スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

寝床争い 2008年10月30日

英国カモシカが居ないと、うちのタマ以外の猫たちはとってもフレンドリーになります。^^;
きっと、英国カモシカなしではタマも大きな顔をしていられないから、それで他の猫たちがリラックスするんじゃないかと(汗)。

ターディス嬢は私にベタベタ、夜は夜で私の顔の側で一緒に寝たがります。kao02
そして同じく、普段から私の顔の横で寝るのが好きなグンタ。
当然のように、夜はベッドの上で寝場所争いが起きてしまいます。うーん
ケンカ開始

先に私の顔の横に陣取っていたターディス嬢に喧嘩をふっかけるグンタ。^^;
いや・・・でも体の大きさからして負けてます。
なんたってターディス嬢は、タマさえも一目置いているカモシカ家の 裏ボス なんだから(笑)。

その後、喧嘩場所は寝室の床に移動するものの、どう見てもグンタは気合負け。仁くん
ターディス嬢・・・・目が怖い。(--;)
負け

結局ケンカはすぐに終了し、2匹ともまた私の寝ているベッドに戻ってきて・・・

やっぱりターディス嬢が私の顔の横に陣取るという、ケンカ前と同じ配置です(笑)。
今度はグンタも素直に受け入れました。^^;
一緒

昨夜はこの後で雪ちゃんもやって来て、結局 人間1+猫3匹 が同じベッドでお互いに暖を取りながら寝ました。

その時、タマは一体どこで寝ていたのかというと・・
同じ寝室に寝ていたんだけど、床に置いてあるクッションの上で丸くなってました(汗)。
どうしても私とは一緒に寝たくないそうです。sc07
寝床

ここまで頑なに拒否されるとさすがに寂しい~~~。(T_T)

そして今日の猫たちの昼寝の様子。
昼寝

今日もかなり寒いので、昼間っから人間用ベッドに集合して微妙な猫団子もどき。花
この絶妙な距離感はなんなんだろう(笑)。

ちなみに、真ん中の膨らみは猫ではなくて予備の枕です。
私は最近ベッドで寝ていると腰痛が酷くて起きてしまうので、予備の枕を腰周辺に当ててクッション代わりにして眠っているから。^^;

今日は暖房を付けていても寒くて仕方ないので、春が待ち遠しいです。
スポンサーサイト
2008年10月30日 | Comments(3) | Trackback(0) | 多頭飼い

そろそろ準備を始める 2008年10月29日

この前の日曜日からイギリスは、夏時間 → 冬時間 に変更されているんだけど、とうとう本格的な冬の到来のようです。
昨晩は猫たち3匹(タマ以外^^;)は、ベッドで寝ている私の体を取り囲むように密着して暖を取りながら眠ってました。
おかげで私もヌクヌク♪
猫湯たんぽ です(笑)。

昨晩から今朝にかけては見事な霜も降りて、今日の朝は庭がキラキラしてました。
そして池も凍る。
池

けっこう立派な氷で、厚みもかなりある。
氷

池で魚とか飼ってたら凍え死んでたんじゃ?? なんて思ってしまうんだけど、凍った池の中でも魚は生きていられるのかな?
とりあえず昨晩は、庭で鉢植えにしていたレタスとホウレンソウは家の中に避難させていたので無事でした。^^

こんな寒い日でも、とりあえず庭のチェックをしてみたいグンタは、歩くとパリパリと音を立てる芝生の上へ。猫足
グンタ

また咽頭炎が復活したらどうするんだ~~~。^^;

そして私もとうとう妊娠23週目を迎えてます。
日本の数え方でいくと、妊娠6ヶ月目の終わり・・・7ヶ月目に突入するってとこなのかな??

お腹はかなり目立つようになってきて、その大きくなったお腹に胃が圧迫されて気持ち悪いです。(--;)
そして階段の上り下りだけでも息切れしてしまうようになってしまった。sc07
おまけに持病の腰痛も悪化してきて、痛みのために夜中も寝苦しくて何度も目が覚めてしまう。(-◇-)
この2ヶ月間は妊婦検診もなかったために自分の体の状態が全くわからないので、早いとこ妊婦検診を受けたいよ~~~・・・。

きっとこの先はもっと疲れやすくなってしまうと思うので、元気のある今のうちにベビーカーなどの下見を始めました。
なんの知識もない私と英国カモシカにとっては、何もかもが不思議の世界です(笑)。
今は新品のベビーカーもチェックしつつ、中古品で何か良いものはないかと毎日のように物色中。

でも・・・色んなものがありすぎてもう選ぶのも面倒。がっくり
世の中の妊婦さんたちは可愛い赤ちゃんグッズなんかを揃えるためにワクワクしながら買い物してるようなんだけど、私も英国カモシカも商品を物色するだけで疲れてしまってマス。。。汗
我ながら、可愛げのない妊婦・・。^^;

日本での育児とイギリスでの育児の感覚はかなり違うようで、イギリスでは新生児でも専用のベッドが必須。
布団も存在しなければ、添い寝という文化もない国なので。^^;

ベッドも最初の数週間は、家の中で持ち運びのできるバスケット型のものを使うらしい。
赤ちゃんがある程度大きくなってから(生後3ヶ月くらいから)は、赤ちゃんは2階のベッドに寝かせたままで横に 赤ちゃん用の音声モニター を設置して、お母さんは1階で受信機を通して赤ちゃんの様子を確認するというパターンが多いそうな。
自立を促すというか、イギリス人の個人主義はここから始まっているんだなぁ、と実感。^^;

でもバスケット型ベッドって、子育てされてる方に聞くと

  「あ、あれは最初の2ヶ月くらいしか使わなかったわよ。必要なし!」 との返事。

確かにバスケットは可愛いけど実用性なさそうだし・・・と英国カモシカ母に言ったところ

『何言ってるの!! 赤ちゃんにベッドは必要!』 と怒られる。がっくり
えっと・・・私は布団で育ったのでベッドなしでも大丈夫でした・・・。kao06
では、私のためにバスケット型ベッドを買ってください!! と思わず言いそうになる(笑)。

実用性は低そうなのに値段は高いし、3ヶ月後には絶対に 猫用ベッド羅琉 喜 になっているだろうということは目に見えるし。。。(笑)

そしてもちろんベビーカーも新生児から使用して、外出もガンガンするようです。
だから出産前には購入しておかなきゃいけないらしい。
考えると、すごい出費。(-◇-)

何よりも(金銭的に)辛いのは、日本のように赤ちゃん用品のレンタルができないということ。がっくり
頑張って探せばあるのかもしれないけど、一般的ではないです。
ベビーカーやベビーベッドってとんでもない値段なので、今から悩みまくり・・・。汗

そんな中、絶対に購入することに決めたのは、猫対策としてこちらのもの。

mamas & papas より
プレイシェード

UV加工済みで本来は屋外での虫除け用のものらしいんだけど、屋内使用もOKとのことです。
とりあえず、最初のうちはこれを使って子カモシカと猫たちに顔合わせをしてもらう予定。^^

でも、英国カモシカの会社の同僚の方で猫と一緒に子育てをした人たちはみんな

 『猫?? 別に心配しなくても大丈夫よ~~~♪』


と言ってたそうです(笑)。
こういう大らかなところには、やっぱり イギリス万歳! と言いたい。にっこり

まぁ、私が気をつけてればなんとかなるでしょう。

よく “動物は妊婦の人が分かる” なんてことも聞くけど、うちの猫たちは大きくなったお腹には全く反応する様子がないです。うーん

ただターディス嬢は、私のお腹が大きいから昔のように膝に乗ってきてお腹の上で前足モミモミ♪ ってことはできなくなったようで、今は胸とお腹の間の窪みに前足を置いてモミモミするようになりました(笑)。
膝

猫たちは猫たちなりに学んでいるらしい。羅琉 喜
こんな感じで赤ちゃんとの共存生活の方法も学んでくれるといいんだけど、きっとそのうち猫たちは子カモシカに耳や尻尾を引っ張られて大迷惑するようになるんだろうな・・・。 ̄□ ̄
唯一の救いは、うちは猫4匹で被害も4分割されるから(^^;) 猫たちのストレスも軽減されるかもってことです。

個人的には、猫たちの教育よりも子カモシカの教育を頑張らないと、猫と赤ちゃんの共存は大変なんじゃないかと思います。^^;

好みの人間 2008年10月28日

今日から英国カモシカはスイスに出張です。
今回はちょっと長めで帰宅は金曜日深夜の予定。

英国カモシカがスーツケースを出して荷物を詰め始めると、やっぱり集まってくるのは猫たち(笑)。
出張

スーツケース

そこに箱があれば、どうしても中に入ってみたいのが猫の心情というもの。^^;
グンタは大喜びでスーツケースに飛び込んだので、なかなかパッキングも進まない。羅琉 満足

でもタマの心情はちょっと違うらしいです。

このスーツケースが出てくると、英国カモシカは翌日にはどこかに出かけてしばらく戻ってこないというのを分かっているタマは、昨夜は英国カモシカにべったりでした。
出張2

うちの猫たちは 「自分の好みの人間」 というのを決めているらしく、タマは完全に英国カモシカしか眼中にないです。^^;

グンタは基本的に遊んでくれる人、ご飯をくれる人ならみんな大好き(笑)。
でも、夜寝る時は絶対に私の側で♪

そして今朝、英国カモシカが出かけてしまった後のタマはしょんぼり。。。
寂しい

他の猫たちは、英国カモシカがどっかに出かけたなんて気付いてさえもいないと思う。kao01

雪ちゃんに至っては、ドタバタと大きな音を立てて動き回る英国カモシカのことが実は怖いので(^^;)、英国カモシカの出張中はホッとしてたりして。
嬉しい
2008年10月28日 | Comments(5) | Trackback(0) | 多頭飼い

おもちゃは自己調達で 2008年10月26日

タマ&グンタの咽頭炎はすっかり良くなったようです。にっこり
若い子は直りも早いのかな?
今は2匹ともうるさすぎる程元気。^^;
雪ちゃんもターディス嬢も咽頭炎をもらった様子はなく、みんな元気いっぱいです☆

そして昨日、朝起きると家の中にあるものが落ちてました。

そのあるものとは、この2匹が興奮して遊んでいるものです。
きっと、持ち込んだのもこの2匹のどっちかだろうな(笑)。
tama

うちには猫用おもちゃはたくさんあるけど、どうやら野生の血を1番くすぐるのは自然界のものらしい。

鳥の羽羽1
羽

庭に落ちていたものを、タマかグンタが家の中に持ち込んだみたいです(笑)。
羽2

グンタが興奮して遊んでいる様子を見ていた雪ちゃんも羽に興味を示してやってきたんだけど、いきなり雪ちゃんの飛び入りでグンタはちょっとご機嫌斜め。
一緒に遊べばいいのに。^^;

そして、なんだかグンタの顔つきも怪しくなってきました・・・。羅琉 満足
雪ちゃんも

自分が調子イマイチの時はあんなに雪ちゃんにべったりだったのに、元気になったとたんに元通りです。汗
そして予想通り、姉弟喧嘩の勃発。(-m-)
喧嘩

2匹揃って睨み合いで、大抵の場合はグンタが1匹でニャーニャー言ってるだけなんですが(汗)。
そのうち取っ組み合いの喧嘩を始めて床を2匹でゴロゴロ転がって、やっぱりまた睨み合いの繰り返し。^^;

そんな2匹の様子を白い目で見つめるタマ。猫足
姉弟喧嘩はいつものことなので、もう最近では誰も気にしてません(笑)。
にらみ合い

一緒に羽で遊ぼうと思っていた私の立場は(笑)?^^;
もう2匹とも羽の存在なんか忘れてしまったらしく、喧嘩終了後は2匹ともそのまま別々の場所で不貞寝。(--;)

やっぱり、先日の姉弟の猫団子は奇跡だったようです(汗)。

この姉弟、仲がいいんだか悪いんだか。。。
ちょっとしたキッカケですぐに喧嘩を始めるんだけど、最後はお互いの頭を舐めあって終了することが多いです。^^
2008年10月26日 | Comments(6) | Trackback(0) | 多頭飼い

診察結果 2008年10月24日

タマ&グンタ、揃って病院へ行ってきました。猫足
病院へ行く前の2匹は、病猫同士仲良く猫団子で昼寝。^^;
一緒に

これから起きることを分かっているのか、分かってないのか(汗)。
猫団子

病院へ到着してからは、受付の人2人に 「楽しみに待ってたわよ~~^^;」 と歓迎を受ける。(--;)
みんなが楽しみに待っていたのは、言うまでもなくタマです・・・。汗

そして待合室までイザベル先生自らがお出迎えしてくれました(笑)。
やはり、楽しみに待っててくれたそうです。汗

タマもグンタも同じ症状なので、まずは診察の簡単なグンタから。
グンタならビービー鳴いてるだけなので、触診も検温も簡単にできるし、喉に異物がないかどうかも簡単に診察できます。
タマは・・・口元に触ると人間が流血するので(-◇-)、獣医さんであっても鎮静剤を打ってないタマの口元には触れません。うーん

グンタの診察結果は異常なし!
喉の触診も問題なし、体温も平温、口の中にも異常は見られないとのこと。
ただ、鳴き声が少しかすれているので喉に炎症がある可能性が高いということです。
体重は、この前のワクチン接種の時(5.2キロ)から少し減って5キロ。
食事制限の甲斐もあって、少しずつだけど減量成功してました。^^

イザベル先生の診察結果は、たぶん 感染性の咽頭炎 だろうということ。
タマは毎日のようにグンタの毛繕いをしているし、グンタの咽頭炎がタマに移ってしまったのかもしれないです。^^;

猫は、喉が痛いときは吐きそうな素振りを見せながら、頻繁に首を前後に動かすんだそうです。
1匹だけでこの行動をしているときは、喉に草や異物が絡まっていることもあるらしいんだけど、今回のように2匹同時に同じ症状、同じ行動を見せている場合は、やはり感染性の咽頭炎の可能性が高いということでした。
薬を飲ませるのは大変だろうということで(特にタマ・・・)、炎症を抑える注射と抗生物質の注射の2本を打ってもらって様子を見ることになりました☆

そしてお次はタマ・・・。(-◇-)
イザベル先生は看護婦さんも診察室に呼び入れて、万全体勢で診察に臨みます(汗)。
今の私はお腹もかなり大きくなってきていて、1人で2匹同時に病院に連れて行くのは無理!
ということで、英国カモシカにも一緒に来てもらってたのでタマの対応は全てお任せ(笑)。

タマはキャリーケースから出した瞬間に英国カモシカの肩にしがみ付いて動かなくなってしまったので、そのまま診察を行うことになりました。^^;
聴診器での診察も、英国カモシカにしがみ付いている状態でなら簡単(笑)♪

看護婦さんの出番は全くなく、英国カモシカの手によってタマは体重計に乗せられて体重測定。
タマも少し減量して4.4キロ。
適正体重だそうです。にっこり

そしてタマはまた英国カモシカの肩に戻り、そのまま注射も2本打って検温。

検温の最中もイザベル先生は

 『タマと目を合わせると睨まれるから怖いのよねぇ(笑)。
なるべく目を合わせないようにしないとね。^^;』

と言ってました。うーん

私とイザベル先生は、英国カモシカなしでタマの診察をした際に何度も流血してるのでsc07、今回のタマの変貌振りにはビックリするばかり(笑)。
これからは、タマの診察の時は英国カモシカと一緒に行こーっと。^^;

ちなみに、タマの体温もグンタと同じくやっぱり平温なので、たぶん症状は喉の炎症だけでしょう、ということでした。^^
タマに何度も酷い目に合わされているイザベル先生だけど、ダメな子ほど可愛いという心理なのか(笑)、いつもタマのことを気にかけてくれる良い先生です。kao02

今回のグンタは病院でも車中でもお漏らしはなかったんだけど(^^;)、帰宅後はかなりご機嫌斜め。
帰宅後
2階の廊下で横になったまま私のことを無視してました。
そのくせ、夜は私にべったりでベッドで一緒に寝たんだけど(笑)。

そして本日、また珍しい雪&グンタの猫団子。花
雪&グンタ

猫団子1

さすがのグンタも、やっぱり体調の悪いときは雪ちゃんとの猫団子もOKということみたいです。
雪ちゃん、グンタに咽頭炎を移されなきゃいいんだけど。(--;)

でも猫団子は今しか見られない貴重な光景かもしれないから、今のうちに楽しんでおかなくては。^^;
2008年10月24日 | Comments(9) | Trackback(0) | 猫の健康

風邪?? 2008年10月23日

天気予報はバッチリ的中し、本日はどんよ~~り暗くて寒いイギリス日和です。^^;

そして昨夜からタマとグンタの様子がちょっとオカシイ。
2匹とも、なんだか吐きそうにしてて吐かない。
喉の辺りからグビッという妙な音も聞こえる・・・。

毛玉かな? と最初は思ったんだけど確信が持てないし、2匹揃って同時に同じ症状というのもちょっと気になる。
顔

おまけにグンタは、タマ専用だったチグラ型ベッドに入っているし。
グンタがここに入って寝たことなんて、今までに1度もありません!!
グンタ

う~~~ん・・・オカシイよ、グンタ。
毛玉ジェルをあげてみたんだけど、飲み込むときに オエッ となる感じで首を動かしていて、どうやら首の辺りに違和感を感じているみたい。
2、3日前にはクシャミもしていたし・・・。

タマはそこまで極端な感じではなく、毛玉が詰まった時に吐き出そうとしている感じとよく似ている。
タマだけがこの症状だったら、たぶん私は毛玉が溜まってきたんだろう、と予想していたとこなんだけど、グンタまでって・・・なんかヘン。うーん

おまけに、雪&グンタが猫団子で寝てました!!
どう見てもオカシイ~~~~!!^^;
猫団子
確かにこの2匹は姉弟だし仲良くてもおかしくはないんだけど、2匹が大人猫に成長してからはグンタの方が雪ちゃんとの猫団子を嫌がっていたので、こんな姿を見かけることはなくなってました。

どうしたグンタ??

タマとグンタは常にベタベタしてお互いの毛繕いもしているので、もしかしたら2匹揃って風邪なのかなぁ・・・。
何かの中毒だったりすると怖いので、動物病院に予約を入れて今日の夕方の診察予定です。

担当医はイザベル先生。
電話予約した時点ではグンタの予約しか入れなかったんだけど、イザベル先生が担当ならタマのことも診てくれるだろうと期待して(^^;)、タマも連れていくことにしました。

ちなみに、イザベル先生はこの病院内でタマ担当に指名されてしまっている可哀想な女医さんです。kao06
 イザベル先生は、臨月間近にタマの診察をしたこともあり。
 タマが先生のお腹を蹴ったらどうしよう・・・と見ているこっちがヒヤヒヤしました(汗)。

この病院の院長先生はタマ診察は拒否するし(汗)、私の大好きなマーカス先生は専門は外科でまだまだタマ慣れしてないので、今回のように原因不明な症状の診察には向いてないと思うし。^^;
麻酔かけてれば大丈夫なんだろうけど(笑)。

タマの病院通いは本当に一苦労です。汗
2008年10月23日 | Comments(10) | Trackback(0) | 猫の健康

雪ちゃんの災難日 2008年10月22日

寒くなってきたので、うちでは毎日のようにガス暖炉を使っています。
そして、同じく毎日のようにガス暖炉の前で寝ている雪ちゃん。kao02

よく暖炉の火をジーッと見つめていることが多かったんだけど、昨日、もう少しで

        ヒゲに引火

という事態が。(-▽-)
暖炉

今までは大人しく火を見つめているだけだったのに、いきなり身を乗り出して火に近づいて行った雪ちゃん。
私が慌てて止めに入ったときは、ヒゲの先が縮れてました。汗

長毛猫さんの場合、ガスコンロの火で尻尾を焦がした、なんて話はたまに聞くけど、短毛でも気をつけないと危ないです。。。
子カモシカが産まれたら、暖炉の周りを囲むカバーのようなものを買おうと思っていたんだけど、猫用にも必要なのかも。^^;

そして今日は、雪ちゃんお気に入りの籠ベッドはタマに占領される。kao06
タマ

雪ちゃんは、窓際でタマがベッドに飽きるのをひたすら待ちます。^^;
籠

ここ2日間はお天気もよかったんだけど、明日からはまた典型的なイギリスの天気(→どんよりグレーの空)に戻るらしいので、私は今のうちに洗濯物を片付けて、猫たちには庭で遊んでもらうことに。

私が庭に出ると雪ちゃんも付いて来るんだけど、今日はなんだか興奮気味のターディス嬢に追いかけっこの相手に選ばれたらしく(^^;)、走りたくないのに走らされていた雪ちゃんです(笑)。
追いかけっこ

雪ちゃんは、最近の庭運動と食事調節のおかげで、ほんの少~~~しだけ体重も落ちてきました。にっこり
この調子でターディス嬢に鍛えてもらって、もうちょっと減量してくれるといいんだけど。^^;

気が済んだターディス嬢は、あとはひたすら脱走防止フェンスの外を見つめてました。
外

そしてグンタは松ぼっくりに大興奮。
ポンポン投げると追いかけて行って・・・
まつぼっくり

興奮しまくって

 『ニャーーー!!!羅琉 喜 ニャーーーー!!!

と大声で鳴き続けるので、近所の人に猫虐待でもしているんじゃないかと思われそう(笑)。
興奮

猫たちも、久々の太陽を存分に楽しんでくれたようで良かったわ。^^
2008年10月22日 | Comments(5) | Trackback(0) | 多頭飼い

寒いので配置換え 2008年10月21日

イギリスの寒さもますます厳しくなってきました。
と言っても・・・まだ10月。がっくり

今年はこの家に引っ越してきて初めての冬を迎えるので、冬の暖房費(=ガス代)がいったいどれくらい掛かるのか今から心配です。汗

とりあえず私しか家に居ないときは、セントラルヒーティングではなくリビングのガス暖炉のみを使用して、これでどれだけガス代が浮くのかを実験中です(笑)。
だから私が使っていない部屋はかなり冷え込んでしまい、猫たちはガス暖炉のある部屋で過ごすか、おのおの好みの ぬくぬくスポット を見つけているようです。

うちで好評の猫タワーの人気の場所にも少し変化が見られたようで、1番人気は下から2段目のハンモック席♪
配置

1番上は眺めはいいんだけど、たまの晴天日に日向になるのは今現在、タマが陣取っている下から2段目。
2匹

最近では自動的にグンタが頂上、タマが下のハンモックを利用していることが多いです。

そして雪ちゃんだけど・・・未だにタワーを利用したことがありません。(-▽-)
昨夜、ハンモックの上にオヤツを置いて興味を引こうとしたんだけど、ハンモックに飛び乗ってオヤツを口にくわえ、そのまま速攻で飛び降りました(笑)。
ハンモックの安定感のなさが、ずしりと重い雪ちゃんは怖いのかも?^^;

ということで、天気の良い日には日向になる窓際のテーブルの上に籠ベッドを置いてあげました。
今のところ毎日のように、曇りの日でも使用中☆
この場所が気に入ったようです。^^
日向

そしてここに加わっていないターディス嬢ですが、彼女はどこまでもマイペースを貫き通すので1匹で2階の日向を占領中。
日向で

私が彼女の様子を見に行くと喜んで前足もみもみを始めるんだけど・・・
私たちの留守中に知人さんを引っかいたのよね。(--;)

こんな怖い顔してるけど、実は喜んでます(笑)。
嬉しい

うちで1番手の掛からない子がターディス嬢なんだけど、放っておくとどこまでも孤独にマイペースを突き進んでしまうので注意が必要です。^^;
2008年10月21日 | Comments(3) | Trackback(0) | 多頭飼い

食の秋 - デボン 2008年10月20日

食欲の秋です。
今回の国内旅行での行き先に関しては散々迷ったんだけど、以前も行ったことのあるデボンを行き先に選んだのは、食事の美味しい場所に行きたかったから(笑)。

イギリスの食事は・・・よく言われるように他国と比べると美味しいとは言えないと思います・・・。^^;
イギリス国内のどの地域に行っても同じメニュー、同じ食事、特産品なんてものもなし!
町や都市単位で考えても、道に並んでいるのはどこの町に行っても同じ大手のチェーン店ばかりで変わり映えがなく、クローンタウンとも言われます。うーん
日本のような名産品がないというのは本当に悲しいし、だから国内旅行に行っても退屈だなぁ・・と思うこともしばしば。

しかし!!
このデボン、そしてお隣のコーンウォール地方は交通の便が悪いということも関係しているのかもしれないんだけどこの地独特の文化が根付いていて、地元産の食材もどっさり♪
おまけにイギリスでは珍しく漁業を営んでいる地域なので、海もキレイで海産物もわんさか。にっこり
海

海3

イギリスで美味しい魚介類を食べたければ、まずはコーンウォール地方、そして次にデボンがお奨めです☆

私は妊娠してから肉類はとんと食べられなくなってしまい、妊娠20週目を超えた今は巨大な子カモシカが胃を圧迫しているらしく(-▽-)またしても食欲減退中。
それでもデボンに来たからには魚を食べないわけにはいかないので(笑)、頑張って食べまくってきました。

続きを読む "食の秋 - デボン"

秋のデボン-動物編 2008年10月19日

先週の金曜日の夕方、イギリス国内旅行から帰宅しました。

猫たちはみんな元気です☆
ただ、知人の猫飼いさんに世話を頼んでいたんだけど、かなり苦労されたようで・・・。(- _-;)

この知人さん宅の猫は17歳のおじいちゃん猫で、すでに耳が聞こえない上に視力も衰え気味。
最近はリウマチも発症しているので動作はどうしてもゆっくりになってしまい、食欲もほとんどないそうです。

それに引き換えうちの猫たちは最年長のタマでさえ推定年齢は4歳半。羅琉 喜
知人さんはご飯タイムには4匹の猫たちにたかられ、他の子のご飯を横取りしようとする雪&グンタに圧倒され、野生の血が滲み出るタマには疑いの目でにらまれたそうです(笑)。

そして 『撫でて~~~』  と寄ってきたターディス嬢に手を出して引っかかれたそう。(--;)
カモシカ家の人間はターディス嬢の性格をよーーく分かっているので、いくら 『撫でて と頼まれてもまずは手の匂いを嗅いでもらってから手を出します。汗
そうしないと彼女はビックリして、予想も付かない行動に出ることがあるから。
知人さんにはよく謝っておきました(汗)。

そして留守中にキャットフード&猫砂のデリバリーがあったんだけど、知人さんが受け取ってくれて箱は開封せずに廊下に置いておいてくれました。
でもその翌日、知人さんがまたご飯のお世話に来てくれたときに見た光景は

 引き裂かれたダンボール箱、床に散らばる猫砂と穴の開いたキャットフードのパウチ・・・


きっとターディス嬢がダンボールに穴を開け、グンタがその穴を大きくして、その後はみんなで色んなものを食い散らかしたものだと思われます。(-▽-)
老猫さんと生活している知人さんは、この若猫パワーにかなりビックリしたらしく、置き手紙には

 『大きな白猫がご飯を横取りしようと走り回ってて、野生猫には睨まれた』 

と書いてありました(笑)。

知人さんにはお土産をたくさん持ってお宅を伺って、お礼&お詫びをしておきました。汗

そして私と英国カモシカが今回の旅行で向かった先は、以前も行ったことのあるデボン。
イングランド南西部の気候がとっても温暖な地域です。

この地域で私のお目当てと言えば、なんといっても美味しい食事!!にっこり
そして豊かな自然とキレイな海です。
ダートムーア

海

地図を見ながら適当に宿泊先に定めたのは Totnes という小さな町。
行き当たりばったりだったので、とりあえず近くにあった農家の方がやっているB&B(宿と朝食付きの民宿みたいなもの)に行ってみたんだけど1件目は空室なし。
そこで、農家ではないんだけど “オーガニックB&B” という看板を出していた Norwegian Wood という名前の小さなコテージを当たってみると空室ありとのことで、そこに宿泊することに。

オーガニックB&Bってどんなものなんだろう?? と思っていたんだけど、朝食は全てオーガニック食材を使用。
石鹸やシャワージェルなどもオーガニック製品だったりして、できる限りのものを環境に優しいもので揃えてました。
しかも、普通のイギリスのB&Bで見かけることのない豆乳やカフェインなしのチコリコーヒーなどなど、妊婦にとっても嬉しいことがたくさん♪
朝食のオプションも、普通のイングリッシュ・ブレックファーストもあるんだけどベジタリアン用の朝食もあったので、妊娠してから肉をほとんど食べられなくなってしまった私にもぴったりでした☆

でもなによりも嬉しかったのは、ここには犬2匹&猫3匹が住んでいたことなんだけど。^^
猫

私たちが会ったのは3匹の猫のうちの2匹。
3匹目の子は最後にちらっと姿を見かけただけで、かなり人見知りの激しい子でした。

そしてこの黒猫さんはジェットという名前。
ジェット

とにかく人懐こくて、初日から私たちの部屋に入り浸ってベッドでくつろいでました(笑)。
jet

いつもなら旅行の途中で猫禁断症状が出るんだけど(^^;)、今回はジェットたちのお陰でまるで自宅にいるような気分でくつろげました。^^

宿泊先も見つかったことだし、まず観光に向かった先は ダートムーア(Dartmoor)
道路

デボンには国立公園が2つあり、ダートムーアはそのうちの1つです。
前回デボンを訪れた時もここには行ったんだけど、ここにはどうしても会いたい動物が居るので今回も出かけることに。猫足

続きを読む "秋のデボン-動物編"

おサルさんとホリデー 2008年10月12日

いきなりですが、英国カモシカが来週1週間ほど仕事の休みを取ってきました。^^;

イギリスでは夏にサマーホリデーとして仕事の長期休暇を取る人が多いんだけど、今年は仕事が忙しかったのと、私がツワリで身動きが取れなかったために仕事と家の行き来のみで過ごしていた英国カモシカ。

日本人からすれば長期休暇が取れないのも普通のことだし、全く疑問にも思わないんだけど(^^;)、英国カモシカは不満ブーブー。
ホリデーを取らないとストレスが溜まって仕方ないんだそうな。(--;)
おまけに夏の間ずっと私がツワリで死んでいて、週末もどこにも出かけることができなかったのも英国カモシカのストレスに拍車を掛けていたようです。汗

日本に居たころは、たった1日の休みを貰うのにも苦労していた私からすれば

  『なんて我侭なことを言ってやがるソ猝ヨ


と思ってしまうんだけど、そんなことはホリデーを取るのが普通のことだと思っている英国カモシカには通用しない・・・。
しかもツワリ中の家事も英国カモシカに任せることが多かったので、今の私には意見を言う権利なしです(汗)。

ということで、月曜日からイギリス国内旅行に出かけてきます。^^;
金曜日に帰宅予定。

英国カモシカはこの土曜日から出かけたかったらしいんだけど、そんな急に旅行に出かけると言ったってうちには猫たちが居るんだから無理!!怒り
説得して、月曜日から出かけるということで納得してもらいました(汗)。

猫たちのお世話は、友達の猫飼いさんに1日2回ほど様子を見に来てもらうことで合意。羅琉 満足
こんなに急に出かけることになったのでちゃんとしたペットシッターさんに世話を頼むこともできなかったし、私からすれば猫たちに悪いなぁ。。。と思ってしまうんだけど。
グンタ

そして、どうしてもどこかに出かけたかった英国カモシカを納得させるために、土曜日はうちから車で2時間ほどのところにある Monkey Forest に出かけてきました。

その名の通り、お猿さんたちがたくさん居る場所です。^^
さる

ここに住んでいるのは Barbary Macaques(バーバリーマカク) という種類の猿。
ニホンザルも、このバーバリーマカクと同じマカク属に属してます。

バーバリーマカクの従来の生息地はアルジェリア、モロッコ、そしてジブラルタ(→人為的に持ち込まれ、野生化したもの)で、現在のところ絶滅の危機に瀕しているために、保護プラグラムの一環としてこの monkey forest  も設立されてます☆
サル3

ここでは2つの群れが放し飼いにされていて、人間は猿の住んでいる林の中を歩きながら自由に歩き回っている猿の観察をすることができ、今なら今年の夏に生まれた子猿たちの姿を見ることも可能。*^-^*
サル2

サル4

こうして見ていると、人間も猿もそんなに違いはないなぁと思う。
とくに子猿たち(笑)。jumee☆monkey3

それでは、月曜日からいったいどこに行くのか分からないんだけど(汗)、行き当たりばったりでイングランド南西部に向けて出発する予定です。(--;)
こんな旅行でいいのかしら。汗
2008年10月12日 | Trackback(0) | 動物

重すぎる視線 2008年10月09日

雪ちゃんがあまりにも庭に出ようとしないので、とにかく運動のために少しだけでも出てもらおうと私が同伴して庭外出しました。^^;
庭

2匹

最近どうも雪ちゃんの写真が多いのは別に雪ちゃん贔屓をしているわけではなく、気が付くと雪ちゃんが横にいるから(笑)。
夜はいつも私の横で寝ていて、目が覚めるとやっぱり、ひたすらジーッっと私の顔を見つめている雪ちゃんが顔の横に座ってます。汗
大きな雪ちゃんからの重すぎる愛情(笑)?
視線が重いです。(--;)

今日はターディス嬢に向かって

  『頭舐めて♪』

と無邪気に頭を差し出して、そのままパコ~~ンと音まで鳴らして頭に猫パンチをくらっている雪ちゃんを目撃してしまったんだけど ̄□ ̄、やっぱり他の猫たちから相手にされてないのが原因?^^;
子猫の時から多頭飼い環境で大人猫に世話されて育つと、他の猫への依存性の高い子になってしまうもんなのかなぁ?
グンタも同じく、タマをお父さんのように慕って甘えてるし(笑)。

そしてタマは、出張から帰宅した英国カモシカの膝の上でデレデレしてます。kao02
幸せ
英国カモシカが居る時なら私がタマに触っても威嚇されることはないんだけど、英国カモシカの膝の上にいるタマは完璧に別猫です。
二重人格猫・・・。(-▽-)

話は変わって本日、NHS病院にて妊娠20週目のエコー検査を受けてきました☆
イギリスでは妊娠期間中に基本的に2回しかエコー検査を受けられないんだけど、この20週目の検査が2度目の検査。

20週って・・・これでやっと妊娠期間の半分に達したところなのに、これでもう出産までエコー検査はしてくれないのね。(-m-;)
逆子になってるかどうかとか、どうやって把握するんだろう・・・。汗
でも聞いた話によると、日本人の妊婦さんの場合は30週目を過ぎた頃にイギリス人の助産婦さんから

 『赤ちゃんのサイズが小さすぎ!!』

という指摘を受けて、異常があるか確認するためのエコー検査をする場合が多いそうです。

妊婦の体重制限をされないこの国で、豊満な体型(肥満とも言う・・・)のイギリス人妊婦さんの赤ちゃんに比べると、基本的に食生活も違い体も小さなアジア人妊婦さんの赤ちゃんのサイズは小さいからだと思うんだけど、イギリスで生活している以上はイギリス基準に合わせられるので “赤ちゃんが小さすぎ” ということになってしまうのかもしれません。^^;

だから私も30週目あたりにもう1度エコー検査を受けられるかも~♪ と思っていたんだけど、本日の検査の結果、子カモシカはイギリス人の20週目の標準サイズよりも大きいそうです。(-◇-)

ということは、日本人の赤ちゃんとしてはかなり巨大!?汗

サイズが大きいことを除けば、全て順調だそうです。^^;
私は2ヶ月もろくに食事ができなくてヨレヨレになってたのに、子カモシカは巨大なのかぁ(笑)。
そして、気になっていた性別の確認もしてもらいました。

子カモシカは・・・・


   女の子 だそうです。

そっか、女の子か。
あんなにツワリで私を苦しめるなんて絶対に男だ、と思ってたんだけど(笑)、女の子だったのね。^^;

うちは女3匹(日本カモシカ、ターディス嬢、雪)、男3匹(英国カモシカ、タマ、グンタ)だったけど、これからは女の数の方が多くなるようです。^^

甘いものが欲しい秋 2008年10月08日

昨夜遅く、出張先のベルギーで足止めをくらっていた英国カモシカが帰宅しました。
いつもなら、ベルギー出張に行くたびに大好物のベルギービールをお土産として買ってきてもらうんだけど、妊婦なので今はひたすら我慢、我慢・・・・。jumee☆Feel Depressed4

と思っていたら、なんと英国カモシカは自分用にビールを買って帰ってました。(-◇-)
目の前にビールがあるのに飲めないなんて、なんだか拷問のよう(笑)。

そして、この前のベルギー出張の時はベルギーチョコをお土産に買ってきてもらったんだけど、妊婦のチョコの食べすぎも問題だし、でも分かっちゃいても目の前にチョコがあると食べてしまうので(←意思が弱すぎとも言います・・・^^;)、今回はワッフルを買ってきてもらいました。

お菓子みたいな袋入りワッフル。
しかもサイズは XL!^^;
ワッフル

1袋に1つずつ、調理済みのワッフルが入ってます♪
早速、今日の朝ごはんにトースターで焼いて食べてみたんだけども、甘~~~い。kao02
すでに砂糖がかかっているらしいです。

これはこれで美味しいんだけど、やっぱりベルギーで食べる焼きたて熱々ワッフルが食べたいなぁ。。。
クリームどっさり乗っててカロリーの高いやつ(笑)。

最近、食欲はそんなにないくせに1日に何度か猛烈に甘いものが食べたくなって困ってます。
昨日は、あまりの衝動に耐えかねて例の日本風カボチャをスイートポテトならぬ、スイートカボチャにしてペロッと4分の1個食べてしまった・・・。 ̄□ ̄
ケーキを食べるよりは健康的だろう、と思って自分を納得させてしまったんだけど(^^;)、キチンとした食事を食べようとすると途端に気持ち悪くなって食欲減退するので困ったもんです。

・・・このままじゃ、私も雪ちゃんみたいにおデブさんになってしまう・・・(汗)。うーん

その雪ちゃんは、今日はやっと雨が上がったというのにソファーでまったりとくつろいでます。
まったり

せっかくなんだから庭に出て運動しようよー!!^^;

今日も雨 2008年10月07日

今日もイギリスは雨。
毎日毎日・・・太陽はどこに行ってしまったんだろう。(-m-)

おまけにやっぱり寒いので、今日もガス暖炉は大人気です。
でも、本日ここを陣取っているのはグンタ。羅琉 喜
暖炉

グンタ


別に雪ちゃんから横取りしたわけではなく、2匹とも了解の上で場所を交換したらしい。
ということで、雪ちゃんは昨日までグンタが使っていた暖炉前の椅子の上にて♪
椅子で

それにしても、グンタがこの椅子で寝ていた時の写真と比べると・・・
雪ちゃんの体はかなり大きく見えます。
これは。。。 気のせい(笑)?

家中を暖めるためのセントラル・ヒーティングはガス使用のため、毎年冬のガス代は跳ね上がります・・・。
セントラルヒーティングを使うよりは、リビングでこのガス暖炉だけを使った方が経済的打撃は少ないんだけど、この青白い炎を見ているとなんだか複雑な気分。うーん
結局はこれ、台所のガスコンロの大きい版ってことだし(汗)。

そう考えると、なんだかガス暖炉を使うのもちょっと罪悪感。
前の住人よ、なぜ本物の暖炉を壊してこんな偽物ガス暖炉にしてしまったんだ~~~~。´д`トホホ
いつか今度はこのガス暖炉を壊して、本物の暖炉に戻せたらいいなぁ、と思います。^^;
2008年10月07日 | Comments(7) | Trackback(0) | 多頭飼い

寒いから 2008年10月06日

昨日から英国カモシカはベルギーに出張。
本当なら1泊して帰宅する予定が、今回の交通手段として予約していたユーロスターがストライキを決行してしまい(-▽-)、帰宅予定日の本日の列車は全てキャンセルされてしまいました。がっくり

ということで、急遽ベルギーに2泊することになり、帰宅は明日の深夜近くになりそうです。
ストライキの原因は、ベルギーの交通会社がストを決行するかららしいんだけど、ユーロスターなんて国際列車なんだからちゃんと走らせてよ~~~。(T_T)
ストと言えども利用者のことを少しは考えてくれる日本の会社って親切なんだなぁ・・・と思います。^^;

そして
ぅううう・・・寒いです。
10月初頭だと暦上は秋のはずなのに、もう秋とは思えない寒さです。
今までガス代が勿体無くて暖房(家中を暖めるためのセントラルヒーティング)は入れてなかったんだけど、さすがに寒くて風邪気味になってしまい、今はリビングのガス暖炉にのみ火を入れて1部屋に篭ってます(笑)。

もちろん猫たちも寒いから、家の中で唯一暖かいこのリビングに集合。

雪ちゃんは今日も特等席を確保です。
気持ちいい

雪ちゃんは、1日に20時間くらいはこの暖炉の前で過ごしているんじゃないか? と思うほどとここから動かないんだけど、暇さえあれば暖炉の火をジーッと見つめてます。
目が悪くならないのかしら・・・とちょっと心配。^^;
火

そしてグンタは特等席2つ目、暖炉の前に置かれた椅子の上に陣取ってます。花

この椅子は本来は2階に置いているものなんだけど、床のニス塗りが全て終了する前に英国カモシカがベルギーへと発ってしまったのでまだリビングに置かれたままになっているもの(汗)。
寝る

グンタくん・・・寝る時は目をキチンと閉じましょう。
怖いです。(-_-;)

そして実は、この椅子のことを気に入っているのがターディス嬢。
しかも今は暖かい暖炉の前に置かれているから更に魅力的らしい。

そこで、椅子を横取りするためグンタに攻撃を仕掛ける。
攻撃

でもグンタはいきなりの攻撃には慣れっこになっているので(タマのおかげで^^;)、ターディス嬢ごときのパンチは気にもならない様子(笑)。

パンチ返し!
防御

そのまま椅子を守り抜きました。
強くなったねぇ、グンタ。^^

そして英国カモシカが居ない今、タマは私の体を湯たんぽ代わりに使うことに決めたそうです。
リビングのソファーに座っているといきなり膝の上に乗ってきてビックリ!
タマが私の膝の上に乗ってきたのなんて何年ぶりのことかしら(笑)。

嬉しくて頭を撫でてあげようとしたんだけど・・・

   『ウゥゥゥ~~~~~

というお返事だったので、そのまま大人しく私は 人間湯たんぽ に徹しました。 ̄□ ̄

猛獣を膝に乗せている気分は、スリル満点です。^^;
2008年10月06日 | Comments(5) | Trackback(0) | 多頭飼い

なんちゃって日本の味覚 2008年10月05日

先日、近くのファームショップで見かけたカボチャの一種と、最近の強風のおかげで庭にある洋梨の木から地面に落ちてしまった大量の梨たち。
かぼちゃ

どちらとも、なんとなく日本のカボチャと梨を彷彿させます。

イギリスで売っているカボチャはハロウィーンでお馴染みのオレンジ色のカボチャなんかが一般的。
それ以外にも何種類かあるんだけど、どれも水っぽくて日本のカボチャと同じ方法で調理してもべっとりしてしまってホクホクにはなってくれない。sc07

でも、今回ファームショップで見かけたこのカボチャは、見た目はかなり日本のカボチャです。
今回は煮付けにするのは怖かったので、とりあえず水分が飛びやすいようにオーブンでローストしてみたんだけどホックホクの仕上がり。!にっこり
かなり日本カボチャに近いかも~~~♪
でも残念なことにこのカボチャは普通にスーパーでは売ってないので、このカボチャの種をキープしておくことにしました。^^
来年になったら種を蒔いてみる予定。

そしてこの梨なんだけど、実はこの家の前の住人たちに

 『この梨は硬くて不味くて食べられないわよ。
  料理しようとしても、何時間煮ても柔らかくならなくて捨てるしかないから。』


と言われていたもの。
でも、かなりの数の梨が鈴なりになっているし、大量の梨も地面に落ちてしまっているし、なんだか勿体無くてその中の1個を電子レンジで2分間ほどチンしてみました。

・・・かなり柔らかくて甘いです。
何時間煮ても柔らかくならない・・・?ソ猝ヨ
ウソつき~~~!
試してみて良かったわ。^^

ついでに、大きい梨は調理せずにそのまま齧ってみました。

これは!!!  日本の梨!?

水分は足りないものの、味はかなり日本の梨に近いです☆
なぜ

 『不味くて食べられない』

のか、私にも英国カモシカにもさっぱり理解できず(笑)。

ま、 この家の前の住人 = 先住猫の飼い主  なので、あの人たちの言うことは当てにしないのが1番なのかも。(-m-)

確かに、イギリスで一般的に売っている柔らかくて甘い洋梨に慣れていると 不味い のかもしれないけど、私も英国カモシカもこんなに美味しい梨の木が庭に生えていることが分かって大興奮です。

これで、なんちゃって日本カボチャ と なんちゃって日本梨 が簡単に食べられることになりました~~(笑)。
幸せ~~~~。
2008年10月05日 | Comments(8) | Trackback(0) | 食べ物

日向を求めて 2008年10月03日

2階の床作業は思ったよりも早く進んで、もしかしたら明日にもニスを塗り終えて完成することができるかもしれない!? という状態まで進みました。
現在、全てのヤスリかけは終了して、あとはニスを3重重ねにして塗れば作業終了です☆
良かった。^^

そして、昨日からイギリスはかなり冷え込んできて、とうとう秋を通り越して冬の到来のようです。(-_-;)
まだセントラルヒーティングは入れてないんだけど、昨夜はあまりにも寒かったので今秋初めてリビングのガス暖炉に火を入れました。

早速、人間よりも先に暖炉の前に陣取ったのは雪ちゃんです。汗
火入れ
まぁ、脂肪は冷えるというし(笑)、特等席をお渡ししました。^^;

そして今日も午前中はかなり寒くて、猫たちは家の中で日向を求めて彷徨う。猫足
日向

2階でいい場所を見つけたターディス嬢だけど、この部屋は雑巾掛けをしたあとで床にニスを塗る予定の部屋だったので、この直後に罪悪感を感じながらも出て行ってもらったんですが(汗)。
ごめんよ~~~。

そして、やはり同じく2階の廊下の陽だまりで舌出しをしていたタマ(笑)。
タマ

気持ち良さそうだったんだけど、やはりこの廊下もこの後でニスを塗る予定だったので丁重にお願いして移動していただきました。 ̄□ ̄

その後、このタマの場所を密かに狙っていた雪ちゃんがすかさずやって来たんだけど・・・
床

ごめんよ~~~、雪ちゃん。(>_<)
さっさとニス塗り作業も終えたかったし、雪ちゃんも含め、皆にゃん1階に移動してもらいました。^^;

秋~冬場にかけては2階の方が日当たりも良くて暖かいので、早く床作業を終えて猫たちにも陽だまりを楽しんでもらいたいもんです。
2008年10月03日 | Comments(3) | Trackback(0) | 多頭飼い

避難場所 2008年10月02日

まだまだ、カモシカ家の2階の床のヤスリかけは続いてます。
1階のリビングに、2階に置いていた物が散らかっている生活にもさすがに嫌気がさしてきたし、家中に木屑が舞っている状態も困るんだけど、こればかりはもう我慢するしかないです。うーん

レンタルしていた業務用のヤスリかけの機械で大まかな部分は済まして、今は家にあったコンパクトサイズのヤスリかけの機械で仕上げをしている真っ最中。

今現在の床はこんな感じ。
床

元の床には焦げ茶色のニスが塗ってあったので、今はそれを取っているところ。
床が明るい色になっただけで、部屋全体も明るく見えます。^^

そして今は人間用ベッドも解体していて、夜はマットレスを床に置いて寝ている状態。
猫たちはいつもと違う配置に興奮しまくりで、自分の目の高さにマットレスがあるもんだから皆にゃんでマットレスの上に陣取って楽しんでいる様子。^^;
夜は、酷いときだと 猫4匹+人間2人 がダブルベッドに寝ているのでかなり窮屈ですが(笑)。

英国カモシカは忙しかった仕事が一段落ついたとのことで、本日は仕事の休みを取ってベッドルームのヤスリかけの仕上げをしてます。

おかげで、いつもなら私たちのベッドルームで昼寝をするのが好きなターディス嬢はご機嫌斜め。怒り
部屋から出たくないもんだから、部屋の中に居座ってますが・・・
クローゼットの上

実は彼女がいるのはこんなとこ。
避難場所

クローゼットの上に逃げて、何がなんでも動かないつもりらしいです。^^;

でも今使っているコンパクトサイズのヤスリかけの機械も、サイズは小さいとは言え騒音はかなりのもの。
それを使い始めたとたんに、さすがのターディス嬢も部屋から飛び出していきました(笑)。羅琉 満足

ヤスリかけはあと2日もすれば終了すると思うんだけど、それが済んだら今度はニスを塗らなければならないので、まだまだこの不便な生活は続く予定。(-_-;)
2008年10月02日 | Comments(2) | Trackback(0) | イギリス生活

完成~~~♪ 2008年10月01日

去年の11月に仕込んだ味噌が出来上がりました♪
今年の6月に味見したとき(≫味噌のチェック) と比べて、見た目もグーンと味噌らしくなってます。*^0^*
味噌


英国カモシカも 『その臭いものをどうにかしてくれ´д`トホホ』  と言うほど、香りもかなり味噌らしくなってますが(笑)。 ←英国カモシカは味噌嫌い

しかし・・・今の私は味噌をあまり食べたくないんです。がっくり

あー・・・なんてことなんだろう。
妊娠前は日本食大好きだったのに。
たくさん味噌を食べられるように、と味噌まで仕込んだのに。(-_-;)
しかもかなり大量に。汗

最近は色んな食材を食べられるようになったのに、今も体が受け付けてくれない食べ物リストの中にはしっかりと

  味噌&梅干し  が入っております。。。汗

どちらもかなり基本的な日本食材なのにー(涙)。
あと少しすれば味覚も元に戻ってくれるかも?? と期待していたんだけど、今の調子だとどうも無理そう。^^;
おかけで、この出来上がった味噌も今はほとんど食べられないかも?(-◇-)

でもこのまま室温で放置しておくと醗酵が進んでしまうので、これからは全てタッパーに移し替えて冷蔵庫で保存することにしました。

あまり食欲はなかったんだけど、まずは味の確認ということで味噌煮込みうどんを♪
うどん
味噌の味を味わうには味噌汁がいいんだろうけど、今の私にはあまりにも 「味噌らしい味」 で無理だと思ったので(汗)、うどんで味噌の味を誤魔化しました・・・。

なんて、以上のようなことを思いながら食べてみて・・・

一口食べて  『うま~~~~!!!』  と叫んでしまうほど美味しかった(笑)。
手作り味噌、凄いです。
本当に美味しいです。
その上、完全無添加で安心♪

“手前味噌” って言葉も納得です(笑)。
味噌の美味しさが分からないなんて、可哀想な英国カモシカ。
おかげで味噌は独り占め~~(笑)。

味噌好きの皆さん、これは是非とも挑戦するしかないですよーー!!!
本当に、市販のものとは比べ物にならないくらい美味しいです!!
これなら今の私でも食べられる(笑)。^^

イギリスで入手可能な大豆と塩で作ってもこんなに美味しいなら、日本で麹も大豆も塩もじっくりと吟味して作ればもっと美味しいはず!

ちなみに、けっこう甘めのお味噌でした☆
6月に味見をした時はもう少し塩辛かったので、熟成して甘みが出たようです。^^
私の実家辺りの味噌は甘めなので、かなり好みの仕上がり。
自家製味噌は市販のものよりもカスが出やすいので、気になる方は味噌漉しを使って味噌を溶くと良いかも。
私はそのままカスも食べちゃいますが。^^

出産後には味覚が元に戻ってくれることを願って、12月頃には自家製お味噌第2弾として 麦味噌 を仕込む予定(今回のは米味噌)。

ちなみに、甘めの味噌にしたい場合は麹の量を若干多めにすると良いそうです。
麹の量が多いと味噌の出来上がりも早いので、出来上がりを待ちきれない方にも良いかも(笑)。
冬場は味噌を仕込みやすい時期なので(カビなどが生えにくいから)、味噌作りに挑戦してみたい方は冬(12~2月頃)が狙い目です。^^
2008年10月01日 | Comments(3) | Trackback(0) | 食べ物
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。