スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

男の熱過ぎる友情 2008年09月28日

今週末は、2階の床にヤスリを掛けているのでとってもウルサイです。
しかも使っている機械は業務用のものなので、騒音もかなりのもの。
お隣さんには、最初に謝っておきました。^^;

その音が怖かった猫たちは当然のようにみんな1階に集合していたんだけど、外は相変わらずの天気だったので仕方なく1階で音に耐えることにしたらしい。

グンタ、聞きなれない音にかなり緊張してます。
緊張
そして、意外と平気だったのは雪ちゃんとターディス嬢。
2匹とも平然とした顔で昼寝なんてしてました笑)。

グンタは猫タワーのハンモックに入ったきりだったんだけど、そこにいつものように 邪魔 をしに来たのはタマ。(-_-;)
邪魔

グンタが使っていたのは猫タワーの2段目部分だったので、タマのお気に入りの最上段は空席。
空いているんだからタマもそこを使えばいいのに、なぜかグンタの入っていたハンモックに割り込みデス・・・。うーん

とりあえず最初はグンタの毛繕いでも♪
舐める

しかし・・・グンタは全く嬉しそうではありません。
というのも私と同じく(笑)、この先の展開を予想していたからからかな?猫足
イヤ

タマもグンタも、普段はかなりの仲良しです☆
グンタはタマの事をとても慕っていて、暇さえあればタマの後を付いて回っては甘えているほど。
本当に傍から見ていても羨ましいほどの仲良しなのは間違いないんだけど、タマはかなりの自己中です(笑)。

グンタが使用中の場所を横取りしたい時はこうやって、まずは毛繕いをしてご機嫌取りをし・・・
それでもグンタが場所を譲らないと別の行動に。羅琉 満足
危険

うーーーん、タマ、それはちょっとやめて欲しい(笑)。

いつもは毛繕いの後にタマがグンタの耳に噛みついて、それで嫌気のさしたグンタが場所を譲るという展開のことが多いんだけど、今日は2階からの騒音もあってハンモックからは動きたくなかったらしいグンタ。
タマのことは無視してハンモックに居座ってました。^^;

最終的にタマが取った行動が上の写真です。(-m-)
グンタも最初は目で私に助けを求めていたんだけど、ここは猫同士のことなので私が介入するのは間違っていると思い(^^;)、とりあえず見守ることにしました。

そしてグンタ、無表情になる。
無視

何をされても抵抗することなく、とことんタマのことは無視。^^;
あっち行って

あの手、この手を使ったタマだけど、今回ばかりはグンタは場所を譲ってくれないことを理解したようでそのまま去っていきました。
そしてグンタは、全く戦うことなくして勝利(笑)。
よくやったグンタ!!羅琉 喜

毎日のようにこんなことをされてるのに、それでもタマのことが大好きなグンタ。
男の友情は熱いです(笑)。
スポンサーサイト
2008年09月28日 | Comments(5) | Trackback(0) | 多頭飼い

作業開始 2008年09月26日

今日も雪ちゃん、庭に出ることなく窓際で外の雰囲気を楽しんでます。^^;
窓際

そして・・・なぜかお疲れのようです。
何もしてないのにね。^^;
お疲れ

そして庭では、ちょっと珍らしいグンタとターディス嬢のツーショット。
2匹

私も雪ちゃん同様、私もここ最近はちょっと疲れ気味で何もする気が起きずでした。汗
でも今週の頭辺りから 胎動?? と思われるものを感じ始めました。^^
助産婦さんには

  『キックは感じた?』

と質問されていたので、私はてっきり胎動ってものは “蹴られる” ことだと思っていたんだけど(笑)。
でも、実際に私が 「もしかして・・??」 と思っているものは、何かが下腹の辺りでウニョウニョ動いている感じのもの。

強いて言えば 蛇がウニョウニョ動いてる感じ(笑)?

1日に何度か感じるようになったし、もしかしてこれが胎動ってものなのかしら?^^;
ちなみに、18週目に入って2日目くらいに初めてウニョウニョを感じました☆

そして、私の体調も波はあるものの、比較的落ち着いてきているのでこれまでやってなかった 片付けなければならないこと に取りかかることに。

私たちが今の家に引っ越してきてから最初の3ヶ月は、例の先住猫騒動のおかげで家のことは何もできず(キレイにしても、どうせオシッコ掛けられてたので ̄□ ̄)、先住猫たちが居なくなったと思ったら私の妊娠が発覚。(-_-;)

そこからは全ての作業が停止してしまってました。
この家に引っ越してきた当初、この家の床は全て絨毯張りで、最初にした作業は家中の絨毯を剝ぎとる作業でした。
その後、1階はフローリングの床を入れてなんとか完成。
でも2階の作業に取りかかろうとしていた矢先に私が妊娠してしまったため、これまで何もできずにいました(汗)。

でも子カモシカが産まれてしまったらもっと時間がなくなってしまうだろうと思われるため、明日から2日間は2階の手入れをすることに。
と言っても、英国カモシカにほとんどやってもらうことになるんだけど(笑)。

2階の床はこの家が建てられた当初のままの板の床で、かなりペンキが付着しているものの保存状態はまずまず。
そこで、週末にかけて業務用のヤスリをかける機械をレンタルして床を掃除する予定です♪

その作業に取りかかるにあたり、今は2階にあったものをどんどんと1階に移動させてます。
先日の大量のリンゴたちがやっと片づいたっていうのに。^^;
梯子
これ は、2階の窓から外が見渡せるようにと猫用に設置していた古い脚立。
今はどーんとリビングに置かれてます。汗

その下では、今日もキャットニップに夢中のグンタが。仁くん
キャットニップ
なかなか物が片付いてくれないカモシカ家です。(>_<)

姉弟の関係 2008年09月23日

ここんとこ何も買ってあげてなかったんだけど、久々に猫用にキャットニップのおもちゃを買いました。

キャットニップ入りの鳥。
キャットニップ
渡したとたんに雪ちゃんがかぶりつき、すでに見事に穴だらけになってしまってますが(笑)。

今日はグンタが大興奮でかぶりつき☆
とり

興奮

うちの子たちはどっちかというとマタタビの方が好みなんだけど、久々に嗅ぐキャットニップの匂いはやっぱりたまらないらしいです。
そして、そこにやってきた雪ちゃん。

雪ちゃんはグンタを見るとチョッカイを出したくて仕方ないらしくて、最近はいきなり飛び付かれたり噛みつかれたりして災難なグンタ。^^;
普段が普段なだけに、いきなり現れた雪ちゃんに鳥さんを取られるんではないか?? とかなり警戒している様子です。
雪

普段ならここで姉弟喧嘩が勃発するところなんですが(汗)、今日の雪ちゃんはキャットニップは弟に譲ることにしたらしい。花
せっかく構えていたのに何の反応もなくて、ちょっと拍子抜けのグンタ(笑)。
取らない
最近のこの姉弟の関係はどうも微妙で、グンタがタマとばっかり遊んでいるから雪ちゃんは寂しいらしい。
昔はいつも一緒に遊んでいたから。

だから雪ちゃんはグンタを見かけるたびにチョッカイを出して気を引こうとしているらしいんだけど、どうもそれは逆効果。^^;
グンタにはかなり嫌がられてます(汗)。

女の子は女の子同士ってことでターディス嬢と遊んでくれればいいんだけど、ターディス嬢は

 『猫友達なんて私には必要ないわ。

というクールな猫なので(^^;)、必然的に雪ちゃんは私と遊ぶか、1人で遊ぶことになってしまってます。
多頭飼いの難しいところかなぁ。うーん
2008年09月23日 | Comments(8) | Trackback(0) | 多頭飼い

リンゴたくさん 2008年09月22日

週末は、今年は夏がやってこなかったイギリスにとって(笑)、久々の夏日となりました。
夏日といってもすでに9月も下旬に差し掛かっているので季節感は全くなしだけど(笑)。

そんな週末、英国カモシカは近くの学校に出向いてリンゴ狩りをしていました。
うちの周辺はその昔はリンゴ農園がたくさんあったことで有名で、今もその時代の古いリンゴの木がたくさん残ってます。
でもそのほとんどは誰にも手を加えられることなく放置されたままになっていて、毎年のように大量のリンゴが生っては誰にも食べられることもなく地面に落ちて腐ってしまっている。

英国カモシカは環境保護活動なんかにも関わっていて、この無駄にされるリンゴを収穫して一般に無料配布しようという試みを始め、何人かの人たちに声を掛けて回って今週末には学校側の許可も得て、この学校内にあった手付かずの 元リンゴ農園跡 に出向いて来ました。
狩り

とりあえず私はカメラマンとして出動するように、とのことだったので同行。^^;

英国カモシカ以外にも何人かがボランティアとしてリンゴ狩りに参加していたんだけど、私は妊婦ということで、体のバランスを崩して落ちたら危険なので梯子に登ることは禁止。
収穫したリンゴの箱もかなり重かったので、それを運ぶことも禁止されました。
仕方ないので、手の届く範囲内に生えていたブラックベリーの実を採っていたんだけど・・・
ボランティアの女性の1人にこんなことを言われた。

「ねぇ、何も運んでくれないの?
あんたはいいわよね。
まだ産まれてもない赤ちゃんの世話するって理由でさぼれるんだもんね」


別に好きでさぼってるわけじゃないし、最初からカメラマンとして参加するように言われてたんだけど。
もう頼まれても、2度とこの人たちとは会いたくないな・・・。汗

収穫されたリンゴは近所のカフェやボランティアグループなどに無料配布して、残りは昨日、英国カモシカと共に親子連れなどで賑わう大きな広場に出向き、希望者に無料配布してきました。

『スーパーで売ってるやつよりも美味しいねぇーにっこり

と言ってくれる人も多くて、英国カモシカ大喜び(笑)。

こちらはこれから地元の学校の調理実習用とジュース作り用、そしてボランティアグループに配布される分です。
まだまだたくさん。^^;
りんご1

りんご2

最初は外の物置に保管しておこうかと思ったんだけど、物置だと時間帯によっては気温が高くなりすぎてリンゴが痛んでしまいそうだったので急遽、家の中に保管されることになりました。
おかげで、家中がリンゴの香り(笑)。
そして、目の前にこんなにリンゴがあるとついつい手が伸びてしまってツマミ喰いも増えて困る。

リンゴの種類も4種類あって全て食べてみたんだけど、鮮度がいいからどれも美味しい~~!
もう何年も放置されていた過去のリンゴ農園で採れたものなので、もちろん農薬なんて使用されてない。
認定は受けてないけど、オーガニックのリンゴたちです♪

ご近所にも大量に配ったんだけどそれでも余ってて、うちでも当分の間はリンゴメニューが続きそう(汗)。
今は2日連続でリンゴとブラックベリーのクランブルが続いてて、美味しいんだけどカロリーが心配。猫足

グンタもいきなり現れた大量のリンゴにびっくりしながらも、部屋の隅に追いやられたベッドを探しあてたようです(笑)。
グンタ

リンゴの香りは好きかい?グンタ。^^;
2008年09月22日 | Comments(10) | Trackback(0) | イギリス生活

運動不足解消に・・・ガブリ 2008年09月19日

毎日のように誰かが使っている、うちの新猫タワーです。
今日の使用猫はグンタ。
相変わらずトップのハンモックがお気に入りらしい。
興味あり
その下では、今までにまだ ただの1度も このタワーを使ったことのない雪ちゃん。^^;

タワーのことは気になっているらしいんだけど、絶対に登ることはないんです(汗)。
もしかして、体が重すぎでジャンプできない・・・?? ̄□ ̄

そのうちタワーで寛ぐのにも飽きてきたらしくグンタは着地を試みたんだけど、ジャンプの方向を間違えてます。 
ジャンプ

下で待ち構えていたのは雪ちゃん。^^;
ガブリ
ちょっと写真がぶれてしまったんだけど、ガブリと後ろ足を掴まれてます(笑)。
あー・・・だから雪ちゃんは、いつもグンタにシャーシャー怒られてるんだなぁ、と納得。うーん
グンタも災難だわ(笑)。

こういう運動ではなく、ちゃんと2匹で追いかけっこでもしてくれれば雪ちゃんのダイエットにもなるんだろうけど。^^;

その後の雪ちゃんは、やっぱり昼寝。汗
今日は箱猫で昼寝です。
箱猫
でも、その箱は私が使おうとしてたものなんだけども・・・。(-_-;)

寝る
雪ちゃんの体の重みで、箱が完全に潰されてます(汗)。
2008年09月19日 | Comments(6) | Trackback(0) | 多頭飼い

ビリーくんファン 2008年09月18日

先日のビリーくんですが、本日また遊びに来てくれました~~~。
いやん、もう本当に可愛いです。
ビリー
そして、なぜビリーくんが遊びに来たことに気付いたのかというと、庭で

 『ぉわ~~~~ん、ぅお~~~ん

というタマの鳴き声が聞えたから。^^;

でも、タマは自分がイケナイことをしているというのは知ってます(笑)。
それまでビリーくんの顔ギリギリまで迫っていたのに、私が庭に出た途端にこうです。
タマと
しかし、私は見てました。
タマを完全無視し、悠々と前足の毛繕いをしているビリーくんに向かって、タマが鼻づらを近づけて

  『ぉわ~~~~ん


と叫んでいたところを(笑)。

タマ・・・みっともない。(-m-)
そして、こうして見るとビリーくんってターディス嬢の雰囲気に似てるような気が。。。
これは、更にタマには勝ち目なさそうな予感がします(笑)。

そして私と一緒に庭に出てきた雪ちゃんもビリーくんを発見!
雪ちゃんと
実はこの2匹がどう反応するか、私はかなり楽しみでした。^^
おっとりの雪ちゃんと、ぽわ~~んのビリーくんだし。

顔合わせをして。。。
その後、もう少し接近♪
接近

ビリーくん、どうしても雪ちゃんと遊びたいらしくて前足を出して雪ちゃんの顔に触ろうとしてました。
うぅぅ~~~、可愛すぎます、ビリーくん。
前足

タマもさすがに私と雪ちゃんの前でビリーくんに威嚇はできなかったらしく、大人しく後ろで待機してました。^^;
3匹
タマが居なかったら脱走防止フェンスのこちら側に入れてあげるのにー!
いくらなんでも、こんなに純粋な子をタマの餌食にはしたくないので無理ですが(汗)。

ビリーくんはやっぱりまだ若いから、他の猫たちと遊びたくてたまらないんだろうなぁ。*^0^*
こうやってうちの庭にやって来るのも、ここに来ればとりあえず誰かに会えるのを分かっているからなのかな?

そして本日ですが、私も日本からのお客様とお会いしました☆
おまけにお土産もこ~~~んなにたくさん頂いてしまいました。
おみやげ

日本の梨~~~!!!!
私の大好物です。
まさかイギリスでお目にかかれるとは思ってもいなかったので感激☆
そして生の讃岐うどん!
1杯目は生醤油、2杯目は釜揚げ、そして最後にまた生醤油で、とあまりの美味しさにおかわり3杯もしてしまいました(汗)。
旨すぎです。

本当にありがとうーー!!!
日本の味をしっかりと堪能させて頂きます。^^
2008年09月18日 | Comments(7) | Trackback(0) | 多頭飼い

まだまだ警戒態勢 2008年09月17日

先日のビリーくんの訪問により、タマ王国では警戒網が引かれています。羅琉 満足
警戒体勢
4にゃん揃って庭で待機。
タマが座っているテーブルが傾いているのは、ここ最近は雨ばかりなので木製のテーブルの上に水が溜まって腐ってしまわないように、テーブルの足の下に石を置いているからです。^^;

みんな脱走防止フェンスの外を見つめて監視を続けているというのに、よーく見ると雪ちゃんは・・・・

羊
これは、牧草を食べる羊さんでしょうか?

いや、雪ちゃんでした(笑)。
雪ちゃん
雪ちゃんは警戒心なんてゼロ。猫足
タマなんて、ビリー君の訪問以来ピリピリして監視を続けているというのに。^^;
しかしあの日以来、ビリーくんは遊びに来ていませんが(笑)。

そして皆にゃんがまだ庭にいるというのに、さっさと帰宅して毛繕いを始める雪ちゃん。。。
まぐろ

・・・うーーーん。うーん
まるで水揚げされたマグロのようです(汗)。
ダイエットの効果はまだまだ見られません。(ー_ー;)
2008年09月17日 | Comments(4) | Trackback(0) | 多頭飼い

体の不思議 2008年09月16日

食料品の買い出しに、徒歩で近くのスーパーまで行ってきました。
イギリスのスーパーには日本のように 出来たて総菜コーナー なんてものはないので、食べ物の匂いで気持ち悪くなるってことも少なくて済むのが良いです。^^
ほとんどのものは、冷凍食品かパック詰めされた オーブン/レンジでチン♪ 商品ばっかりで匂いなし。^^;

最近は体調もまぁまぁだったし、体力も出てきてるので走ったりしなければ気持ち悪くもなることも少なくなっていたんだけど・・・

スーパーのレジに並んでいるときに、いきなり頭がぐるぐる~~~。
それと同時に強烈な悪寒と吐き気に襲われて、視界がぼんやりとなって、その後は聴覚も遠のき・・・

  『このままでは倒れるな

と思ったんだけど、私の前に並んでいた客はのんびりレジの人と世間話なんてしている。(-□-)
レジ台にしがみつき、財布の中のお金の勘定もできなかったので無言でデビットカードを差し出して清算。
かなり態度の悪い客ですが(汗)。

あとは買い物袋を掴んで、スーパーの入口に設置してある椅子に倒れこみました。。。がっくり
通り過ぎる人たちの視線がかなり痛かったんだけど、それなら誰か助けてよー。(T_T)
そのまま軽く30分は動くこともできず、英国カモシカ両親に連絡しようと思ったんだけど、ケータイ電話はうちの母親からの電話が怖くて持ち歩いてなくて、近くにも公衆電話なんてなし!!
悪夢の30分間でした・・・。(>_<)

帰り道にはちょっと座れるようなベンチも設置してないので、とにかく倒れないようにヒヤヒヤしながらも無事に帰宅。

低血圧の発作だったのか貧血だったのか。。。
はたまた、便秘しすぎの糞詰まりが原因(笑)?^^;

英国カモシカからは しばらくは1人で買い物には行かないように との通達が出てしまった(汗)。
また引き籠り生活なんてイヤ~~~ん。sc07

でも調べてみると、どうやら妊婦の眩暈はよく起こるとのこと。
今まで体力には自信があったので、なんだか自分の体が誰かに乗っ取られているような気分です・・・。

すでに妊娠17週目に入ったというのに、一体いつになったら体調が落ち着いてくれるんだか。。。
日本だと今の時期に 戌の日 とか言って安産祈願のお参りとかにも行くらしいけど、その頃には皆さん、体調は落ち着いているもんなんでしょうか?^^;

母体は弱ってても、その体からしっかりと栄養を吸い上げていく子カモシカ。(-◇-)
助産婦さんに言われた

 「赤ちゃんは寄生虫みたいなものだから」 

という夢のない言葉が頭に蘇ってきてしまいました。
確かにその通りかも(笑)。 
まぁ、元気なのは良いことです。猫足

可愛い訪問者 2008年09月15日

先日は、便秘に対するアドバイスをたくさん頂きありがとうございます。^^;
相変わらず便秘持ちです(笑)。
妊婦の便秘はホルモンバランスも関係しているし、胎児の成長に伴い、大腸やら胃やらが体の中で押し合いへし合いとなるため(笑)に起こるらしいので、かなりシツコイらしいです(汗)。
そして今日は、便秘に打ち勝つために便秘撃退 ひよこ豆メニュー です。羅琉 満足

☆レバノンのひよこ豆のコロッケ、ファラフェル
☆全粒粉配合のピタパン
☆ひよこ豆のディップ
☆ヨーグルトディップ
☆たっぷりサラダ

ファラフェル
豆類と野菜で繊維を取り、更に全粒粉でも食物繊維を取って、それに追い打ちをかけるヨーグルト(笑)。

ひよこ豆ディップだけは市販のものなんだけど、あとは全部自作しました。
イギリスで市販してるものだと、ファラフェルとはかニンニクた~~~っぷりで、気持ち悪くて食べられないので。^^;
ピタパンは初めて作ったんだけど、ちゃんとぷっくり膨らんで、中も空洞になってて感動~~~。
ピタパンって自宅で作れるんだ!! とびっくりです。

レシピはこちらから。

Cpicon ぷっくり膨らむピタパン by mipon

本来のレシピは普通の強力粉使用ですが、私はちょっと変更して全粒粉も投入。^^
ファラフェルもピタパンも大好きです☆

そして、このピタパンを作っている最中に庭に小さな訪問者がやって来ました。猫足
とりあえず、全にゃん揃ってお出迎えです。
私も作業は中断してカメラを抱えて庭へ(笑)。

でも、フレンドリーなお出迎え・・・・とはちょっと違うかも。うーん

ターディス嬢、奇襲攻撃の構え。

攻撃モード

でも実はビビりまくり(笑)。

怖い

とりあえず、雪ちゃんも今日ばかりは外が騒がしかったので 「何事??」 と庭へ出てきました。
雪

グンタも目線だけは鋭いんだけど、実はテーブルの上でビビってます(笑)。
グンタ

そしてタマ王国の王様、タマはすでに攻撃を仕掛けた後(汗)。
物影に隠れ、次なる攻撃の隙を狙ってます。汗
攻撃準備

そして皆にゃんが攻撃体勢に入った原因となったのは、こんなに可愛い訪問者でした♪

続きを読む "可愛い訪問者"
2008年09月15日 | Comments(11) | Trackback(0) | 多頭飼い

人力自動ドア 2008年09月12日

うちの女の子組は、あまり庭に出たがらない。
雪ちゃんに至っては、どんなに良いお天気だろうと断固として外出を拒否。(-_-;)
まぁ、白猫だから日焼けも心配だし、そこまで慎重になってくれるのなら安心だけど・・・
せっかく苦労して脱走防止フェンスも手に入れたことだし、ちょっとは庭を楽しんでもらいたいなぁと思います。汗

そしてターディス嬢。
彼女もそんなに庭に出たがるわけではないんだけど、一度勢いが付くと興奮するらしく(笑)よく外で突然ダッシュをしてます。^^;

そんな猫たちのために、庭への出入り用には猫ドアも用意されております♪
タマとグンタはいつもその猫ドアを使って、庭へ出たい時には出て行っている。
そしてターディス嬢は・・・
開けて
そこは人間用のドアで、猫ドアではありません。。。うーん

庭に出たいときは私のトコロまでやって来て 『ドア開けて~~~ と頼み、家に入りたいときはこうやって、人間が気づいてくれるまでドアの前に立ち尽くしている。
誰も気付かなければ、何十分でもこうやって家の中を覗き込んでます(汗)。

最初は猫ドアの使い方を理解してない? と思っていたんだけど、実際はそうでもないらしい。
庭に出ていても、ご飯の時間になるとちゃーんと猫ドアを使用して家の中に掛け戻ってくるので。(-◇-)

そして夜・・・。
私は妊娠してから酷い便秘に悩まされていて(汗)、便秘に効きそうなものを毎日片っ端から食べてます(笑)。
最近欠かさないようにして食べているのはプレーンヨーグルト。
実はこれ、猫たちの大好物なので私がヨーグルトを食べていると寄って来られて困る(笑)。
昨日は大きな容器のヨーグルトを食べ終わったので、中に残っていたヨーグルトは猫たちのオヤツになりました。^^;

グンタ、親分がヨーグルトの容器を舐めている間はひたすら待ちます。
ヨーグルト

そして待ちすぎて、ヘンな顔になる。^^;
どうした?

そんな時もターディス嬢は 外に出たい熱 が過熱していて、ドアを開けろと要求・・・。汗
開けろ
もう外は暗いし、できれば室内に居てほしいんだけどねぇ。。。。(汗)
そんなに出たいなら猫ドアってものもあるんだけどね・・・。(-_-;)

しばらく無視していたんだけど、あまりにもガラスをカリカリを引っかいて 『開けろ~~~!!』 と叫んでいるので、仕方なく開けてあげました。^^;

そして5分も経つとドアのところまで戻ってきて、今度は家の中に入れろと。がっくり

はいはい、外は寒かったね・・・。(-▽-)
入れて

これで気が済んだだろうと思っていると、いつも大抵5分も経つとターディス嬢はドアの前に戻ってくる。

『開けろ~~~~!!!!
出せ
なんで猫ドアを使ってくれないんだろう・・・。汗
おかげで、人間は ドアマン として働く羽目になってます。^^;
猫ドアの意味なし(笑)。
2008年09月12日 | Comments(13) | Trackback(0) | 多頭飼い

私は浦島太郎(-□-) 2008年09月11日

本日、mixiニュースを見ていてちょっと気になったこと。

イギリスで、9年間も行方不明だった猫がマイクロチップを装着していたお陰で飼い主さんと再会できた、という記事です。
RSPCA(動物保護団体) が住民の通報を受けて猫を保護し、マイクロチップの情報から飼い主を特定したらしいんだけど、私は

 『無事で良かったね~~~!花
  9年間も野良生活してたなんて辛かっただろうなぁ・・・』

という感想を持った。
でも、このニュースについて日記を書かれている方々の意見を見てビックリ(汗)。

「マイクロチップ売り込みのための、国をあげての宣伝では?」
「痛い思いをさせて、猫にチップを埋め込むなんてかわいそう」
「チップなんて埋め込まれて、ずっと監視されている猫の気持ちも考えろ!」
「チップなんて埋め込むから、飼い猫は家出したんだ」


などなど。
複雑な気分です。。。
私は今まで マイクロチップってなんて便利なの~~! という考えしかなかったから。

イギリスでは、飼い犬や飼い猫にマイクロチップを装着するのは普通のことで(猫にはそこまでしない人も多いらしい)、とくに動物保護団体から犬&猫を譲り受ける場合は、マイクロチップ装着は必須条件の所が多い。
保護団体の中には、マイクロチップ無料装着などのキャンペーンをしている所もあり。

そして、犬&猫(フェレットもだったかな?)連れで海外移住をする場合などにもマイクロチップ装着は必須条件だし、ペットパスポートなどを取得する場合も必須。

私個人の考え方としては、装着時の痛みは猫に避妊/去勢手術を受けさせている飼い主さんであれば責められないと思う。。。
手術の方がよっぽどか痛い!!(>_<)

うちの4匹はみんなマイクロチップ装着済みなんだけど、ターディス嬢を除く3匹は避妊/去勢手術時に、麻酔の効いてる状態で装着してもらいました。

ターディス嬢は生後8ヶ月でうちにやって来て、既に CATS PROTECTION により避妊手術はされていたため、うちにやって来てから麻酔なしでチップ装着。

装着方法は、注射器のようなものを使用してピアスの穴を開けるような感じです。
ちょっと痛がっていたようだけど、いつも悲鳴だけは大袈裟にあげる彼女なので痛みのほどは不明(汗)。
でも、ワクチン接種並みの痛みだったらしくて次の瞬間にはケロッとしてました。^^;
出血することも全くなしで、ワクチン接種とほぼ同じ感覚。
ターディス嬢
今も、彼女の首の後ろを触ると米粒大のマイクロチップに触れることができるんだけど、ターディス嬢自身は何も感じていないようで

  『う~~~ん♪ もっと撫でて~~』 

と喜んでます。^^;

マイクロチップの是非については・・これは文化の違いというか国柄の違いなのかなぁ。汗

私が思う、マイクロチップ装着の1番の利点は

もし無責任な飼い主がペットを捨てても、飼い主を追跡することができる


ってことでしょうか。

住所登録をでたらめにしてたら意味はないんだけど(汗)、これによって動物を捨てようとしている人が思いとどまってくれ、ただ捨てるのではなく、里親さんを探す努力をしてくれるようになるといいなぁ、と思う。
 面倒になったら捨てることを前提で飼っている飼い主さんは、最初からマイクロチップなんて装着しないかもしれないですが・・・。(-_-;)

そして、もしも自分のペットが迷子や行方不明になった時に、首輪は外れる可能性がある。
でもマイクロチップを体から掘り出すことなんて無理だから、動物保護団体や病院などで保護してもらえた場合には、今回のニュースのように再会できる可能性がグーーーンとアップする。

私は今まで、マイクロチップを装着するってことは ペットの自由を奪う目的 というよりはむしろ ペットを守る という意味合いの方が強いと思っていた。
マイクロチップが入っていたって、別に発信器とは違うんだから動物を監視することなんて不可能だし・・・。
私なんて1度は、首輪に小型発信器を付けて迷子防止策を練ろう、とまで考えたことありです(笑)。
そして、もしもの時にすぐにマイクロチップ会社に連絡できるように、4にゃんのマイクロチップ番号だけは財布に入れて持ち歩いてます。^^;

室内飼いしていてもふとしたキッカケで脱走されることもあるし、外の世界を知らない猫ほど迷子になる確立は高いと思う。
そして、ほとんどの元飼い猫たちは生き残れずに死んでしまうことになると思うので、マイクロチップで命が救える可能性があるのならマイクロチップ大歓迎! 

でも、国が違うとここまで考え方が違ってくるんだなぁ・・・と、自分も日本人なのに浦島太郎になった気分。がっくり
子カモシカも将来、自分が一体どこに属しているのか分らなくて悩むことが出てくるのかなぁ。^^;

イギリスでは、マイクロチップを読み取る機械を設置している施設が多いというのも、マイクロチップがここまで受け入れられた理由の1つかもしれないです。
2008年09月11日 | Comments(6) | Trackback(0) | 猫グッズ

だからキミは太る 2008年09月10日

本日は、助産婦による妊娠16週目検診でした。
検診と言ってもなんてことはなく、血圧計って、持参した尿に目の前で試験用紙のようなものを突っ込んで終了。
尿検査用のボトルは、持ち帰って水で洗ってまた使うように、とのこと。(-▽-)

そんなにガサツでいいのか!!
 と突っ込みを入れたくなったんだけど、イギリスではこうするらしいです。
前の血液採取のときも、皮膚の消毒はなかったしなぁ。(-m-)
政府の医療費削減のためなんでしょうか?^^;

ちなみに、体重測定や食生活に関する注意なんてものは全くなし(笑)。
私はつわりで落ちた体重が今も戻る気配がなく、今現在の体重は妊娠前よりも少ない状態なんだけど、それも

「赤ちゃんは寄生虫と同じだから。
 別に気にしなくても母体から適当に栄養を吸い取ってるから大丈夫よ」 


ということです。
寄生虫と言われればそうなんだけど(汗)。

ついでに、エコー検査みたいにゼリー状の物をお腹に塗ると、画像が見える代わりに音が聞こえる器具(なんていう名前なのかしら?)を使って赤子の心拍の確認もできました。^^

とりあえず今のところは全て順調らしいです。
次の検診は妊娠25週目。

  2ヶ月ちょっと先の11月の予定。汗

日本の検診回数と比べると、かなり放置されることになります。
まぁ、もうこんなもんだと諦めました。
体重管理とかは、日本のサイトを見ながら自分でします(笑)。

でも困ったことに、出産はウスターの病院でするように、とのこと。
ウスターの病院があまりにも恐怖だったので、本当はうちから40分ほどのところにある他の病院で産みたかったんだけど・・・

地元民以外は 「ハイリスク扱いになる妊婦しか受け付けない」 と言われました。
でも、ハイリスクの妊婦は受け入れるってことは、やっぱりこの病院の設備は整っていて信頼できるけど、ウスターはそうじゃないってことなんだろうな。うーん

そして、妊婦と猫との共存生活、何も問題なく順調に進んでおります。^^
今日は久々に雨が降らなかったので、ターディス嬢とグンタも嬉しそうに庭へ。猫足
外

池

グンタは最近、この麦の葉っぱがお気に入りらしい。
麦
ここには以前、野鳥用のエサを釣るしてあったので、その中の麦のいくつかが地面に落ちて自然に発芽したみたいなんだけど、今はグンタによって葉っぱがむしられて無残な状態になってます(笑)。

そして1番運動して欲しい雪ちゃんは、今日も室内で昼寝。(-_-;)
寝る

あくび

だから太るんです・・・。汗

ぶり返し 2008年09月09日

ここしばらくは調子が良くなってきたからこのままツワリ脱出かな? *^0^*
と思っていたんですが、数日前からまたつわりが復活気味。(-□-)

2日前は再び食欲も減退してしまい、吐きはしないんだけど1日中ソファーから動けず吐き気と戦ってました。
なぜかやけにオレンジや柑橘系の果物が食べたくなってきていたので 「ちょっとやばいかも・・・汗」 とは思っていたんだけど、どうも調子が悪いです。。。

ここ最近の調子の良さはつわりの中休みだったのか??がっくり

調子が良いなぁ、と思っていた最中も食欲はイマイチだったので、もしかしたら私の妊娠は

 妊娠期間中ずっと気持ち悪い

というパターンを辿るのかもしれない、と考えてもう諦めてます(汗)。

最近はこの キモチワルイ状態 が日常となって慣れてしまったし(笑)、吐かないだけまだマシなんだけど。^^;
とりあえず、人と会っている最中だけは気持ち悪さが紛れる程度にはなっているので、以前の状態に比べたら天と地の差!
以前は外出もできなければ、気持ち悪くて人と会話さえもできなかったです。^^;

相変わらずイギリス食は気持悪く、外食なんてしようものなら胃もたれ、胃痛、吐き気に悩まされるので自炊生活をせざるおえないんだけど、これはこれで健康的でお財布にも優しくて良いのかも(笑)。

そんな中、8日は私と英国カモシカの結婚2周年記念日でした。
体調はイマイチなんだけど、とりあえず無理しなければ外出はできるようになったので近くの町で出かけてきました。

ウスターからは車で約40分ほどの Ludlow という町。
昔ながらの建物もたくさん残っている、小さいながらも素敵な町です。
Ludlow

町並み

イギリスでは珍らしく(汗)この町は食べ物が美味しいことでも有名で、地元で取れた野菜やそれを使った料理などを提供している店も多い。
今週末には、ここでフード・フェスティバルも開かれます☆

それが理由で前々から Ludlow に行きたいなぁ と思っていたんだけども・・・
 
  食欲もほとんどなかったので食べ物は見るだけで ウプッ 状態。うーん

無念です。
しかもこの町には、この付近では本当に珍らしく日本人が経営している日本食レストランもあるというのに~~~~。(T_T)
もちろん、大金はたいても食べられなかったら意味ないので行きませんでした・・・。

ロマンチックにディナー なんてのは夢のまた夢。(-◇-)
あぁ・・・つわりの悪夢です。´д`トホホ

しょうがないので、とりあえずお城見学へ。
城
ノルマン時代のお城です。

城の風景

風景

去年の初めての結婚記念日は、英国カモシカ兄が私たちと同じ日に結婚式を挙げることにしてしまったため、そこに参列&カメラマンをしなければならなかったので何もできず。
そして今年は体調不良。sc07 

来年は、きっと子カモシカの世話に追われているんだろうなぁ。^^;

猫タワーでバトル 2008年09月07日

昨日ブログ更新をする予定が2日経ってしまいました(汗)。

ウスターは現在 また 恒例の洪水中。
川沿いの道路も水没しました。
でも、いつものことなのでニュースにもならないんだけど(汗)。

9月とは思えないほど気温も低く、毎日雨ばかりで猫たちも庭に出られず体力が有り余っていた中、猫たちにとってはタイミングよく注文していたものが届いてくれました☆

本当は3ヶ月も前に注文しようとしていたものなんだけど(汗)、私の妊娠が発覚、強烈なつわりも始まってしまったので

 『今購入しても、きっと組み立てる気力もないな(>_<)』

と思ったまま購入を延期していたものです♪

完成写真
完成
天井まで届く、巨大な猫タワー~~~!!!
ネット購入したもので、ドイツ製です。
うーん、さすがドイツだけあって機能性には優れてます。
ハンモック部分は取り外しできて丸ごと洗濯機で洗えるし、、天井部分にしっかり固定できる作りなので(肥満)猫4匹で使用したとしても安心♪

この家に引っ越して来た今年3月、なぜか以前の住人の猫2匹の世話をすることになってしまったのを覚えている方も多いと思うんだけど、あの先住猫2匹に何度もオシッコを掛けられて(T_T)、うちにあった小さな猫タワーはゴミ箱行きとなってしまってました・・・・。
やっと先住猫たちも居なくなり、2代目猫タワーの購入を考えいたところで私の妊娠が発覚してしまったので、そこから更に待たせることとなってしまい・・・
猫たちにとっては約半年ぶりの猫タワーの登場です。^^

組み立て最中から猫たち大興奮!
タマはさっさと組み立ての済んだ2段目ハンモック部分に居座り、英国カモシカが1番上のハンモックの取りつけをしている最中にも関わらず、ターディス嬢はさっさと

  『ここは私の場所

と頂上のハンモックに飛び乗り・・・
邪魔

タワー組み立て中の英国カモシカに怒られる(笑)。
怒られる
私は妊婦ということでタワー組み立ての手伝いは免除されました。
ちょっとお得(笑)。

そして、タワーの組み立て終了と共に、猫たちのバトルが開始される・・・。
タマ

続きを読む "猫タワーでバトル"
2008年09月07日 | Comments(12) | Trackback(0) | 猫グッズ

とりあえず☆ 2008年09月05日

コメントにお返事する時間がちょっとないんですが・・・汗

本日、これから友人の結婚式に出席するためにバタバタしてます。^^;
つわりが酷くて出席できなかったらどうしよう、と心配していたんだけど大丈夫そう。
焦ってしまった先日の出血騒ぎですが、あれからは出血もなしです。
お騒がせいたしました(汗)。

明日またゆっくり、全てのコメントのお返事をさせて頂きます☆

そして昨日うちに、念願の ブツ が配達されてきました。
巨大です!
こーんな形のものです。
作業中

猫たちも興奮中。仁くん
興奮
詳細はまた明日。
現在この ブツ のおかげで、うちでは猫たちのバトルが開催中です(笑)。
2008年09月05日 | 猫グッズ

手作り食再開 2008年09月03日

先ほどの出血騒ぎですが、英国カモシカの仕事帰宅後に滑り込みセーフで、閉める準備をしていたGPに乗りこんで来ました。

英国カモシカが

 『妻は妊婦で出血したと言っているのに、緊急用の電話番号にかけても医者の予約さえ取れない。
 どうしたら医者に会わせてくれるんだ!!!』


と受付の人に言い放ち、速攻で(なんと待ち時間、たったの5分!)医者に会わせてもらえました(笑)。
やっぱり、こういう時は男にガツンと脅してもらうのがいいのか?^^;

とりあえず、会えると言っても産婦人科の医者ではなくGPなのでエコー検査も何もしてもらえないんだけども・・・お腹を触って 「別に腫れたりはしてないね」 とのこと。
妊娠中の出血はよくあることだし、2、3日様子を見てまだ出血するようならまた来てくれ、ということでした。

あっけない・・・。猫足

とりあえず、出血が1回限りならば心配はないとのことでした。
ちょっと安心したので、本来アップする予定だった記事を。にっこり

昨日、約2ヵ月半ぶりに猫たちの手作り食を再開しました☆
いつもなら鶏1羽丸ごと(羽と頭と内蔵は取り除いてあるものです^^;)捌いて肉を解体するんだけど、ちょっとまだそれは生々しくて厳しかったので(汗)、ミンチ肉で済ませてしまった。汗

牛肉&七面鳥ごはん♪

ご飯
ターディス嬢は猫缶を食べてくれない我儘お嬢様なので、私が手作り食を作れなかった間はずっとカリカリだけを食べて生活していました。

カリカリの嗜好性は本当に素晴らしくて、中毒性もあると思われ(笑)、手作り食を始めた当初はカリカリを諦めてもらえるようになるまで随分と苦労した。
そもそも、ターディス嬢は神経質な上に膀胱炎を繰り返していた猫だったので、水分量も多く材料も調節できる手作り食を始めたんだけど、この2ヶ月間はカリカリのみの食事だったので膀胱炎の再発が心配でした・・・。

おまけに今回は2ヶ月もカリカリを食べ続けたので、彼女の嗜好性も元に戻ってしまっていて

   もしかしたら手作り食になんて見向きもしてもらえなくなっているんじゃ・・?(-▽-)

と心配していたんだけど、結果はこうです。花

みんなガッツク♪
たべる

ちなみに、タマだけは食欲いまいちだったので普通の猫缶を混ぜたご飯。
タマ以外はみんな手作り食です。

完食
ターディス嬢も見事に完食してくれて一安心。^^
1度手作り食を食べてくれるようになった猫は、簡単に手作り食復帰できるのかな?
まだまだ、毎日手作り食を作るのはちょっと無理だと思うので、ボチボチと再開していく予定です。

そして、さっさと自分のご飯を食べ終わった雪ちゃん・・・。
きっと彼女は噛まずに全てを丸飲みしていると思う(笑)。

プヨプヨしたお腹で、他の子を羨ましそ~~~に眺めてます。
まだ

たべたいの

くれ
そんな顔して私を見つめても、自分のご飯を食べ終わったら終わりです!^^;
2008年09月03日 | Comments(11) | Trackback(0) | 猫ごはん

汚い話ですいません 2008年09月03日

いきなり汚い話ですが・・・血便が出ました。(>_<)
それもかなりの鮮血。
・・・・痔?(T_T)
それにしては、全く痛みもなかった。

たぶん、お尻側からの出血だと思うんだけど。。。
なんだか自信がなくなってきた。

妊娠してから、ずっと便秘が続いていた。
そこで、この前の妊婦検診のときに乳糖ベースの妊婦も飲める下剤というのを処方してもらってました。

おかげでここ数日はお通じも良かったんだけど、ずっと下腹部痛があって、そして本日出血。
怖くなったので、抜いていた電話線をつなぎ直してすぐにGPの 「緊急用」 の電話番号に電話をした。
今回はちゃんと電話に出てくれたので良かったんだけど

 『もう午後なので予約は取りません。
  明日の朝、もう1度掛け直してください』


と言われただけ・・・。
緊急用じゃないの??? 
しかも、朝はいくら電話を掛けてもこのGPに繋がることはない。
常に通話中か、呼び出し音が鳴るだけで誰も出てはくれない・・・。sc07
運良く予約が取れたとしても、妊婦検診でさえ8日待ちだったので、今回もそのくらいは待つことになると思う・・・。

救急病院に行こうかと考えたんだけど、前回ウスターの救急病院に行ったときは

 『まずはGPに会ってください。
 GPが診察が必要と判断したら、また救急外来に戻ってきてください』

と言われて追い返された。(T_T)
そのGPに会えないから救急病院に行ったのにーーー。´д`トホホ

この前は、産婦人科が 「早急にエコー検査の必要あり」 と判断したにも関わらず、この総合病院ではたらい回しにされた挙句に “エコー検査拒否” をされて、約1週間も待たされた。

どうやって医者に会ったらいいのか、どうやって検査してもらったらいいのか、もう途方にくれてしまう。
怖くなって英国カモシカの会社にも連絡を入れたんだけど、ちょうど会議中で席をはずしていたので捕まらず。

 『帰ってきたら、折り返し電話するように伝えようか?』

と言ってもらえたんだけど、 英国カモシカの会社はその昔は国の統括下にあったため、今現在も電話回線は政府用を使用している。
おかげで、この会社からの外線電話は全て “番号非通知” と表示されているために、誰からの電話なのかは判別不可能。

困ったことに、日本からの国際電話も “番号非通知” と表示されてしまうので、母からの電話と区別はつかない。(>_<)

とりあえずしばらく電話線を繋いでおいたら “番号非通知” の電話がかかってきたため、その電話は無視して折り返し英国カモシカの会社に電話を掛け直してみたんだけど、まだ英国カモシカは会議中とのこと。

・・・・さっきの電話は、母親からの国際電話だったらしい。jumee☆Feel Depressed4
怖くなったので、また電話線を抜きました。
留守番電話は未再生のメッセージでいっぱいで、もしも英国カモシカがメッセージを残してくれたとしても、私にはそれを最初のメッセージから再生していく勇気はない。。。
きっと、母親からのメッセージで埋まっているはずなので。sc07

なんともなければいいんだけど、とっても心配です。(T_T)
下剤のせいで、腸が傷ついただけならいいんだけど・・・。
2008年09月03日 | Trackback(0) | 猫と妊婦の共存

電話線不通につき・・・ 2008年09月01日

母親からのストレス、悪化の一方です。
言うことは更にオカシクなってきて

『長い髪をしていると病気になるから切れ』 
『お腹の赤ん坊のことを悪く言うと、赤ちゃんがヘソの緒を首に巻いて自殺する』


なんてことも言ってました。

ロングヘアーの方、ご病気ですか(笑)?
私は妊娠前も病気じゃなかったし、今はつわりの名残りで気持ち悪いけど病気じゃないと思います。^^;
別にロングヘアーが特別好きなわけじゃないんだけど(^^;)、ショートだと頻繁に美容院に行かなきゃいけないし面倒なんだけどなぁ。
お金もかかるし!

お腹の赤子は、私が猫を家族として大切にしていると自殺するんでしょうか?(-▽-)
というか失礼!!
残念なことに流産なさって傷ついている女性に向かってこんな発言をしたら、皆さんどれだけ自分を責めて追い詰められることか・・・・。

迷信好きそうなので

  『猫を捨てると祟られて、子供が不幸になる』

とでも言ってやろうかと思ったけど、うちの猫たちがそんな酷いことをするだなんて、口にするだけでもおぞましい・・・。怒り
関係ないけど、水子の祟りとかも失礼な話だと思う。
自分の子供が誰かを祟るなんて、母親だったら考えたくもないだろうなぁ・・・。


・・・毎日、毎日、ホントに毎日、電話が掛ってきます。
平均して1日に5、6回、多いときは 2時間で20回 ということもありました。

昨夜はうっかり英国カモシカが電話を取ってしまい 「ニホンカモシカ、シャワー」 と英単語のみ並べて居留守を使ってもらって回避しました。
イギリス時間の夜9時過ぎ、日本時間は早朝5時過ぎだったので大丈夫だと思ったんですが・・・甘かったです。
ストーカー行為まっしぐら。
今回ばかりはどんなに脅されても、私に罪悪感を植えつけるような行為に出られようとも、母の要求は通らないということを早く悟ってほしいです。

週末もひっきりなしに電話が掛かってきて私も英国カモシカも気が狂いそうなので(今日はすでに15回を越えてます・・・)、本日、電話線はプラグから抜きました。
私個人のケータイも電源は切ってあります。
カモシカ家に御用の方はメールでお願いします。汗

*追記*
すみません・・・。
母からのメールが何通も届き、怖くてウェブメールを開くのも苦痛です。(T_T)
用事がある方は、できればここに鍵コメか、mixiの方へお願いします。
ブログの存在は知られていないのが救いです。^^;

母からの日本語メールを英国カモシカに翻訳ソフトで訳してもらって先に内容のチェックをしてもらい、ヘンテコな意味不明訳になってて2人で笑い転げ・・・・
たった1文しかないし、害のなさそうなメールだと判断したので私も日本語本文に目を通したんだけど、そこで血の気が引きました。
「このまま電話に出ないつもりなら、日本大使館に連絡して捜索願を出す」 との脅しのメール・・・。
私が無事なことは、昨日、英国カモシカが電話に出たことでも分かっているはずなので、わざとやっているとしか思えません。。。
英国カモシカに英語でメールを返してもらい 「猫を捨てる気はない」 ということを2人の意思として伝えてもらったんだけど、毎日がストレスで、これから先の妊娠生活も憂鬱・・・。(=_=)


うちの母親は、生まれてきた子供に

 「御婆ちゃんはお前のことが大好きで、お前の健康のために猫を処分してあげたんだよ」


と自信を持って言えるんだろうか?
私が子供だったら、自分のために猫が処分されたと知ったら心に傷を負うだろうな。

つわり中、横に寄り添って寝てくれる猫たち、トイレの中にも付き添ってくれるターディス嬢(笑)にどれだけ救われたことか・・・。
つわり中にありがちな鬱状態に陥ることもほとんどなく、週末も環境保護活動だなんだで出かけていく英国カモシカを横目で見ながら ̄□ ̄、それでもこーんな外国で毎日のように家に引き籠っていても孤独感を感じずに済んだのは猫たちのおかげです。

女の子組、羽のおもちゃでダイエット中
おもちゃ

ジャンプ

狙う

ジャンプ2

キャッチ

家の中に他の生き物が居る、1人じゃない、という安心感は、海外出張が多く外出がちな英国カモシカと暮らす上では本当に重要です。
猫によって害・・・ではなく、私の場合は猫によって得たものの方が大きいと思う。

迷信を信じ、これだけ妊婦と赤ちゃんの健康情報を気にする母ならば 妊婦にストレスは禁物 ということくらいよ~~~~く分かっていると思われる。
母親になると自分の母の有り難味が分かるというけれど、私は自分の子供にはこんな苦痛を味あわせたくはない・・・。

 『動物は汚い、触るな』

なんて発言を子供の前でする人間も、うちには立ち入り禁止です。
世の中、人獣共通感染症(ズーノーシス)よりも、人間から人間に感染する恐い病気が山ほどある。
イギリスの場合、病院に入院すると院内感染にかかるケースも日本より多い。
人間様の体は、どれだけキレイなんでしょ?(-m-)


もしも猫たちを処分したならば(そんなことはあり得ないんだけど・・・笑)、カモシカ家の至るところに飾ってある4にゃん+ビンクスの写真を見た子供に 「この猫はどこの猫?」 と聞かれても、私には答えることができない。
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。