど、タマはしっかりと英国カモシカの足元にまとわり付いてます(笑)。
足元

英国カモシカはまた明日から出張に出かけるので、タマにも今のうちに甘えておいてもらわないと。

私はもうプチ母子家庭生活も慣れてきたし、子カモシカもしっかりとママっ子になって英国カモシカが抱くと泣いていても私が泣くと笑ってくれるようになりました。
いいんだか悪いんだか・・。^^;
でも笑顔を見せてもらえると、眠くて疲れてても頑張れるので不思議なもんです。花

子カモシカ、泣いて何かを訴えてます。^^;
泣き顔

そして、普段はあまり外に出たがらない雪ちゃんも天気の良い日は喜んで庭に出てくれるんだけど、いきなり現れた蜂にビックリ。
そういえば以前、今の家に引っ越す前に雪ちゃんは蜂を追いかけて前脚を刺されて獣医さんのお世話になりました。^^;Honey
蜂

この春日を楽しもうと、うちの猫たち総出で庭に集合中♪
グンタが寝ているテーブルは、元は人間用だったんだけど今では猫用の日焼けサロン化してます(笑)。

お腹もしっかり焼きましょう。
テーブル

パーディー

明日から英国カモシカはアルバニア共和国へ出張です。
2009年04月19日 | Comments(2) | Trackback(0) | 多頭飼い

ヒモで満足♪ 2009年04月17日

やっと英国カモシカが4日間の出張から帰宅しました。
ホッ。
英国カモシカの留守中にはヘルスビジターさんが家にやって来てくれ、体重測定をした結果、子カモシカの体重が猫並みになっていることが判明(笑)。
只今の子カモシカ、体重5キロです♪

そして今日も、女の子組は子カモシカのチェックを欠かしません。
でも子カモシカは猫たちを見ても無反応(笑)。
生きた猫よりも、オモチャを見ている方が楽しいらしいです。^^;
チェック

プレイマット

猫たちも一定距離からは絶対に近づきません。
まぁ、子カモシカが毛だらけになる心配がないのでいいんだけど(笑)。

そして私も英国カモシカもアレルギー体質なので、ヘルスビジターさんがやって来た時に子カモシカに猫アレルギーが出る可能性について質問してみました。

実はヘルスビジターさんも子供の頃から猫と暮らしていて、彼女の妹さんは猫が原因の喘息があったらしいです(汗)。
そこで彼女の両親は猫が妹さんのベッドで寝ないよう注意していたらしいけど、妹さんはこっそりと猫と添い寝していたんだそう。^^;
そして今も猫と暮らしているそうです。
アレルギーの程度にもよるけど、極度のアレルギー反応が出ない限りそんなに神経質になる必要はない、とのことでした。^^

今のところ子カモシカにはアレルギーの気配は見られないので、このまま元気に育って欲しいもんです。

そして、そろそろ子カモシカも重くなって首も据わりかけてきたので、知人に借りたスリングや抱っこ&おんぶ紐を試しているんですが、何を試してもシックリと来ない・・・。
スリングだと子カモシカがむずがってしまう上、私は腰痛持ちなので体の片側だけに負担がかかってしまうのが辛くて却下。
抱っこ&おんぶ兼用のベビーキャリーも2種類試したんだけど、肩紐がズレ落ちて来るし、私が極度のなで肩のために全く使い物になりませんでした。がっくり

イギリスのブラジャー等にも共通して言えることなんだけど、日本の物に比べて肩紐がかなり外側に付けられている為、なで肩で肩幅の狭い日本人には使いづらいように思います。。。

でも私は車の運転をしないので、ちょっとした買い物などの際に抱っこ紐があると大きな乳母車を押して歩かなくても良いので、仕方なくネットで日本製でサイズ指定のできる抱っこ紐を購入してしまいました。
日本人体型には、やっぱ日本製が1番だろうということで。^^;

そして来月、イギリスにやって来る私の両親に持参してもらう予定。

そう・・・ あの母親がやってきます。(--;)

妊娠中に 『猫を捨てろ』 とストーカーのように電話を掛け続けて私をノイローゼ寸前まで追い込んだ母がやって来るので、猫をわざと脱走させられないように気をつけなきゃ。。うーん

ということで、日本の抱っこ紐の購入のために紐製のメジャーを使って自分の体のサイズを測ってみました。
メジャー

でも紐に付き物なのは猫(笑)。羅琉 喜
私が紐で遊んでいると思ったターディス嬢が早速やって来ました。
メジャー

子カモシカが生まれてから猫たちと遊べる時間がグッと減ってしまったので、今は子カモシカが寝てる時やプレイマットの上で大人しくしている隙に猫たちの相手をしてあげるようにしてます。
甘えられずにストレスを溜めている猫たちが可哀想で仕方ないので、体が2つあればいいのになぁ、と思うこともシバシバ。^^;

そしてすぐに人の真似をしたがるグンタも登場♪
遊ぶ

狙う

最近のグンタはかなり度胸が付いてきて、子カモシカの傍に居るのもそんなに怖くないみたいです。
でも私の母乳の匂いがするガーゼのハンカチの匂いを嗅ぐと逃げて行くんですが。苦笑い

グンタだけでなく他の猫たちも同じ反応を見せるので、人間の母乳の匂いって猫にとっては不快なのかも。
猫と赤ちゃんの接触を心配される方は、母乳の匂いを撒き散らしておけば効果ありかもしれないです(笑)。
2009年04月17日 | Comments(2) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

オモチャは共用で 2009年04月14日

イースター休暇が終わって日常に戻ったイギリスですが、本日から英国カモシカは また 出張です。がっくり

今回の行き先は アルメニア共和国
グルジアに続き、今回もまたまた 「アルメニアとはどこや??」 と思ってしまったんだけど、以前、出張で行ったグルジア、そしてイラン、トルコ、アゼルバイジャンなどとの国境に面している国です。
今回も4日間の予定で帰宅は金曜日。。。

なんで子カモシカが小さな今の時期にこんなに出張ばかりなの~~´д`トホホ と思ってしまうんだけど、来週は アルバニア共和国 に出張だそうな。

もう出張が多すぎ&国名を聞いてもそれが一体どこなのかさえも分からず(笑)で、とりあえず無事に帰宅してくれればそれで良し。^^;
そして本日から子カモシカと共に、また母子家庭生活の始まりです。。。sc07
猫たちもいい子にしてておくれ~~。^^;

その猫たちですが、特にタマは最近子カモシカのオモチャが気になるんだそうです(笑)。
tama

子カモシカ用のプレイマットの上で、バタバタ転げまわって遊んでます。
興奮

うちでは、かなり昔に日本の nyanmyupurinさん に送って頂いたネズミのおもちゃが男衆に常に大人気で、タマはいつも 

   ぅにゃ~~~  ぅにゃ~~~

と鳴きながらネズミを口にくわえて見せに来てくれます(笑)。
どうやらタマは、そのネズミくんを捕まえてプレイマットの上で遊んでいたみたい。^^

ネズミくん、お腹に穴まで開いててボロボロです。^^;

グンも

タマってば、子カモシカの乳母車に入って寝ていることもあるし、今度は子カモシカのプレイマットの上に居座り続けてて、もしかしてライバル意識でも燃やしてるんでしょうか?汗
挨拶

似たもの同士

プレイマットの上に陣取っているタマ、雪ちゃんがやって来ても動こうとはしません。^^;
雪

おまけに、しばらくするとタマが移動したのを見計らって今度はグンタまでプレイマットの上に居座ってしまいました・・・。
mane

こんな男衆ですが、子カモシカがこのプレイマットの上で寝ているときは絶対に近づかず、遠回りをしてプレイマットを避けるように歩いてます(笑)。苦笑い
4月13日で、早いもので子カモシカは生後2ヶ月になりました♪
もう長い間、ず~~っと子カモシカと暮らしていたような気がするんだけど、まだたった2ヶ月かぁ、という気分です。

うちの男衆よ、もう2ヶ月も子カモシカと一緒に暮らしているんだからさっさと慣れておくれー(笑)。
2009年04月14日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

乳母への道 2009年04月12日

子カモシカが生まれてから、カモシカ家にお客さんが来ることが増えました♪
そしてイースター休暇中の金曜日には、英国カモシカの職場の方が1歳半の男の子を連れて遊びに来てくれました。

1歳半といえば、すでに言葉もかなり覚えてそこら辺を走り回っている年齢。
おかげで私たちにとっても、そして猫たちにちっても良い勉強になりました。^^;
1歳半の子供は床にあった猫ご飯用の食事マットを振り回してから食事皿を舐めようとし、猫トイレに手を突っ込み、床に置いてあるもの全てに興味津々。
この方のお宅でも猫を2匹飼っているので、この子供の行動もご両親はあまり気にしてませんでしたが(笑)。
これは・・・子カモシカの将来か。(--;)
この先、床に物は置けません。汗

そして猫たちは子供パワーにビックリ。
最終的には私たちのベッドルームに退散してしまいました。^^;
退散

でも実は、やっぱり女の子たちは相手が子供だと分かっていたらしく、雪ちゃんは男の子に毛を引っ張られるまで大人しく触られてました。苦笑い
そしてターディス嬢はなんと、男の子と一緒に かくれんぼ をして楽しんでました。花
でもさすがに長時間、1匹で小さい子供の相手をするのは疲れるらしくて、しばらくすると退散してしまったんだけど。^^;

やっぱりターディス嬢は子供好き!?^^

そして今日の朝のこと。。。
昨夜の子カモシカは7時間も通して寝てくれたので、私たちも今朝はゆっくりとベッドの中で過ごしてました。
そして目覚めた子カモシカにもベッドの中で授乳。

するとターディス嬢とグンタが私の傍にやって来て、グンタは私の足元に♪
グンタ

そしてターディス嬢は・・・

乳母

乳母修行中です。

子カモシカは熟睡中で、その傍で寝ているターディス嬢があまりにも幸せそうだったので子カモシカをベッドから出すのも悪い気がしてしまい(^^;)、かといって1人と1匹をそのままにしておくわけにもいかなかったので私たちもベッドから出るに出られず(笑)。
見守る

添い寝

仕方なく、英国カモシカはベッドにパソコンを持ち込んでネットで調べごとを(笑)。
その後、どうしても出かけなきゃいけなかったので仕方なく子カモシカをベッドから出したんだけど、ターディス嬢はちょっと残念そうな顔でした。^^;
やっぱりターディス嬢は子供好き??

将来の1人と1匹の関係が楽しみです☆
リラックス

2009年04月12日 | Comments(6) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

ご機嫌な春日 2009年04月09日

イギリスは明日から月曜日にかけて イースター(復活祭) の休みに入ります♪
英国カモシカも明日から4日間ほど仕事が休みで、無宗教な私たちにとっては日本のゴールデンウィークみたいなもんです。^^:

休みになると言っても、生後2ヶ月にも満たない子カモシカを連れて遠出することもできず、イギリス中が外出するであろうイースター中にどこかへ出かける気にもならず(^^;)、せっかく英国カモシカが在宅なので数時間ほど子カモシカの子守りを頼んで、私は美容院へ出かける予定。
私がいつも頼んでいた美容師さんは去年のクリスマスに自宅が火災被害に合い、本人も病院にしばらく入院、治療を受けていたんだけど、やっと仕事復活したそうなので出産報告も兼ねて。^^
その美容院での数時間を、子カモシカが泣かずに過ごしてくれるといいんだけども・・・。(--;)

最近の子カモシカは、夜は4~5時間ほどまとめて寝てくれるようになったので私たちもかなり寝不足が解消されてます。
昼間は今も泣くことが多いんだけど、昨日、乳母車を押して町まで出て友達に会ってきた際にはご機嫌でした。
どうも子カモシカは人がたくさん居ると安心するらしく、みんなに抱かれてニコニコ♪
将来は八方美人を目指しているようです(笑)。

今日はあいにく朝から雨降りだったんだけど、昨日はお日様も出て気持ち良い春日。
子カモシカも初めて乳母車の中ではなく、床に置いたプレイマット(将来は昼寝用フトンとして使用したい・・)の上で寝てくれました。
そして、その子カモシカを取り巻く猫たち(笑)。羅琉 喜
ちぇっく

女の子

イギリス人ママたちからは

  『音声モニターを使って子供部屋で寝かせた方がラクでいいわよ』


と言われているんだけど、私にはそれはできず・・・。
それに、子供部屋なんて作ってないしー(笑)!

イギリスの多くのママさんたちは、赤ちゃんの年齢がまだ1~2ヶ月の頃から昼間も音声モニターを設置して2階のベッドで寝かせ、自分は1階のリビングで生活している方が多いです。
そして、モニターを通して赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた時だけ2階へ行って様子をチェックするらしいので、赤ちゃんとの触れ合いは結構少ないんじゃないのかなぁ・・と思います。
もう2度とやって来ない、貴重な赤ちゃん時代を見逃してるような気がするのは私だけ??

何人かのママさんたちが言ってたのは

 『赤ちゃんが自分の目から見えないところに居ると、自分の時間が持ててリラックスできるから』

ってことだったんだけど、私の場合はそんなことすると心配で余計にリラックスできません。^^;

猫たちの姿が見えなくても心配になって探してしまうってのに、小さな赤ちゃんが自分の目の届かない所に居るなんて考えられない~~。汗
子育ての感覚があまりにも違いすぎて、イギリス人ママさんたちと会話が食い違ってしまうことも多いデス。(--;)

しばらくすると、子カモシカを囲む会にグンタも参加。
グンタも

ひなた

猫たちも天気が良いとリラックスしてくれるので、毎日こんなにいい天気だといいのになぁ。
そして、猫たちが乳母として活躍してくれるようになるともっと嬉しいです(笑)。
雪
2009年04月09日 | Comments(5) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

赤ちゃん怖い・・・ 2009年04月07日

本日は、妊婦学級で一緒だったママさんたち3人が赤ちゃん連れで遊びにきてくれました♪
3人のママさん = 3人の赤ちゃん。
子カモシカも加えると  赤ちゃんx4人

赤ちゃんがまだ怖い男衆にとっては悪夢の数時間でした。^^;

迷惑です・・・。ソ猝ヨ
うるさい

そしてグンタですが、赤ちゃんを怖がる様子はあまりなく、テーブルの上のパンをツマミ食いしようとチョロチョロしていたので私は恥ずかしいのなんの。うーん
私に怒られて拗ねてます。^^;
いやん

グンタの場合、赤ちゃんに対する恐怖よりも食欲の方が勝ったらしい。汗

そして生後2、3ヶ月の赤ちゃんを抱えるママさんたちが集まると、出てくる話題は赤ちゃんの事♪
・・・・ではなく、旦那さんたちに対する愚痴(笑)。
良かった、旦那に対してストレス溜めてるのって私だけじゃなかったのね。^^;

というわけで、久々にストレス発散させてもらいました(笑)。

その後、みんなが帰宅した後で子カモシカをプレイマットの上に寝かせていたんだけど、やっと笑顔の撮影に成功。
ここ1週間くらいで、子カモシカはよく笑顔を見せるようになりました☆

以前までは “ニセモノ笑顔” のみで 『あ、笑った?? と思ったら、直後にミルクをゲロッと吐き出してくれてました。 (--;)
吐く時の、顔の筋肉の動きが笑顔に見えていただけだったみたい。苦笑い

でも赤ちゃんも生後6週目ごろから笑うようになるとのことで、子カモシカもやっと本物の笑顔を見せてくれました。^^
笑顔

そして笑顔を見せていた理由は、最近お気に入りのネズミのヌイグルミを見つけたから。
ネズミがお気に入りだなんて、猫に囲まれて育っているだけあります(笑)。

ネズミは気に入ってるらしいけど、まだ上手く物を掴むことができない子カモシカ、ヌイグルミの服を掴んでブンブン振り回す。
ぶんぶん

その様子を横で見ていたグンタは、やっぱり子カモシカは怖いと思ったらしいです(笑)。
びっくりして目を見開いているグンタ。^^;
怖い

きっと猫たちは、赤ちゃんという得体の知れない生物の予想も付かない動きが怖いんだろうなぁ。あんぐり
2009年04月07日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

猫との生活 2009年04月06日

先週末、やっと英国カモシカが出張先のベルギーから帰宅しました。

留守中は

 「もしも子カモシカに何かあったら、1人で対応できるのか・・?」

というのが1番不安だったんだけど、よく考えれば昼間は毎日1人なわけだし、英国カモシカが居ても居なくてもあまり変わりないかなぁ、と。^^;
1番大変だったのは、猫と子カモシカが同時に

 『お腹すいた~~~!!! 飯を出せ

と泣き(鳴き)出したときです。
子カモシカを胸にぶら下げながら足で猫をあやし、ご飯の催促をする猫たちの機嫌を取ってました(笑)。

それ以外は、別に英国カモシカは家事をしてくれていたわけでもなく掃除をしてくれていたわけでもなく(^^;)、毎日テレビを見る時に子カモシカを数時間ほど抱いていただけだし~。
でもその数時間の間に私はシャワーを浴びたりできてたので、それはそれで助かってました。^^

でも 「掃除機かけてくれる?」 と英国カモシカに頼んでも 
 
 『掃除機なんて1ヶ月くらいかけなくても死なないから」

と言われたときには殴ってやろうかと思いましたが(笑)。

結局、いくら頼んでも1度もかけてくれなかったので、仕方なく育児の合間に時間を見つけては自分でやってました。(--;)
いくらなんでも猫4匹と新生児が同じ部屋の中で暮らしているわけだから、1ヶ月も掃除機を掛けないなんてあり得ない~~!!

しかも英国カモシカは、猫の毛だらけの服(いくら言っても毛を取ってくれません・・)を着たまま子カモシカを抱き、子カモシカの服も毛まみれになってます・・・。がっくり
もう、私1人が毎日コロコロで毛を取ってても全く意味なし。sc07

そして・・・子カモシカもすでに生後2ヶ月近く経つ今だから言えることですが、実は最初はこの不潔(私からすると・・・)な状態で新生児を育てて、アレルギーを発症しないか・・・ってことが不安で仕方ありませんでした。

これは英国カモシカだからなのかイギリス人だからなのか分からないんだけど、一般的にイギリス人は清潔感が日本人とは違うと思います。
日本人は潔癖、イギリス人は家の中で土足も平気なほどアバウト。猫足
だからなのか、猫と赤ちゃんが同居することに関してもほとんど何も言われません。^^;

昨夜も子カモシカの側で寝ていた雪ちゃんです。^^;
2人

先日、妊婦学級で一緒だった7人のママさん&赤ちゃんがある方の家に集まったんだけど、もちろんみんなリビングのカーペットの上も土足です。
その家の外は羊がたくさん居る農場で、野うさぎや色んな野生動物もたーくさん。
地面には、ウサギさんや羊さんのウンPもたくさん落ちてます。^^;

そして、みんなが土足で歩き回っているカーペットの上に全員の赤ちゃんを直接寝かせて写真撮影。
中には生後2週間目の赤ちゃんも居たんだけど、日本だと考えられない行為です。^^;
清潔感の違いだなぁ。。。

猫と赤ちゃんの共同生活に関しては、日本ではまだまだ 「猫と一緒だなんて汚い、猫は手放せ」 なんて言われて悩む方も多いと思います。
それでも猫と一緒に暮らしていこうとしている方の参考にでもなればと思って、うちでの生活の様子をブログでも書いていきたいんだけど、うちのように家中どこでも猫を出入り自由状態にすることをお奨めするわけではありません。^^;

今日も人間用のベッドの上で昼寝をしているグンタです・・・。
グンタ

全ては自己責任で絶対に目は離せないし、きっと日本の場合はこんな生活をしていると周囲から 「不潔」 と注意されることも多いのではないかと思います。 ̄□ ̄
私も英国カモシカからは 「日本人は潔癖すぎる」 と言われて迷惑がられているし。´д`トホホ

でも・・・私が本当に潔癖なら、猫を家中どこでも出入り自由にしませんって(笑)。

各家庭によって動物と赤ちゃんの同居も様々な形があると思うんだけど、家族の一員である動物を手放さずに仲良く暮らしていけると良いなぁ、と思います☆
2009年04月06日 | Comments(7) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

女の園 2009年04月03日

本日の夜、英国カモシカ帰宅予定です☆
思ったよりもスムーズな生活を送れて、頼れる人が居ないって思うと気が張って、結構何でもできちゃうもんなんだなぁと実感。^^
本当のシングルマザーの方々はとっても大変だと思います。

そして最近は毎日のように昼間は子カモシカを左手に抱えているので、左腕だけ筋肉モリモリになりそう(笑)。 
昨晩も子カモシカが泣いて自分の夕食を食べられないので、仕方なく左手に子カモシカを抱え、右手にフォークを持って夕食を食べました。^^;
英国カモシカ両親には

 「そんなに抱いてばかりいるから甘えて泣くようになるんだ。
 子供はずる賢いんだから、泣けば抱いてもらえると思って泣くようになるんだから放っておけ」


と言われてるんだけど “ずる賢い” ってねぇ・・・
自分の子供(英国カモシカ)の事をそんな風に思っていたのかしら。汗

とりあえず現時点の子カモシカは “ずる賢く” なれるほど情緒が発達していないと思うので、両親の言うことは無視(笑)。
そのうち子カモシカの自我が発達してきて今みたいにベタベタできなくなるんだし、今のうちにベタベタしておかなきゃ損!^^

そして今朝のこと、ベッドルームは女の園でした(笑)。
観察

子カモシカが誕生するまで、カモシカ家は男3人、女3人と男女のバランスが取れていたんだけど、子カモシカが加わって女の数の方が多くなってしまい、英国カモシカが不在だと更に女の園化してしまいます(笑)。

子カモシカが大人用のベッドで授乳後に寝てしまったので、そのままちょっと寝かせておいたらターディス嬢がやって来て子カモシカの顔をまじまじチェック♪
まじまじ

間近

気が済むまで子カモシカの匂いを嗅いだら、今度はちょっと距離を置いて待機。
見守る

子守りでもしてるつもりなのかな。
ただターディス嬢は人間の体の上でも気にせずに歩いたりするので、見ているこっちはちょっとドキドキ。^^;

しばらくすると雪ちゃんも加わってカモシカ家の女、勢揃い(笑)。
子カモシカは、足は宙に浮いてるけどまだ寝てます。
女の園

今日は午後から天気も良くてポカポカ陽気になったので、子カモシカを抱いてちょっと庭で日向ぼっこを♪
庭でお日様を浴びていたグンタにも挨拶したんだけど

  「その腕の中の生き物を近づけないでくれる?羅琉 泣き


と、かなり迷惑そうな顔をされてしまいました。うーん
迷惑

やっぱりまだダメかぁ。^^;
2009年04月03日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん

シングルマザー、あと1日 2009年04月02日

私のプチ・シングルマザー生活、残るはあと1日まで漕ぎ着けました。^^;
明日の夜には英国カモシカが帰宅します。

シングルマザー生活1日目はヘルスビジターさんが来てくれて、2日目は子カモシカと一緒にGPによる生後6週目検診を受けた後、初めて徒歩で町まで出かけ(往復約50分汗)、出産後にまだ会ってなかった数人の友達に子カモシカをお披露目♪
そして今日は病院で傷の治療と、なんとか生活できてます。^^;
タマは英国カモシカが居ないことに気付いてご機嫌斜めなんだけど、子カモシカは不在にも全く気付かず。
きっと私が居なくなったら 「オッパイがない!kao06」 ってことで気付くんだろうけど(笑)。

そしてご機嫌斜めのタマ、またやってくれました。(-□-)
夜間、猫避けネットを掛けるのを忘れてしまった私が悪いんだけど、また子カモシカの乳母車の中で寝てました・・・。
また

うちでは布オムツ使用なので洗濯機は毎日フル回転状態なんだけども、こうして更に洗濯物が増えていきます。^^;

英国カモシカが留守にしてる期間はたったの4日間だけど、赤ちゃんは日に日に変化していくので毎日変化が見られます。
そして、その留守中に子カモシカは初めて乳母車に吊るしているオモチャの鶏の足を掴んで笑顔になってました。^^

子カモシカは猫たちの存在にも気付いてきたみたいなんだけど、それに加えて雪ちゃんが、私が子カモシカを抱いていると子カモシカの体にスリスリするようになりました☆

ターディス嬢も子守り候補ではあるけど、実は個人的には雪ちゃんが1番良い子守り候補かなぁと思ってます。^^
くんくん

雪ちゃんは平和主義で、ターディス嬢のように興奮して意味なく他の猫に奇襲攻撃をふっかけたりしないし(^^;)、多少のことにも動じることなく落ち着いてるので。kao01
そんな理由で、私が1番信用してるのも雪ちゃん。
好き

グンタも今日はベッドの上に転がっていた子カモシカを、逃げ出すことなくマジマジと見つめてました。
恐怖も少し和らいできたのかな。
でも困ったことに、グンタはたまに甘えて夜鳴きをすることがあって、昨夜も夜中に鳴きながら私の横にやって来て一緒に寝ようとしてたんだけど、その鳴き声でせっかく寝付いた子カモシカが起きてしまいました。がっくり
子カモシカに夜中の授乳をしてから1時間近くかけて寝かしつけたのに、グンタの泣き声で振り出しに戻る・・・。´д`トホホ
まだまだ眠れない夜は続きます。^^;

で、残るタマだけど・・・
どうしても子カモシカのことが怖いらしいです。うーん
自分よりも大きい犬にも襲い掛かるタマなのに、どうして無抵抗の子カモシカが怖いのか(笑)。
カモシカ家のボス、実はビビリです。^^;
2009年04月02日 | Comments(4) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。