05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

再始動 2008年06月27日

階段

この、妙な構図のターディス嬢の写真ですが、実は彼女が立っている場所は2階の階段の手摺りの上。
見ているこっちは、滑って落ちてしまうんじゃあないかと心配で心配で。^^;

そして、彼女がここで何をしているのかというと、2階の廊下部分の電気の付け替え観察デス。
設置

実は、最初はただ単にライトシェードの取りかえのつもりだったんだけど、購入したライトシェードをよく見てみるとただ取り換えれば良いタイプのものではなく、配線部分からの取り換えが必要なことが判明。(-▽-)

このライトシェードを購入したのは、この家に引っ越してきた直後で約3ヶ月前のことなんだけど、フラフィーのことなどもあり取り付けは先送りとなっていて、やっと今になって着手しました(汗)。

雪ちゃんも、何事かと階段の下で見守ってます。^^;
雪

私は電気の配線のことなんてさーっぱり分らず、英国カモシカの

  『このくらい自分でできるよ!』

という言葉を信じて設置を任せました。。。

約 24時間 が経過後、やっと設置が完了♪
完成

ちゃーんと電気も点灯して

  『うわ~~、配線も完璧にできたんだね~~!にっこり

などと私が言いつつ、2階の各部屋の電気も付けようとしたところ・・・全く反応なし。汗
全ての部屋の電気も試してみたんだけど点灯したのは1部屋のみで、それ以外で光り輝いているのは廊下の電気のみ。がっくり

しかも、2階の各部屋の電気のスイッチをオンにすると、英国カモシカが設置したこの2階の廊下の電気が点灯するという始末デス・・・。

どうやら、英国カモシカは配線をやり直しているときに何かの線を繋ぎ間違えたようで(汗)、2階の部屋の全ての電気のスイッチは、廊下の電気に繋がれたらしいです。(-▽-)

なんでも D.I.Y で済ませてしまうイギリスですが、失敗すると更に大変なことになることが多いのが現実・・・。 ̄□ ̄
次は、ちゃーんと資格を持った電気屋さんに頼むことになると思います。^^;
スポンサーサイト
2008年06月27日 | Comments(11) | Trackback(0) | イギリス生活

最近の姉弟喧嘩 2008年06月25日

週末は、ニッポンからのお客さんがやって来たり、昨日はマンチェスターからお客さんがやってきたりと、バタバタしていました。

そんな週末の先週土曜日、 やっと(^^;) フラフィーたちが居なくなったのでもう家具にオシッコを掛けられる心配もなくなり、今まで必要だけど購入していなかった家具を購入することに♪

と言っても、安くて大好き IKEAさん  の組み立て式家具に今回もお世話になったんですが(笑)。
北欧のデザインは大好きだし、IKEA内のレストランのミートボールも美味しいし(笑)、毎回大興奮デス。^^;

今回の掘り出し物はコチラ。
グレーの羊毛マット。
マット

以前、同じマットは購入していたんだけど、フラフィーにオシッコを掛けられるのがイヤで最近まで仕舞っていた白い物と色違いで、今回のはグレー☆
ちょうどIKEAはセール中で半額近くまで安くなっていたので、ついつい触手が伸びてしまった。^^;

白い羊さんは雪ちゃんのお気に入り。羅琉 喜
白

普段なら皮製品には手を出さないところなんだけど、羊毛ならOKかなぁ。。。
どうせ私も猫もラム肉食べるし、皮も無駄なく使用してほしいなぁ、ということで・・・。汗

雪ちゃんはこのフカフカで、なんだか自然の香りがする羊毛マットが大のお気に入りで、グレーのものにも興味津々。
せっかくグンタが気持ち良さそうに寝てたのに・・・

グン グンッ
喧嘩

・・・そんな巨大な体で前に立たれると怖いデス・・・。(-▽-)
グンタも頑張って怖い顔をしようとしてたみたいだけど、完全に迫力負け(汗)。

この後、姉弟喧嘩が勃発したんですが、なんとタマがジャンプして止めに入ったので2匹ともビックリして2階までダッシュで逃げて行ったために喧嘩終了~(笑)。

そして、もう1つのIKEAでの掘り出しものは、段ボール製の爪とぎ。
イギリスではこういう安くて便利なものを売ってないので、早速購入♪
でも、そのまま放置しておいても爪とぎとして認識してもらえなかったので、マタタビ粉末に登場してもらいました。
爪とぎ

でも、やっぱりマタタビ粉を舐めるだけで、爪をといでくれる気配はなし。がっくり

そして困ったことにこの姉弟は、マタタビが入るといつも悪酔いして凶暴になります。うーん
予想通りに今回も、グンタが雪ちゃんのものまで横取りしようとして・・・
取り合い

この後、またマタタビの取り合いで姉弟喧嘩が始まりました。^^;

マタタビ紛争の今回の勝者は、自慢そうな顔して 爪とぎの使い方を間違っている この子です。(-▽-)
勝者

しかも、爪とぎ2つを自分で一緒に並べてしまい、その上にふんぞり返ってしまったので雪ちゃんは全く使えず(笑)。
これは一応、上に乗るものではなくて爪を研ぐものなんだけどなぁ。(-_-;)
2008年06月25日 | Comments(13) | Trackback(0) | 多頭飼い

野生の目覚め 2008年06月20日

顔

本日も、洗濯籠の中で寝ているグンタです。^^;

どうしてそんなにこの中で寝たいのか・・・
最近はいつも私が洗濯籠を持って庭に出ると付いてきて、全て干し終わったのを見計らって中にジャンプ♪
手

そして、様子を見にきた雪ちゃんがチョッカイを出すと、姉弟喧嘩が始まります・・・。(-▽-)
喧嘩

雪ちゃんも手を出さなきゃいいのに(笑)。
今週は日本の梅雨時期と同じく(・・・というか、イギリスは年中梅雨状態かも ̄□ ̄、安定しないお天気が続いてます。

猫たちも庭に出るべきか室内に籠るべきなのか迷っているようだったので、ちょっと近くの公園まで散歩に行ったついでに “お土産” を持って帰りました。^^

松ぼっくり松
まつぼっくり

グンタは転がるものなら何でも好きなので(笑)、最初は犬のように松ぼっくりを転がしては遊んでいたんだけど、どうも興奮度が低くなってきたため次なる新兵器を。

山鳩の羽デス。
羽2

狩りをされるのは困るんだけど(^^;)、たまには野生の本能も掻き立ててあげなければ・・・とも思うので、地面に落ちていた山鳩の羽を拾ってきました。

これが・・・凄かったです。
タマが壊れました(笑)。
動きが早くて写真も撮れず・・・。(-▽-)
動き

地面に放置してた掘り立ての芝生の塊(果物の苗を植えたので掘り返した)があったんだけど、タマはその塊の後ろに隠れているつもりらしく(笑)、何度も手を出して ハト1 を攻撃。
興奮

攻撃

楽しんでもらえたようでなによりです。^^;

そして、今まで1度も本物の狩りをしたことがないグンタも、初めて匂いを嗅ぐ野生の山鳩の匂いには興味をそそられるらしいです。
羽

毎度のように、女の子2匹は家の中で待機中だったのでお祭りには参加せず(笑)。

こうやって見てると、やっぱりオスは外に出たがるんだなぁ、としみじみ納得。
うちでは断然、男衆が庭に居ることの方が圧倒的に多いです。
雪ちゃんに至っては、庭で過ごす時間は1日トータル5分くらい(笑)。
色白さんは皮膚ガンも気になるので、1日5分で十分なのかな。^^;
2008年06月20日 | Comments(9) | Trackback(0) | 多頭飼い

味噌のチェック 2008年06月18日

すでに去年のことになるんだけど、11月に味噌の仕込みをしたことを覚えている方はいるでしょうか?
    味噌の仕込み

本当は天地返し(味噌の上と下をざっくりと混ぜて裏返すこと)の時に写真を載せようかと思っていたんですが忘れてしまい(汗)、すでに7ヶ月が経過。。。
最短で、仕込みから半年で食べられるようになるということだったので、ちょっと味見も兼ねて味噌のチェックをしてみました♪

仕込んだときの見た目よりもかなり味噌に近付き、今現在の姿はこちら。
味噌

田舎味噌風な感じ?

色はちょっと薄めなんだけど、匂いも舐めてみた味も味噌そのもの!
着々と味噌に変化していっているようです。にっこり

そして今回の味噌を使って、とりあえずは味噌汁を作ってみました。
味噌汁

こうして味噌汁にすると、更に色が薄め。(>_<)
色は薄めでも、味はしっかりと味噌汁の味でした☆
でも、きっと秋頃まで待った方が美味しいと思われるので、もうちょっと寝かせる予定。

麹菌、エライ!!
今回使用したのは米麹なんだけど、先日、日本から両親がやって来たときに 麦麹 を持参してもらっていたので、今度は麦麹を使って味噌を仕込んでみる予定です。^^

食べられるようになるまで半年~1年という長い期間待たなければならないというのは、待つのが嫌いな私にとっては苦痛なんだけど(笑)。

そして、最近は天気が良かったイギリスですが、また気候は一転して肌寒いです。(-▽-)
半袖で外出なんてもってのほか!
昨夜は長袖にジャケットを着て外出しました・・・。

ますます、ブドウの苗が心配(汗)。

味噌の熟成にも気温は関係してくるらしく、一夏を越えたころから美味しくなるそうなのでもうちょっと暖かくなってもらいたいところなんだけどなー。汗

本日は気温が低いのに加えて風も強く、1日中小雨が降ったりやんだりのお天気。
雨

グンタもドアの前で立ち止まって、外に出ようかどうしようか悩んでいる様子ですが、雨が降ってるのに外に出ても濡れるだけなので結局・・・
つまんない

ということでした。

今日はみんな、家の中で大人しく過ごすことにしたらしいです。^^;
寝る

2008年06月18日 | Comments(8) | Trackback(0) | 食べ物

やっぱり箱猫 2008年06月17日

いつも凶暴(笑)なタマですが、そんなタマにもお茶目な面はたくさんあって他の猫たちと同じく

  やっぱり箱が好きです☆
箱好き

羅琉 喜と箱は切っても切り離せない関係。^^

今回も箱を見たとたんに飛び込んだタマですが、この箱の中に入っていたものはコチラ。
英国カモシカが組み立て中のブツです。
組み立て中

今のイギリスは日照時間がとても長く、夜10時近くまで明るいので夕方になると庭に出ることも多いんだけど、おかげで英国カモシカの物欲も高まってしまい(汗)

 『ブドウの苗を植えたい!!
  ブドウにはツルを支えるものが必要だから、庭にアーチも必要だ』


などと言いだし、購入してきた アーチ  ベンチ でございます。。。汗
まぁ・・・いいんだけど、なんだか庭に色んなものが出現してビックリしてる猫たちデス(笑)。

タマに至っては、この新しいアーチではなくて箱の方に興味津々。羅琉 満足

大喜びで箱の中に隠れて(隠れてるつもりらしい・・・、寄って来たターディス嬢を見て興奮中のタマ。
隠れる

“いつ見つけてもらえるのかな~~♪” 羅琉 喜

と期待の目でターディス嬢を見つめているタマですが、ターディス嬢は冷めた目でタマを見つめるのみです(笑)。
何してるの

そして、出来上がりはこちら。
出来上がり

ベンチ部分の左横にひっそりと植えられているのが、まだまだ小さなブドウの苗。ふるーつ☆Cultivation・ブドウ

確か・・・ブドウって猫にとっては  になるらしいんだけど(滝汗)、ブドウの葉っぱを食べることもないと思われるので庭にブドウを植えることは了承しました。。。
そして何よりも思うことは、

  この寒いイギリスでブドウが育つのか?

ということですが。(-▽-)

新しいご飯嗜好 2008年06月16日

久々に、私がいつも使っているネットショップで気になるキャットフードの新商品を見かけたので早速購入してみました☆

いつもうちで買うのは猫缶がメインなんだけど、トッピングとして使用したり、ターディス嬢のご褒美ご飯としても使ったりするので、常にカリカリも用意してます。
でも、猫缶に関してはほぼレパートリーが決まっているものの、カリカリに関しては何が良いのか今も悩み中。(-m-)

そこで、今回試した新製品です。 
カリカリ

トライアルサイズの400gパック♪
【原材料】
新鮮骨抜き鶏肉、鶏肉粉(低灰分)、七面鳥粉、ラセットポテト、新鮮骨抜きレイク・ホワイトフィッシュ、鶏肉脂肪(ミックストコフェロール、天然ビタミン Eで保存)、サツマイモ、新鮮全卵、新鮮骨抜き七面鳥肉、サーモン粉(天然)、サーモン&アンチョビ油、新鮮骨抜きサーモン肉、天然鶏肉風味料、ひまわり油、干しアルファルファ、乾燥昆布、ニンジン、ほうれん草、エンドウ豆、トマト、リンゴ、オオバコ、ダルス、チコリー根、甘草、ウコン、コロハ、グルコサミンHCI、クランベリー、クロフサスグリ、マリゴールド花、スイートフェンネル、ズィーメイス(コーンシルク)、ペパーミント葉、カモミール花、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリーエキス、コンンドロイチン硫酸、ローズヒップ、ビタミン補強剤(ビタミンE、塩化コリン、ビタミンA、ビタミンD3、チアミン硝酸塩、ビタミンB14、葉酸、バイオチン)、海塩、ミネラル(キレート鉄、キレート亜鉛、キレートマンガン、キレート銅)、直接投与微生物(乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵菌、乾燥腸球菌)


カナダの 『オリジン』 というメーカーのもので、イギリスでは今まで見たことがなかったんだけど、日本ではどのくらい出回っているもんなんでしょうか?
気になるのは、ここのフードは主に 犬用 らしく、猫用カリカリは1種類のみってことなんだけど、まぁ仕方ないのかな。^^;

このメーカーの特徴は、

●材料の75%が肉原材料
●穀類不使用
●成分中25%に果物と野菜を使用
●低炭水化物で、健康促進効果のある植物と善玉菌も使用


ということだそうです。
気になるお味の方ですが、私が食べてみたところ臭みもなくて薄味で、ほんのり魚っぽい味が感じられます。
でも材料を見ると、肉メインなのね。^^;

高タンパクフードなので腎機能が心配な猫さんは注意が必要なんだけど、うちの子たちには大好評!にっこり
とくターディス嬢の食いつきが良くて、内容的にも安心できるものなのでしばらくは 『オリジン』 をあげてみようと思います☆

そして、私の手作り食の方は久しぶりに牛肉ご飯にしてみました♪
最近は ハドック という鱈の一種の白身魚が続いていて、最初はバク付いていた4匹もそろそろ飽きてきてたところだったので。うーん

牛肉+七面鳥ご飯
ごはん

●牛肉(粗挽きひき肉)
●七面鳥ひき肉
●牛じん臓
●ラム肝臓
●オートミール
●にんじん
●パセリ
●さつまいも
●パースニップ(白ニンジン)
●きくらげ
●りんご酢
●米みそ
●卵殻
●カルシウムパウダー
●オリーブ油
●亜麻仁油
●コッドリバー・オイル  
●サーモンオイル
●小麦胚芽油
●乾燥ビール酵母


Gaviちゃんにもらった乾燥パセリも投入してます。^^

久々の牛肉だったから喜んでくれると思ったんだけど、七面鳥がミンチ状だったのががいまいち気に入らなかったらしくてグンタの食いつきが悪く(もっと食感が欲しかったらしいデス・・・)、グンタのお皿にだけはこれまたGaviちゃんに貰ってたグンタの好物の 「乾燥納豆」 を振りかけておきました。

そして、全にゃんが同じ食事を食べているにも関わらず、みんな

      『他の子の方が美味しいものを食べてるんじゃないの?羅琉 満足

と思ってしまうらしく・・・
タマ


タマと雪ちゃんがご飯皿を交換(笑)。
雪

みんな同じご飯を食べてるんだから、どのお皿から食べても同じなんですが。(-_-;)

そしてグンタとターディス嬢もお皿を交換して、なんと!!
納豆を振りかけているグンタのご飯を、ターディス嬢が完食。
納豆

ターディス嬢、実は納豆が好きだったのかしら?^^;

食にうるさいターディス嬢は、通好みの味がお好みのようです(笑)。
2008年06月16日 | Comments(7) | Trackback(0) | 猫ごはん

ターディス嬢の受難 2008年06月15日

ターディス嬢はとっても神経質な子で、うちに里子にやって来る前も一時預かりさんに

 「この子は変わりもんだから」

と言われてました(笑)。
引き籠りだし、いきなりキレるし、食へのこだわりも強く、イヤなことがあると 『ウキャッ』 と叫びます。。。汗
予想もつかない行動に出ることからタマにも一目置かれ(^^;)、絶対に彼からの八つ当たり行動で襲われることはないのでラッキーと言えばラッキー。

そんなターディス嬢は常に自分のペースを保ちたいようなんですが、どうも若い衆2匹から好かれてしまって困ってます。^^;

雪ちゃんが甘えてきたので、とりあえずパンチしておくそうです。。。(-_-;)
襲う

でも、絶対に本気で襲うことがないのは雪&グンタも理解してるので、何度も何度も甘えられては困っているターディス嬢。

そして昨日、お天気も良かったので池の側で岩板浴を楽しむことにしたらしいターディス嬢。
かなりゴキゲンです☆
岩板浴

地面に敷いている石は昼間は太陽の光を浴びて暖かくなるので、実は人間もここに素足を置くと暖かくて気持ち良かったりします。^^

そして、せっかくゴキゲンだったところにやって来たのはグンタ。
イヤ

グンタはどうしてもターディス嬢に鼻で挨拶したいらしく、露骨に嫌がっているターディス嬢に顔を擦りつけ・・・

結局、彼女に 『シャー~~~』 という声とともに叩かれたので退散することにしたらしいです(笑)。猫足
去る

まぁ・・・自分のペースは保ちたいものの、甘えられてマンザラでもないらしいターディス嬢は、たまにはこうやってグンタと一緒に池観察も♪
睡蓮

池の中に新たに加わった プカプカ浮いている物体(=睡蓮) が気になって仕方ないらしい2匹(笑)。
グンタ


かなりへっぴり腰・・・。(-m-)
へっぴり腰

睡蓮観察にも飽きたらしく、今度は日陰で昼寝をしようとしたターディス嬢ですが、ちょっとグンタに付き合ってあげたのが受難の始まりで・・・
やっぱりターディス嬢に甘えたいグンタに付きまとわれる(笑)。

今回は 『シャー』 と言って脅しても全く去ってくれないグンタにターディス嬢も諦めたらしく、最終的にはこうなりました。^^;
一緒

ターディス嬢もそろそろ諦めて、タマのように2匹の世話をしてあげれば物事は簡単なのに(笑)。
猫団子とまではいかないものの、やっぱり2匹に好かれてマンザラではないらいいターディス嬢でした。^^;
2008年06月15日 | Comments(5) | Trackback(0) | 多頭飼い

一日が過ぎて・・・ 2008年06月13日

今まで3ヶ月間、フラフィー&スウィープの件ではたくさんの応援をありがとうございました。
暖かい言葉を頂いて、本当に本当に嬉しかったです。sc07

2匹にかかった獣医費用、クリーニング代や捨てなければならなかった家具類もろもろのお金を請求したかったんですが、英国カモシカに

  『お金を請求するだなんて失礼なことはやめろ!』

と言われたので、もう断念しました。
こんなことは、イギリス人にとっては普通のことなのか・・・。

もう私には彼らの考えは全く理解不能です。(-▽-)
お金を踏み倒された上に、猫用のキャリーボックスやエサまで持っていかれたのに 

  『そんなことで怒るお前がオカシイ』

と言われるのなら、警察なんていらないでしょうに・・・。
もしも私が道を歩いていて、赤の他人に襲われてお金を取られたとしても

  『しょうがないだろ』

で終わってしまうのかもしれないなぁ・・・と思うと・・・本当に怖いです。(-▽-)
イギリスに9年も住んでいるのに、やっぱり私にはイギリス人は理解不可能。
良い言葉で言えば “個人主義の国” 、逆を言えば “自己中な国” なのかしら・・?´д`トホホ

とりあえず、うちの猫たちは2匹が去って行ったことをなんとなく理解したようで、一夜明けた本日は、特に今まで委縮していた雪ちゃんが本当にノビノビしている姿も見られました。にっこり
雪

こんな風にお腹を見せて、ゴロンゴロンと転がっている姿を見たのは久しぶり☆

2匹と同居していた間の雪ちゃんはほとんど庭に出ることもなく、いつもクッションの上で丸くなっていて私に遊んでもらうのを待つばかりでした。
おまけに、グンタにまで八当たりされてションボリしている姿をよく見かけていたので、雪ちゃんの本来の姿が戻ってきて嬉しいです☆

もともと、のんびりとした平和主義の雪ちゃんだったので、みんなが 「シャーシャー」 言って、人間は 「コラー~~~!!!怒 と叫んでいた環境で生活しているのは辛かったんだろうなぁ・・と思うと、本当に申し訳なく感じてしまいます。(>_<)

そして、マイペースだったターディス嬢にはあまり変化は見られず(笑)。

血の毛の多い男衆は、2匹が去ったということを受け入れているのか受け入れてないのか・・・
ほぼ1日中こうやって、2匹が帰って来ないように庭のテーブルの上で見張りを続けてます。^^;
見張り

平和な生活が戻って来そうな気配のカモシカ家ですが、一難去ってまた一難デス。

この家に引っ越して来てからはず~~~と収まっていた、タマの悪知恵が復活した模様。がっくり

前の家で使っていた冷蔵庫は縦型のものだったんだけど、今の家の台所には縦型冷蔵庫の置場がなかったので冷凍庫と冷蔵庫が別々になっている高さの低いものを使用してます。
もちろん、この冷蔵庫には子供が勝手に開けられないようにするチャイルドロックは付けてません。

そしてタマは “冷蔵庫” の中には美味しいものが入っているのを知っています・・・。(-_-;)
チーズ

勝手に冷蔵庫を開けてチーズの塊を食べるタマ。(-◇-)
舌も出てます(笑)。

以前買った冷蔵庫用のチャイルドロックですが、引っ越しの際に紛失してしまったらしくて見つからないのでまた買い直しです。
まぁ・・・オシッコ攻撃されるよりは、冷蔵庫を開けて勝手にチーズを食べてるタマを発見する方が気分的にはラクだから良し(笑)。
2008年06月13日 | Comments(15) | Trackback(0) | 多頭飼い

湖水地方と失礼な人たち 2008年06月12日

フラフィー爺&スウィープの飼い主が2匹を引き取りにやって来ると言った、約束の

     昼の12時 


を、既に40分も過ぎています。。。(-◇-)

玄関には2匹が使っていたベッド、猫餌、お友達のきらきらちゃんが好意で譲ってくれた、フラフィー用のカリカリ ヒルズk/d(腎臓ケア用) などをまとめて置いてあります。

2匹の飼い主は猫用のキャリーボックスさえも持っていなかったので(・・・この時点で理解不能です。 病院にも行ったことがなかったんでしょう・・・怒り、うちで予備として買ってあったものと、お隣さんの猫が亡くなったときに譲り受けたボックスの2個も用意。
もうボックスはこのまま譲るつもりです。

しかし・・・飼い主からは全く連絡もなければ、現れる気配さえもありません。
私は出かけることもできず、食事中にやって来られても困るのでまだ昼食も食べることができず、ひたすら家の中で待機中デス。(-▽-)

タマとスウィープはまた今日も喧嘩をして、怖がったスウィープはまた台所の作業台の上で ウンP3個 をして、辺りには毛が舞っていました。。。
こんな悲惨な生活状態で猫を飼うことは私の感覚からすると許されないものなので、一刻も早く引き取りに来て欲しいのに。

とりあえず、今は外出もできないので湖水地方の様子でもお届します。^^;

<追記  14:05>
飼い主たちがやって来ました。
失礼極まりなかったです!!!!怒

まず最初に言われた一言は

「やっと猫が居なくなるから嬉しくてたまらないでしょ?」 

でした。
そして、今まで人間を怖がることのなかったフラフィー&スウィープが、2人を見て逃げ出しました。(-▽-)

私が箱詰めしていたキャットフード各種、キャリーボックス2個に対しては何のお礼の言葉もなく、そのまま黙々と車に積みこんでいきました。
私がフラフィーを捕まえようと道路に出るとフラフィーもすぐにやって来たんですが、私の背後に立っている飼い主たちの姿を見てまた逃げ出してしまいました・・・。

それでもなんとか2匹を捕まえ、車の中に放り込んでいる2人に

 「キャリーボックスに入れた方が安全ですよ」


と声を掛けると

 『この子たちは閉じ込められるのが嫌いなの。
  あなたに指図なんて受けたくないわ。
  私たちは私たちのやり方でやらせてもらうから』


と言われました。

2匹に対してかかった費用、そしてフラフィーにかかった医療費などなど・・・
払ってくれると約束したにもかかわらず一切もらえませんでした。
そして、唯一の連絡先であった彼らの娘の電話番号を書いた紙も気づいたら持っていかれてて、彼らに連絡の取りようもありません。

そして、2匹はこれから、飼い主の男性側の妹の家で預かってもらうんだそうです。
そんなことが可能だったのなら、どうしてもっと早く知らせてくれなかったんでしょう・・・。
そして、この先2匹は幸せになれるのかしら?
このまま最後は捨てられてしまうんじゃないのかな・・・・。
助けてあげられなくて、ゴメンよ。。。

本当に、もう悔しくて悔しくて・・・・
ああいう人たちを法律で取り締まることができないのが悔しいです。
今までかかったクリーニング代や捨てなきゃならなかったアームチェアーのお金、払いやがれ~~~~~!!!怒

うちの予備のキャリーボックスも、必要ないんなら持っていかないで欲しかった。。。
泣き寝入りするしか・・・ないのかなぁ。がっくり




先日のベルギー旅行のあとは、両親を引き連れてイギリスに戻り、少し北上して 湖水地方 へ行ってきました。

※ 記事長めです ※


実は私は既に9年近くイギリスに住んでいながら、今まで1度も湖水地方へ行ったことがありませんでした。^^;
そのくせ、ウェールズには十数回も行ってるんだけど(笑)。
人が多いんだろうなぁ・・・と思うとどうも足が遠のいてしまっていて、今回は私にとっても湖水地方を訪れる良い機会となりました。

宿泊したのは、 「ピーター・ラビット」 の作者として有名な ビアトリクス・ポター の住んでいた村にほど近い場所にあるファーム・ハウスです。
そして、この周辺の多くのB&Bは “昔、ビアトリクス・ポターが所有していた” というところが多く(実際に住んでいたわけではないです)、このファームハウスも例にもれず、昔はポターさんが所有していたそうです。
そして現在は ナショナル・トラスト(歴史的建築物の保護を目的として設立されたボランティア団体) の所有物となっているそう。

High Stanger Farm
ファーム・ハウス

ここは今現在も牧羊農家として働いているお宅なので当然のごとく、周辺には動物がたくさん♪
動物好きにはたまりません(笑)。

とても小さな家なので、宿泊用に貸し出している部屋は2室しかなく、宿泊客は私と両親、そして英国カモシカのみでした☆

そして、裏庭には野ウサギも。
ウサギ

遠くから見ると、土の色とほぼ同色でしっかりカムフラージュしてます。
カムフラージュ


そして、この High Stanger Farn とは別の農家が同じ道をちょっと下ったところにあり、そちらは Low Stanger Farm  という名前でファーム・ハウスとして宿泊客を泊めています。

実は、個人的にはそっちの農家に泊まってみたかったんだけど、予約の電話を入れた時点ですでに空室はなしだったので諦めてました。
でも距離的には本当に近く、そちらの農家の方と話をする機会があったんだけど本当に良い人たちで、今も農家はやっているけど小規模単位で 「昔ながらの農業を続けて行きたい」 と話していたのが印象的☆

そこの農家では、母親を亡くした子羊を哺乳瓶で育てていて 

 「もうペットとして飼うことにしたんだ(笑)」 

と言ってました。^^;
そして、やっぱり親を亡くしたガチョウを鶏に育てさせて、妙な親子関係が出来上がっている現場も目撃。^^
ガチョウ

鶏が、自分の体よりも大きなガチョウのヒナの面倒を見ているんだそうです(笑)。
微笑ましいわー。^^

そして、湖水地方と言えばやっぱり湖!
まずは、宿泊先から1番近くに位置していて湖水地方で1番大きな湖である ウィンダミア(Windermere) 周辺の景色を♪
ウィンダミア


続きを読む "湖水地方と失礼な人たち"
2008年06月12日 | Comments(18) | Trackback(0) | イギリス生活

犬、猫を捨てることは犯罪! 2008年06月11日

ポスター

mixi のコミュニティーで、このポスターのことを知りました。
ブログ 『あなたのお家はどこですか?』 にて、このポスターの無料配布を行っているそうです。

詳細は “【動物虐待・遺棄防止のポスター】差し上げます” にて。

イギリスにおいてもそうですが、日本でも犬&猫を捨てることは立派な 犯罪 です!
日本在住の方でこのポスターを広めたい方は、上記のブログまで問い合わせてみてください☆

フラフィー&スウィープの飼い主が2匹を引き取りに来る予定日の本日ですが、まだ引き取りに来る様子はありません。
イギリスでも、このまま2匹を置き去りにすることは立派な犯罪だということを、2匹の飼い主たちにも理解してもらいたいものです・・・。

<追記 6月11日 21時>

ねこだすけさん にても、上記と同様の 「捨てねこ・捨て犬禁止」 はもちろん、様々な理解を求めるポスターがダウンロードできるようです。
捨て猫、捨て犬が居なくなる日を願います。 (Gaviちゃん、情報ありがとー^^)

今日はフラフィーたちの飼い主を家で待っていたんですが現れず、夕方になっても連絡もないので彼らの娘の家に電話してみました。
すると、電話に出たのは飼い主!

『あ・・(-_-;) ・・・ハロー! 元気だった? どうしたの?』

というので(-▽-)

「いや・・・いつになったら猫を取りに来るんでしょうか?」

と言ったところ

『あ、今日は車がないから取りにいけないのよー。
  猫たちはお行儀よくしてるかしら?』


とのことでした。
ええ・・・2匹ともとってもお行儀よくしております。。。
本日は、タマとスウィープが台所で喧嘩をして、怖がったスウィープが台所の作業台の上で巨大な ウンP を5つもしてくれましたとも。。。がっくり

車がないって・・・連絡のひとつくらい寄こしてもいいじゃないんでしょうか?
それに、私が1人で猫たちを動物病院に連れて行くときは、いつもタクシー利用で全く問題ないんだけどもね?
しかも同時に2匹抱えて病院に行ったこともありますが?

結局 『じゃあ明日引き取りに行くわ』 と言うので 「明日の何時?」 と聞いたところ

 『どうして時間が知りたいの?』 
 とのことです。(-◇-)

本当にやってくるのかさえも疑問なのに、何時にやって来るのか分からない人を1日中家で待っているほど私は暇じゃないのよ~~~~!!!怒

ほんっとーに、何なんでしょうか、この人たち。。。
しかも、もしも本当に猫を連れに来たとして、一体どこへ連れて行く気なんでしょ??

娘の家に居候させてもらっているのは、飼い主が電話に出たことでも確かです。
でも娘たちは犬を飼っているから、これまでず~~~~っと猫たちとの同居を拒否し続けていたのに。

彼らの口調からしてもしかしたら、引取りに来てから、そのままどこかに置き去りにするんじゃないか? という気もしているので、明日は単刀直入に

 「これからこの猫たちをどうするんですか?」 

と聞くつもり。
答えがうやむやなようならば、里子に出すことを提案する予定です。
これまでフラフィー&スウィープには散々な目に合わされてきたけど、猫たち2匹には何の罪もないので、2匹が路頭に迷うような事態にだけはならないようにしたいです・・・。
2008年06月11日 | Comments(11) | Trackback(1) |

フランダースの犬 2008年06月10日

庭で睡眠中のグンタ。
寝る

かなり気持ち良さそうに寝てますが、時間はすでに夕方7時過ぎ・・・。
そしてグンタがベッドとして使っているものは、庭に干していた洗濯物を取り込むための籠デス。(-_-;)
籠

そこをどいてくれないと、私は洗濯物を取り込めないんですが。がっくり
グンタは体を触られるのがあまり好きじゃない猫なので、いつも私がナデナデするとプイっと逃げて行ってしまうんですが、この時はいくら撫でても動きゃしない。(-◇-)

きっと 

     『籠から出て欲しいのよ~~~~~´д`トホホ

という私の心を読みとって、わざと動かなかったんでしょう・・・。
目、開いてます。(-▽-)
寝た振り

そして、先日作り始めた池の周辺がちょっぴり完成☆
池

しかし・・・
スレート(薄い板状の粘板岩)を敷きつめようと思っていたのに、スレートの袋を3つしか購入していなかったため、全く量が足りてません。 ̄□ ̄
私は人生の半分以上を川と海の近くで育ったので、今住んでいる海から1番遠い “Midlands” と呼ばれるイングランドの中央部はあまり好きではなく、うちの町にある川もなんだか汚くて自然な感じに見えないので(-_-;)、池の周りに岩や石を置けばちょっとはキレイな小川の雰囲気を再現できるかも~♪ なんてことも思っていたんですが、完成にはまだ時間がかかりそうです。^^;

それではベルギー旅行の続き、アントワープの様子でも☆

続きを読む "フランダースの犬"
2008年06月10日 | Comments(8) | Trackback(0) | ベルギー旅行

夏日&ベルギー 2008年06月09日

両親が帰国してから今日まで、イギリスは真夏日和です。
洗濯物はすぐ乾くし、滅多に暖かくならないイギリスなので真夏日は嬉しいんだけど・・・かなり暑いです。^^;
日本を離れてから暑さに弱くなったのかもしれないんだけど、それに加えて私には 日光アレルギー があるため、短時間でも日焼け止めなしで(塗ってもブツブツは出るんですが・・・汗)日光に当たると露出されている肌にブツブツとデキモノが発生し、発熱するわ痒いわで大変です。

猫にとってもこの天候は暑すぎるのか、昼間はみんな家の中に待機(笑)。
唯一、私が用事があって庭に出ると一緒に付いてくるタマのみが、しばし日光浴を楽しんでます。
でも、10分くらいが限度らしい・・・。^^;
夏日

顔

私が家の中に戻ると、タマも素直に室内に撤退します(笑)。

それとは正反対に、私の両親がイギリスに滞在していた間のここの天気は最悪でした。
ジャケットが必要なくらい寒くなったり大雨が降ったり。(-m-)
そんな中、両親を引き連れてベルギーに行ってきました☆

続きを読む "夏日&ベルギー"
2008年06月09日 | Comments(12) | Trackback(0) | ベルギー旅行

復活です 2008年06月08日

本当にお久しぶりです。
やっと、ブログ復活します。^^
バラ

しばらく更新していない間に、以前の家の庭から掘り起こして鉢植えにしていた “ゴラム&ガンダルフのバラ” が奇麗に咲いてくれました。ローズ
2匹のお墓に植えていたバラなので引っ越しの際にも掘り起こして持ってきたんだけど・・実は定着してくれるのか心配していたものでした。
でもそんな心配の必要もなく、庭に植えていた時よりも立派に咲いてくれました。^^

私の両親は先週の木曜日に帰国。
滞在中はバタバタと忙しかったので、今週末は英国カモシカと一緒にリラックスするつもりだったのに、家の掃除や片付けを始めてしまい、挙句の果てに庭に野菜を植えまくったり池を作ったり(笑)、なんだか色んなことをして結局リラックスする時間もなく週末が過ぎてしまいました。汗

猫たちは、トラブルの素の2匹も含め(-▽-)、みんな元気です☆
舐める

うっかり台所のドアを閉め忘れてしまい、その隙に家の中に進入したフラフィーが猫ベッド(その他もろもろも・・・羅琉 泣き)にオシッコを掛けたので洗濯をして庭に干していたんだけど、それを見てすぐにベッドに飛び込んだグンタ。汗
まだ濡れてたのに。。。

そんなグンタの毛繕いを甲斐甲斐しく頑張るタマ(笑)。
仲良し

この2匹は今の家に引っ越ししてきてから更に仲良くなって、グンタは暇さえあればタマの横にべったり。^^;

たぶん、グンタはフラフィー&スウィープの存在が許せないんだけど、自分1匹では勝ち目がないのを分かっているからタマの側にくっついているものと思われます(笑)。
そしてグンタの性格は激変して、暇さえあればシャーシャー威嚇するようになってしまい、雪ちゃんにまで襲いかかってしまってます・・・。

2匹の飼い主は 6月11日 に猫を迎えに来る予定なんだけど、未だに何も連絡はなし!
当日になっていきなり玄関に現れるのか、もう引き取りには来ないのか。。。
とりあえず、6月11日を過ぎても迎えに来ない場合は2匹を里子に出すことができるので、この不便な生活もあと少しです☆

ちなみに、なんとフラフィーは私の父親の体にまでオシッコを掛けました・・・。(-▽-)

そして、いきなり思い立って作り始めた池です(笑)。
いけ

前の家で作ったものよりは小さいものなので、丸1日で完成!
池の周りにはこれから石などを敷いて、そこに岩場で育つ植物を植える予定。
まだ完成してないので、黒いシートで覆われているだけですが(汗)。

週末のイギリスは夏日となって、猫たちもかなりバテていたので
 
   『屋外の水飲み場が必要だ~~~!!』

と思ったのが作成の動機です。
あと、前の池と同様に “カエルに住んでほしい” というのもあるんだけど(笑)。

せっかく作ったのに、タマは池には無反応。(-◇-)
グンタは家の中で熟睡中だったので、この作りかけの池には気づかず。がっくり

早速気付いてかなりの興味を見せてくれたのは女の子たちです。^^
池

中でも、これまでに 2回も 池に落ちた経験ありのターディス嬢は興味津々。^^;
顔

今度の池には落ちないように気を付けてもらわないと(笑)。

両親滞在中はベルギー&湖水地方(イギリス)に出かけてきたので、写真なんかも載せる予定です☆

最後に、休止中もブログのチェックに来てくださった皆様、本当にありがとうございます。
心機一転、これからもボチボチと更新していくのでよろしくお願いします。
2008年06月08日 | Comments(6) | Trackback(0) |
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。