スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

保護動物事情 2006年12月07日

毎日雨ばっかりで、そろそろうちからすぐの川が氾濫すると思われるんですが(汗)、そんな暗い日々を送る中、今年最初の クリスマスカード が届いた。

差出人は・・・  ですが。^^;
レオカード

私はイギリス最大の犬の保護団体 DOGS TRUST でワケありで里子に出せない犬の “あしながおじさん” をやっていて、このカードの差出人(犬)は、うちから1番近い保護センターに住んでいるレオ君
近いので、会いたければ会い行けます♪

このカードの裏側はカレンダーになっていて、1年中使えまーす。
そして、カードにはレオ君からのメッセージ付き。
クリックで拡大します。
レター

レオ君、なんと DOGS TRUST の スポンサードッグ(里子に出せない犬)代表 としてテレビCMに出たそうです。
私はまだCMを見てないので、これから要チェックだわ。^^
そして、おやつの食べすぎで太ってしまったそうです。

そして同じく肥満児のタマは、やっぱり私の作ったシャカシャカトンネルをベッド代わりにして寝てます。。。
運動不足は肥満の原因よ、タマ。 
タマ使用

DOGS TRUSTなどの活動を見ていていつも思うのは、イギリスにおける犬の扱いって、猫とは違うなぁ。。ということ。
確かに日本の捨て猫事情や動物の扱いと比べると、イギリスでは動物全般を通して、遥かに良い扱いを受けていると思う。

野良犬も野良猫も、イギリスではあまりお目にかかることがないし、たとえ居たとしても良心的な動物保護団体に連絡すれば、殺されることもなく里親が見つかるまで保護してもらえる。
そして凶暴だったり持病持ちで里親が見つからない場合には、 スポンサー・ドッグ として一般からの寄付金をもらいつつ、死ぬまで保護センターで面倒を見てくれる DOGS TRUST のような団体も存在する。

猫の場合は、DOGS TRUST の姉妹団体とも言える CATS PROTECTION が、同じく健康な猫(病気や怪我などで助かる見込みがない場合は、安楽死させることもあるそうです)は絶対に殺さずに面倒を見てくれるので、やっぱりイギリスでは野良猫は少ない。
この CATS PROTECTION のお陰で、ターディス嬢も雪&グンタもうちにやって来ることができた。

でも、DOGS TRUST の知名度に比べると CATS PROTECTION の知名度はとーっても低い。 

続きを読む "保護動物事情"
スポンサーサイト
2006年12月07日 | Comments(6) | Trackback(0) | 動物
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。