スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

保護犬の祭典 2005年07月31日

今日はCAT PROTECTIONの姉妹団体DOGS TRUSTのオープン・デーに行って来ましたー。
DOGS TRUSTは名前からもわかるように、イギリス最大の犬専門の保護団体です。
私はここの、わけあって里子に出せない犬のうちの1匹の“あしながおじさん”をやってまーす。

DOGS TRUSTは時々、オープンデーとしてちょっとしたお祭りを開催して、犬についての知識や里親探しの活性化を図っている。
会場となったのは犬たちのシェルターがある敷地横の広場。
たくさんの犬が飼い主とともに遊びに来てて、ドッグショーも開催されてました。 
ドッグショーといっても、雑種も純血種もみーんな参加OK。
DOGS TRUSTから里子に出された子たちもかなり参加してました~。 祭典

2

今日は私がスポンサーをやっている犬、LEO(犬種:ラーチャー)はケージの中。
今日は人が多いからお散歩には連れていけなくて残念。 
レオ

レオ2

DOGS TRUSTに来た犬たちは里親を探すことになるんだけど、Leoのようにわけあって里子に出せない(Leoは何度も里子に出されたんだけど、他の動物を襲ってしまって返されたとのことです。。。 

他のスポンサー犬たちの理由は、ひどいアレルギーがある、酷いトラウマがあり凶暴すぎて里子に出せない等。
犬たちは、DOGS TRUSTで一生を過ごすことになるんだけど、死にかけて苦しんでいる犬以外は殺さずに一生面倒をみるというポリシーはCAT PROTECTIONと同じ。 
とっても頑張っている団体で、私も応援してます!

で、実はお知らせが・・・・。
英国カモシカがタマを外に出してしまいました。。。。
しかも庭ではなく、道路側に。 
信じられん・・・・!
「お腹が空いたら帰ってくるよ」って・・・・そんなの無責任すぎるよーー!

タマを家の中に閉じ込めるのなら別れるとまで言われました。
彼は今まで1度もペットを飼ったことがない人なので、どうも考え方がちがうようです。
愛玩動物(世話が必要)と野生動物(世話は不必要。人間嫌い)は違う、ということを説明してもわかってくれません。。。。
ターディス嬢と打ち解け始めたばかりの今(まだ快適というレベルからは程遠いです)、タマがうちに戻ってくるのか本当に心配です・・・。
スポンサーサイト

お見合い成功! 2005年07月30日

ターディス嬢、今日はうちの常連猫マディーとの対面を果たした。
タマとの一件以来、やけに腰の低くなったターディス嬢。
威嚇もほとんどせずにジーッとマディーを見つめるのみ。
少しは猫社会について学んだか!?
対面

それでもお嬢様はやっぱりお嬢様。。。  
彼女の嗜好性は限られていて、
『カリカリ以外は食べませんわ』

『猫缶は嫌いなの』

という状態。
今までずーっと飼い主の都合でカリカリのみを与えられていたようです。
そこで試しに猫缶をあげてみたところ・・・・
『嫌い・・・・。』 
嫌い


『嫌いだってば! こんな臭い物、見たくもないわ』 
臭い

『もう!!どっかやってよ。臭いのよ!
イヤ

カリカリを食べるのを中断してまで拒絶反応を示してくれましたー。。。

そしてこの日の夜、タマとターディスをどうやったら仲良くさせることができるんだろう・・・、と考えていたところにタマの鳴き声が。
どうやらリビングへのドアの外で鳴いているよう。

ドアを開けると、自ら進んでリビングに入ってきてしばらく歩き回った後、ターディス嬢が遊んでいた箱の中でドーンと横になった。
今夜は威嚇することもなく、タマをジーッと見つめているターディス嬢。
でも、少しでもターディス嬢が近づこうとすると唸り声をあげるタマ。
仲良し

なんだかいい感じ!  
タマったら、男らしくてかっこいいじゃない!
その後、なぜか箱の中にあったおもちゃを見つけて遊びだしたタマ。
部屋の中を、おもちゃを追いかけて駆け回り、つられたターディス嬢も駆け回り・・・・部屋の中はぐちゃぐちゃになったけど、
お見合い大成功 のようです。 
成功

そして・・・・夜中2匹で追いかけっこ。
20分くらい、2匹揃って(!)私たちのベッドに横になったんだけど、しばらくすると、またまた追いかけっこ。。。 
しかも私の体の上で何度も跳ね回りほとんど寝てませんが、これで2匹は大丈夫そうですっ。 
よかったー☆
2005年07月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 多頭飼い

☆猫フェロモン☆ 2005年07月30日

ターディス嬢のおかげでピリピリしてしまっているタマ(ターディス嬢は天真爛漫、元気です天真爛漫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこでCAT PROTECTIONに教えてもらったフェロモン・スプレー&フェロモン芳香剤 『FELIWAY』 を試してみた。(HPあり)Feliway 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
猫ってよく顔をドアなんかにこすり付けてません?
あれは顔から出るフェロモンをこすり付けていて、その匂いで猫は安心できるんだそうです。
そこで人工的に作られたフェロモンをアルコール・ベースにしたものが “FELIWAY スプレー”
芳香剤の方は、フェロモンをオイル状にしたものをコンセント差込式の容器に入れ、少しずつその匂いを部屋に満たして猫を安心させるというもの。
イギリスでは動物病院などで販売されてて、効き目は1週間くらいで出てくるとか。 ちなみに犬用もあり。
芳香剤の方は私たちの寝室へ、スプレーは家中に撒き散らし、只今、猫フェロモンの中で生活中です(でも猫以外の動物には効果なしのこと。残念。←なぜ残念。
イギリスでは有名なFELIWAYだけど、効き目のほどはいかに!?


お嬢様の社会勉強 2005年07月29日

最近、英国カモシカに責められている。。。
実はタマのことについてなんだけど、
『野良猫だった彼が家猫になることはありえないんだから、彼を家の中で飼うのは残酷だ』という意見。

もちろん私もタマの『出して~~~!』という鳴き声を聞くのは胸が痛い。。。

でもタマを責任持ってうちの猫として飼うことに決めたんだから、今までのように
 “2,3日も姿が見えない”
 “どこで寝ていてちゃんと食べているかどうかもわからない” 
なんて状態じゃいけないと思うし、せめて夜は家の中にいる方が安全!
いずれは私も、タマを庭に出してあげるつもりなんだけど、ターディス嬢が来たばかりの今、彼を外に出したら帰ってこない可能性もあるし、あと1週間は待ちたい。
でも英国カモシカは私がいないうちにタマを外に出してしまいそうな勢いなので心配です。。。
そしてタマとターディス嬢ですが、進展が!

本日2度目の対面を果たした2匹(リビングのドアを開けた瞬間、ターディス嬢が外に走り出てしまい、偶然の対面なんだけど)、
今日はタマの勝利~~!
ジーッと固まっていたタマに向かって威嚇するターディス嬢。 
ゆっくりとその場を立ち去ろうとするタマを見て、その後を追いかけたターディス嬢ですが・・・ 『シャーーー!』 とタマに威嚇されてしまいました~~!  
お見事、タマ。
なんだかんだ言っても、野良の世界で生き抜いてきたタマ。
たった1度の威嚇とその鋭い目線でターディス嬢は縮こまり、私の後ろに隠れる始末。。。
その後はこんな感じ。    
お見事

負け

お腹を出してひっくり返るターディス嬢。
これが犬だと 『負けましたっ!』 の意味だけど、猫の場合はどうなのか?
その後はターディス嬢もタマに近寄らず、遠くから彼を眺めるのみ。
これで彼女も少しは学んでくれたかしら。
2005年07月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 多頭飼い

決闘の日 2005年07月28日

今日は私の仕事はお休み。
そこでターディスを、探検のためリビングの外に出してやりました。
で、私とタマは寝室で2人っきり、イチャイチャ。
あ、失礼(笑)。
タマはやっと、おもちゃで遊ぶようになりました! 
彼のお気に入りは、羊さんネズミさん
ネズミ

羊

そして、事件は起きた。。。。
なんとターディスが、寝室のドアをこじ開けて中に入ってきてしまったー・・・。
固まるタマ。   
固まる

そして・・・

恐い

う~~~~ん。。。。。
このリアクションはどうなんでしょうか・・・・。
ターディスは 『ウ~~、シャ~~~!!! と威嚇を繰り返し、手まで出る始末。。。

この後、逃げるタマを追い掛け回していたターディス嬢をなんとか止めて、またリビングルームに隔離しましたー・・・・。
タマはどちらかというと「戦いは避ける」タイプ。
今までも、自分を守るために威嚇することはあっても、自ら威嚇をすることはなかった。
それは人間に対しても同じで、どんなに恐くても滅多に手をだしてくることはない。

Diglisとタマがうまくいっていたのは、Diglisがタマにだけ(他の猫に対しては凶暴でした・・・)は決して威嚇をすることがなかったから。
ターディス~~~、お願いだから仲良くしてねぇ~~~。
どなたか、猫2匹を仲良くさせるいい方法を知ってればアドバイスをお願いしますー。。。
2005年07月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 多頭飼い

ダブル記念日 2005年07月27日

今日は特別な日となりました。
なんと、
タマが『ゴロゴロ』と喉を鳴らしてくれました~~。
今まで1年間、どんなに気持ち良さそうにしても喉を鳴らすことはなかったタマ。 

野良生活が長かったせいで、どうやって喉を鳴らしていいのかわからなかったんだろう。。。
そして今朝のこと。 
私たちと一緒のベッドで目覚めたタマは、まだベッドで横になっていた英国カモシカのお腹に乗り(!)、頭を撫でてもらってヨダレをたらし(!!)
    ゴロゴロ~~~といってくれましたーー!!
ゴロゴロとヨダレは私たちに心を開いてくれたサインだと思うので、ここから先はもう簡単!
ラブラブ生活を待つのみで~~す。

そして今日の夕方、CAT PROTECTIONから1本の電話が。
『候補の猫ちゃんが見つかりましたよー!一時預かりさんと連絡を取って、都合のいいときに見に行ってみてください。』

そして、、、ジャーン。 
パーディー(Perdy)ちゃん
生後8ヶ月の少女です。
パーディー

とっても人懐こくて、今まで外に出たことのない完全室内飼いということなので、タマとは正反対! 
保護された理由も、前の飼い主が病気で飼えなくなったからとのこと。
見る限り問題もなさそうなので、さっそく今日からお試し期間に入ります♪

うちに帰ってくる車の中でも全く動じることなく、余裕の表情。
リビングの中に離してみたんだけど(もちろんタマは入れないようにドアは閉めて)、キョロキョロと初めて見る部屋に興味深々。
私たちにも擦り寄ってくるわ、さっそく爪とぎで遊び始めるわ・・・。
とっても肝が据わってます!これが幸せに育ってきた猫の本来の姿なのねぇ。
体の模様はこんな感じ。
模様

なんだか不思議な色合い。
グレーと黒のトラ模様はちょっとアメショにも見える??

このパーディーという名前なんだけど、私にはどうも呼びにくくて。。。
でも本人は『パーディー』と呼ぶとやって来るので、名前を変えるわけにもいかない。
なんとか似ている名前をと思い 
「ターディス(TARDIS。私の好きな英国TVシリーズ “DOCTOR WHO” の中に出てくるタイムマシーンの名前)はどうよ?ターディーって短くして呼べば似てるよ~~」 と英国カモシカに提案したけど却下されました。。。

うちは、モルモットは「ロード・オブ・ザ・リングス」にちなんで
ゴラム&ガンダルフ。
そして猫が 「DOCTOR WHO」 にちなんでターディスとなると・・・
もしも3匹がそろって迷子になったら

「ゴラム~~~! ガンダルフ~~~! ターディス~~~! と呼びながら探さなけりゃいけない。そんなの恥ずかしくてイヤだ・・・!」

ということです。 
別にいいじゃないのー、かわいけりゃ!
このお試し期間、無事に終了してくれることを祈ってます。。。
タマと仲良くしてちょーだいね、ターディスちゃん(この名前をまだ諦めてない私)。 
ゴロ

2005年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) |

『しりっぽ劇場』番外編 2005年07月27日

さて、長らくお待たせしました。
アザラシーズさんのご要望にお応えして 
  ☆初公開☆
ゴラム&ガンダルフの “しりっぽ” ならぬ “しりたま” です。
あまりにセクシーすぎて鼻血出さないように。

では
ゴラムさんの登場で~す♪
ゴラム

尻

どうです、この立派な しりたま!

続いては、
おっとりしてるが体は立派!
ガンダルフさんの登場。
ガンダルフ

玉

注)あまりにも過激なので、モザイクかけさせて頂きました。。。

彼らには尻尾はないんですが、この立派な○○は乙女の心を掴んで離しません。
2005年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | モルモット

タマの出生 2005年07月26日

CAT PROTECTIONの『お宅訪問』、無事に終了しましたー。
とってもいい人で、いろんな質問を受けたのち、庭のチェック。
タマについても相談したんだけど、
『タマに猫用リードを付けて、庭に放してあげるといいですよ』
というアドバイスを受けました。
なので早速、仕事が休みの木曜日にリードを買いに行ってきまーす。
そうね、それならタマも庭で日向ぼっこできるし、私も安心。
CAT PROTECTIONからはいろんなリーフレットをこんなにたくさん貰いました~。
リーフレット

新しい猫は、今週中にでもやって来るかも!!
とりあえず今は連絡待ちで、CAT PROTECTIONが候補の猫を見つけ次第、連絡してくれるそうですっ。 
楽しみ~~~~。

そして、前々から感じていたんだけど、タマはとーっても甘えん坊さんです。
『遊んで~~と他の猫のあとを付きまとい(そしてイヤがられる・・・)、私たちに対しても恐怖心があるものの、撫で撫でされるとメロメロになり、恐怖も忘れて恍惚状態になる(そして、ふと我に返り逃げだす・・・)。
なでなで

そんなタマなので、眠い時と寝起きでボーッとしている時は本当にかわいくて(そうでない時もかわいいけど)、

これが1年前までは半径3m以内には近寄れなかった野良猫

だとは信じられない!
変われば変わるもんね。
私たちがベッドに入ると必ずと言っていいほど、ソロ~リ、ソロ~リとベッドに飛び乗ってくる彼。

昨夜は初の“英国カモシカの足にアタック”ゲームをしてくれた。
よくDiglisがやっていたんだけど、
『ベッドの中で動く英国カモシカの足に噛み付く』
というハードボイルドなゲームです。
そしてなんと!!昨夜は私たちのベッドで朝までおねんね~。
久々に夜泣きなしの夜だったのは嬉しいんだけど、ゆったりクイーンサイズのベッドの上でびよーんと伸びて熟睡してくれたおかげで、私たち2人は残されたスペースに猫のように丸まって寝ましたー・・・。 
そして今朝は、寝起きのタマに差し出した私の腕を、ドキドキしながらも腕枕として使ってくれたタマ。

なんかいい感じでない、私たち??
ラブラブの日もそう遠くない?
 

これまでの経過を見て思ったんだけど、タマは生粋の“野良”ではなく、本当に小さい子猫だった頃は家の中で生活していたんじゃないだろうか。

実はこれまで1度も粗相することなく、戸惑いながらも猫トイレを使ってくれている健気なタマ。
仕付けの面では全く手間がかからなくてビックリ。
だから生後3,4ヶ月の頃に捨てられたんじゃないか、というのが私たちの予想。
生粋の野良だろこんなに簡単にはいかないだろうから。
タマみたいな寂しがりやの子が捨て猫だったなんて、可哀想に。。。
もうすぐ彼女が来るから楽しみにね~~☆

CAT PROTECTIONから 2005年07月24日

いろいろと考えた結果、タマの友達はCAT PROTECTIONから貰うことにしました。
早速CAT PROTECTIONに電話をしたところ、RSPCAとは全く違う受け答え!
『家には常に誰かが居ますか?』
『旅行に出かける予定は?』
『他にペットは飼ってますか?』 
などなど。
質問攻めだったけど、里親探しはこうであるべき!!
もちろん 『何色がいいの?』 なんてお馬鹿な質問はされませんでしたー。
CAT PROTECTIONと相談し、私が週3回、仕事に出てるのとタマが男の子ということもあるので
「子猫じゃない、1歳未満の若い女の子がいいでしょう」 
ということになりました~。
タマの推定年齢は18ヶ月。
1歳未満の女の子なら彼も嬉しいんじゃない??
ということで、CAT PROTECTIONの方が近々「お宅訪問」してくれるそうです。
私たちの家とその周辺環境のチェックをしに来るので、ちょっと緊張。。。 
でも、早いとこタマの彼女を見つけてあげたいわ~~。
2005年07月24日 | Comments(0) | Trackback(0) |

タマの友達 2005年07月23日

タマは人間よりも猫と一緒にいる方が好き。 
Diglisが居た頃は、いつも彼女の後をチョコチョコと付いて回っては、彼女に嫌がられていたくらい。
なので、タマのためにもう1匹、猫を迎えることにします!
先週行ったRSPCAで見かけた子猫ちゃんたちがずっと気になっていて、RSPCAに戻ろうかなぁ、と思っていたんだけど彼らの「FIV陽性の猫はその場で処分」という方針が、どうも気に食わん。
しかもその時に見た子猫ちゃんたち、3匹とも風邪をひいていて、見るからに調子が悪そうでした。。。
その時に話をしたおばちゃんもイヤな感じで、最初に言われた言葉が
「何が欲しいの?何色?」
ハ??? 何が欲しいって猫に決まってるじゃん。
しかも何色って・・・・。 服選んでるわけじゃないんだから・・・・。
これが天下の名高いRSPCAとは、ホントに恥ずかしいったらないわー。
で、風邪ひきの子猫ちゃんたちは、その状態で外にあるケージの中に入れられていました。 
子猫、しかもまだ生後2ヶ月くらいの子猫なんだから、室内で看病してやってくれ、頼むから! 
そのおばちゃんは
『薬やってるからそのうち良くなるんじゃない?元気になるまで里子には出せないから』 
だって。
何かがおかしいと思う。 
できれば地道に頑張っているCAT PROTECTIONを応援したいので、彼らの猫をもらいたいなぁ、という気持ちの方が強くなっている。
RSPCAは健康な猫でも収容スペースがなければ殺してしまう、というのが気になって、彼らの猫を“保護”してやった方がいいのか・・・。
今日のタマ、少しはリラックスしたようでこんな格好で寝てました。
 
tama

sheep

でも、やっぱり昨夜も泣き喚いてました・・・・。
心が痛むわ。

お気に召して? 2005年07月22日

今日のタマは少し落ち着いてはいるものの、窓際に座って外を眺めている時間が多い。
window

そうじゃない時は、寝ているか泣き喚いているか・・・。
それでも目に見えて落ち着いたと思う。
少しでも彼を元気付けるため、今日はペットショップでお買い物~。
ジャーン! やっと買った爪とぎ
tumetogi

ついでに動物用肝油キャットグラスも。
cod liver oil

cat grass

外に出れないとなると、やっぱり猫草は必要よね。
肝油は立派な骨と歯、そしてフカフカの毛並みにいいとのことです。
で、この爪とぎだけど・・・・重かったです。。。。
私には車の免許がないため、これを抱えてやく20分の道のりをトボトボと歩いて帰りましたー。。。 
でもこれも、タマのため!!

実はタマ、今まで1度も喉を『ゴロゴロ』と鳴らしたことがない。
お母さん猫と離れて以来、誰からもかわいがってもらうことなく過ごしてきたからかもしれないけど、喉元を触ると気持ち良さそうにするものの、喉を鳴らすことはない。。。 
で、もちろん、猫用おもちゃにも反応してくれない・・・。
こんな状態で、家の中での生活を楽しめるのかしら・・・・。 心配だー。 

新しい家族 2005年07月21日

今日の夕方、タマは無事に手術を終えてうちに帰ってきました~~!
1番気になっていた猫エイズと白血病の検査は共に陰性。  
おめでとー、タマ!! 

もう、嬉しくて嬉しくて・・・・ホッとしたおかげで疲れがドーーーーっと出てきて眠いですーー。
とにかくタマが夜中、家を徘徊して鳴くのでこの2日間は眠れなくて・・・・。

そこで、パニックになった動物に効くというBach Flower Remedyを薦めてもらいました。(“くろのかあさん”さん、ありがとー!!!)
これは花から取れる成分を原料としている安定剤のようなもので、副作用もなし。
早速、タマのご飯に混ぜてみたところ、それまで狂ったように鳴いていたタマが毛づくろいを始め、アクビもしてリラックス。
そしてやっと横になってくれた。
いやー、すごい効き目!! 
おかげで昨夜は少し静かでした。 

ホントに不思議なんだけど、私たちがベッドに入るのを待ちかねたように、昨夜もタマは私たちのベッドで寝ました~。
もしかすると、人間に対する恐怖はあるものの、1人でいるのはさみしいのかなぁ・・・と思ったり。 

これまでもうちで夜を越すことはよくあったけど、ベッドで一緒に寝たことなんてなかったから、このタマの行動は謎。
でも今朝、病院に行くためにタマを捕まえようとした時はあまり効果なしでしたー。。。

捕獲しようとするのは2度目だし、今回は何が起きているのか理解していたタマは、とうとう私に向かって 威嚇 してきました。
そして、必殺の 後ろ足キック をしてくれたおかげで、私の腕にはキレイに爪がめり込んだ後が(笑)。

それでも最後まで噛み付いたり、引っ掻いたりはしなかった。
えらいぞ、タマ!!

手術のついでに内臓機能の血液検査、そしてマイクロチップも埋め込んでもらい、
タマは今日から正式にカモシカ家の一員になりました~~!!今日は首輪とネームプレートも購入。 
kubiwa

夕方、病院から帰宅してまだ麻酔の影響でボーっとしている隙に、首輪の装着完了。

本人は何が起きているのか、まだよく理解していない模様です。
bo-

  
ちょっとお嬢様座り(笑)。  
tama

これから2日間、タマは家の中にいなきゃならないんだけど、その後タマを外に出そうか悩んでます。
彼は外での自由な生活を知っている猫。 
もしも外に出したら、タマを追い掛け回し、家の中に閉じ込めて恐い思いをさせた私たちのもとに戻ってこないんじゃないか・・・と。
どうするのがタマにとって1番いいことなのか、いろいろと考えてます。。。

1週間も待てませーん(涙) 2005年07月20日

昨夜はタマの家猫としての初夜。
私たちが起きている間は、家中を駆け回りなんとか出口を探そうと必死になって、猫ドアのカギまで破壊してくれたので(涙)ドアの前にバリケードを作る羽目に。。。バリケード 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで大丈夫かしら・・・・。
 
 
私たちの顔を見て大声で泣き 『外に出して~~~! と懇願するタマに心が痛いです・・・・。
でも、あれだけ人間を恐がっていたタマにちょっとした(いや、かなり大きい)変化が!
なんとタマ、私たちと一緒のベッドで寝ました~~。 信じられんです。
どういった心の変化なのか、一晩中、家の中を徘徊して泣き喚いていたんだけど、いきなりベッドの上に飛び乗って私と英国カモシカの頭と体を踏みつけた後、力尽きてベッドの上で寝てしまいました。
なんだか赤ちゃんのようなタマを見て 「これなら家猫として十分やっていけるのでは?」 とひそかに期待している私たち。
でも今日の夕方、仕事から戻ってくると目に見えてストレスで参っているタマを発見。。。 
そりゃそうよね。今まで自由に外を駆け回っていたのに、こんなとこに閉じ込められて・・・。
見ているこっちが辛いのでもう1度CAT PROTECTIONと相談した結果、他の動物病院を当たってみよう、ということになった。
そして1件、『明日の朝の手術で』と言ってくれる動物病院が見つかった。  
でもそれは、以前ゴラムが世話になって、誤診してくれた病院・・・・。 評判が悪いので暇なんだろう。。。
しかし、これ以上タマに負担をかけたくないのでここに世話になることにしましたー・・・・。 
去勢手術は難しい手術じゃないし、大丈夫だろうと思いたい。。。
ということで、明日の朝一に手術してもらいますっ!!


タマの捕獲成功~! 2005年07月19日

タマの捕獲、成功しました~~~!

夕方、仕事から帰ってきて、家の中にいるタマを発見。
時刻は5時40分。 まだ動物病院は開いている時間。
すぐに病院に電話をして、捕獲できたら今から連れて行ってもいいかどうか確認すると、
「OKよー!遅れてもいいから頑張って捕獲してね~」
という返事だったので、さっそく捕獲開始!!

頭をなでることはできるので、しばらくリラックスさせたのち
『体をつかんだ!!』・・・と思ったら、スルッと逃げられてしまいました。。。。
格闘すること約15分、やっと捕獲できました~~。

でもタマってば・・・・本当にいい猫でしたー。  
全く威嚇せず、1度も私に噛み付いたり、引っ掻こうとすることもなく、ただただ怯えてて・・・ちょっと涙が出そうになった。
私は体中傷だらけになることを想像してたのに!!!

病院でも本当にいい猫で、全く暴れることもなく獣医さんにされるがまま。
恐怖のあまり固まってしまってたのかもしれないけど・・・!
エイズの検査は去勢手術と一緒にするそうで、今日は目と歯の検査、そして触診のみ。
獣医さんの予想では、目の感染症が少しあるものの、毛並みは抜群、健康そのもの!とお褒めの言葉を頂きました~~。

たぶん、猫のエイズと白血病には感染していないと思うけど、血液検査をするまでははっきり言えない、ということでした。
しかし、ちょっとした問題が・・・・。
この動物病院はとーっても人気があって、手術の予定が次の月曜日までいっぱい。。。。 
私に追い掛け回され、箱の中に閉じ込められて、体中を触られてショック状態のタマを外に出して、また家の中に入ってくるのか・・・・??
うーーーん。。。 
ということで、
全くトイレの仕付けの出来ていない彼を1週間も!!家の中に閉じ込めなければならない状況ですーーー・・・。
可哀想なタマ・・・猫ドアを閉められて、うちの中でうなだれてます・・。 
shock

shock2

ごめんよ、タマ。 
今まで1度も家の中で暮らしたことのないタマが、1週間も耐えられるのか・・・??
今も、外に出たくて家の中を走り回り、私の顔を見ては鳴き続けていて、かなり罪悪感です。。。

猫エイズ、続き 2005年07月18日

昨日の猫エイズ話の続きです。
今朝、もう1度CAT PROTECTIONに電話したところ、回答が頂けました。

「うちでは、たとえFIVに感染していても、エイズを発症していない健康な猫は殺しません。RSPCAは施設内にスペースがない場合、病気でない動物でも殺してしまうので、彼らのアドバイスは真に受けないでください」 とのこと。

安心したー。
エイズに関するリーフレットも無料で送ってくれるということで感謝、感謝。
イギリス在住の方で、犬&猫に関する相談のある方は、是非とも『DOGS TRUST』『CAT PROTECTION』へ!

RSPCAは、イギリス最大で、寄付もたくさん受けて 1番裕福 な動物に関するチャリティー団体でありながら、スペースがないというだけで保護した動物を殺してしまうなんて知らなかった。。。
『DOGS TRUST』『CAT PROTECTION』共に、死にかけで苦しんでいる動物以外は殺しません。
様々な理由で里子に出せない犬&猫には、「スポンサーシップ」というシステムを設けて、「あしながおじさん」としての金銭的補助を呼びかけてます。
もちろん、その動物たちは一生、施設内で暮らすことになるんだけど。。。
実は私も『DOGS TRUST』の犬、1匹の「あしながおじさん」です。
たまに会い行ったりも出来るし、犬を飼いたくても飼えない人にお薦め。

私の掛かりつけの獣医さんに相談したところ、タマの去勢手術をしてくれるということになったので、2,3日中にタマの捕獲を決行する予定。。
タマ、私のことが嫌いになるかもしれないけど・・・。 
でもタマの為!! 頑張るニャー。 
タマ

猫のエイズ 2005年07月17日

Diglisはまだ帰ってきません。
タマはうちにやって来るものの、やっぱり野良猫なので近くには寄ってきてくれないし。
でも、猫飼いさんならこの気持ち、わかると思うんですけど、
「猫と一緒に暮らしたい!!!」
という気持ちを抑えられません。
Diglisがいなくなった時点で、私と英国カモシカの中では「もしもDiglisが戻ってきても、猫の保護団体に任せよう」と決めていたので、今は私たちの猫を迎えようという計画が出てます。

でも、もしもDiglisが戻ってきて彼女の本当の飼い主も見つかり、その飼い主が世話を放棄しているとわかったら、もちろんDiglisはうちで飼う予定。
そこでDiglisが戻ってくるという可能性も考えて、新しい子を迎えるのなら子猫か1才未満の若い女の子がいいだろうという結論に至りました。
その方がDiglisにも馴染みやすいだろうし、タマ(男の子)との相性も考えて。

そこで今日、前々から考えていたタマの避妊の相談&新猫の下見も兼ねて、RSPCA(動物保護団体。ゴラム&ガンダルフはここからやってきました♪)に行ってきた。
タマは野良猫で捕まえるのが困難なのでアドバイスが欲しかったんだけど、そこで彼らに FIV(猫のエイズ)の話を出された。

もちろん避妊手術とともに様々な予防注射とエイズの検査もする気でいたんだけど、このRSPCAの言葉にすごいショック。。。

「もしその猫がHIVに感染しているなら、その場で安楽死させます。そうじゃないと、うちの猫を里子に出すことは出来ません」

って、え・・・?? 
あなたたちは動物の保護団体じゃないの???

イギリスでは野良猫を動物病院に連れて行くと診察拒否されることがあるので、RSPCAに頼んで病院に連れていってもらう気でいた。
もちろん費用は私たち負担で。
でも、もしもHIVに感染している場合、エイズを発症してなくてもその場で安楽死って、そんなの酷すぎる!!!
 
HIVに感染していても、エイズを発症せずに何年も元気な子もたくさんいるのに。。。

タマを殺す可能性のある彼らに、タマの捕獲は頼みません!!
なので、別の猫専門の保護団体、Cat Protectionに相談することにした。 
あいにく日曜日で誰も電話に出てくれなかったんだけど、猫専門の保護団体ならHIVごときで猫を殺したりしないことを祈って。。。
もし彼らも、HIV感染の猫を安楽死させるのなら・・・頑張ってタマの捕獲を試みて、動物病院に泣きついて避妊手術を決行する予定!!

それにしても・・・・今日見てきた保護猫たち・・・かわいかった~~~。

怪しいバイト初日 2005年07月14日

さて、今日からバイト初日。 でも初日からいきなり1人で店番。。。
そしてこの店のオーナーの中国人から言われたことは
「店を一時も離れないように。昼ごはんも店番をしながら食べるように」
ということ。 でも、ってことは・・・時間の勤務時間の間、休憩はなしってことでしょうか・・・???? それは違法ではーー・・・・。
しかもトイレとかは?? 
私がトイレに行くと、店内には誰も居ないことになるのでは??  
と思ったら、ちゃんとトイレがありました~~。 店の裏に。
でもこの状態です・・・。トイレ  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
物置でしょうか・・・?? しかも本来なら手を洗うべき場所にも箱が山積み。 
もちろんこれ全部、店内で売るための商品。
これでいいのか、中国人?!
そして売っている商品だけど、こんなもの。
 
おもちゃの招き猫 1番大きい色つきのは日本円にて約¥800!
それはちょっと詐欺のような気が。。。。招き猫   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このガラス球に漢字が書いてあるものは1個¥1200・・・・。え・・???ガラス ¥1200ですか・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、作り物の盆栽もどき。花の代わりにおもちゃのコインが 咲いてます。
これ、¥3200なり。。。 こんなの絶対に詐欺としか思えん・・・。木 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
初日にしてかなり嫌気がさしてきた。。。 
なんだか詐欺集団の仲間入りをした気分でーす。
ちなみにレジにレシートは入ってないので、返品とかできるのかなぁ・・・、なんて思ったり。
それでもお客さんがくるから不思議。
イギリスではオリエンタルなものはミステリアスと重宝がる方がいらっしゃるので。 
ちなみにここでは、英語名を漢字に約してあげるというサービスもしてます。
コピー用紙に漢字を印刷するだけなんだけど、これが¥400もする。。。
可哀想な客。
日本語で良かったら私が無料で訳してあげるのに・・・。
早くも他の職探しに意欲満々ですわーーー。


2005年07月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

タマの肉球&怪しいバイト 2005年07月11日

タマはうちに住み着いてはいるけど、人間慣れはしていない。
タマに触ることができるのも彼がリラックスしている時のみで、英国カモシカのことは『大きい方』と認識しているらしく、少し恐がっている。
しかし今日、そのタマの肉球の撮影に初成功~~! 
へ~~、タマの肉球って黒かったのね(ちなみにDiglisのはピンク)。タマの肉球
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寝起きで(私に起こされて・・・)キゲンが悪かったけど。タマの寝起き  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日の池の訪問者は、新参者。 靴下猫なのでソックと命名!ソック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼間からこんなことしている私だけど、やっと!! 探し続けていたバイトが見つかった!!! 
今週の木曜日からスタートで、本来なら嬉しいはずなんだけど・・・・
ちょっと気が思い。 
理由は、そのバイト先がと~~っても怪しいので。
ウスターは田舎で、白人社会。 
黄色人種をほとんど見かけないここでの職探しは困難。 これまでも、履歴書の時点で断られていた。 なんたって名前が日本人だし!!
そこで見つけたのが、ウスターで唯一、中国の物を売ってる雑貨屋
経営者はもちろん中国人。 
雑貨屋といってもかわいい雑貨屋じゃない。 
「こ、これって・・・本物??」というようなヒスイのブレスレットを
『本物です。これを付けていると邪気をはらってくれます』
と、妙な中国音楽を流しながら売ってるような店。。。 
店内にはジャッキー・チェンのポスターとか貼ってあって、ブッダや刀や着物なんかも。 更には・・・これ、招き猫??? 
それは日本のものでは・・・? なんだかとにかく怪しい!!!
しかも1日中、私1人で店番。 それも初日から・・・・。
即決で採ってくれたのはいいんだけど、その場でちょっとした説明を受けて、店の鍵とレジの鍵を渡された。
そして、売上金は自宅に持ち帰って管理しろと。
本当にそれでいいのか、中国人。。。。 すっごい不安なんですけど。
でも、職なしよりは職があるほうがいいし、お金も欲しいし・・・・!
これについては、木曜日に写真とともにレポートします。。。


2005年07月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 動物

誰かもらって~! 2005年07月09日

まきぼうさんのところで、再びにゃんこの里親さん募集です。葉ちゃん里親募集
葉ちゃんの詳細はここから。
 
 
 
仮名:葉(よう)ちゃん  性別:男の子   誕生:2005年6月上旬
体重:560g(6/29測定)
健康:FIV+白血病ともに陰性。医者の所見では、特に異常なし。ノミダニなし。 8月上旬に三種ワクチン予定。 トイレしつけ済。回虫、駆除中。
葉ちゃんは、親兄弟と一緒にダンボールに詰められ封をされて捨てられていて、救出された時にはもう、親兄弟は死んでいたそうです。
里親さんにお願いするのは、以下のことです。
・終生飼養をお願いします。
・完全室内飼いにしてください。
・適切な時期に、避妊去勢をしてください。
・ワクチンを含めた健康管理をお願いします。
・まきぼうさんがご自宅へお届けにあがります。関東のみの募集です。

朝日&寧々里親募集

朝日&寧々ちゃんの詳細はここから。

 

仮名:朝日    性別:女の子    誕生:不明
健康:FIV+白血病ともに陰性。ドロンタール&フロントライン済。ノミダニ腸内寄生虫なし。医者の所見では、特に異常なし。避妊済。三種ワクチン済。トイレしつけ済。

仮名:寧々   性別:女の子     誕生:2005年5月中旬
体重:980kg(6/29測定)
健康:FIV+白血病おそらく陰性(
詳細を参照)。ドロンタール&フロントライン済。ノミダニ腸内寄生虫なし。医者の所見では、特に異常なし。7月中旬に三種ワクチン予定。トイレしつけ済。

とある東京のアパートで、敷地内に野良さんが住みつき、住民の方々が、避妊もせずに気まぐれにゴハンをあげたため、野良さんは妊娠して出産したそう。不潔な環境で、生まれた仔猫は病気になり、大家の知るところとなり、殺処分されるところでした。  あいにく駈けつけた時にはすでに遅く、仔猫1匹は大家に殺処分され、仔猫2匹は風邪と結膜炎をこじらせて危篤寸前でした。その危篤寸前だった仔猫たちは別の預かりさんのお家で養生し、里親募集だそうです。残った、たった1匹健康だった仔猫と、とてもぷりぷり健康な母猫が朝日と寧々ちゃんだそう。 里親さんにお願いするのは、以下のことです。
・終生飼養をお願いします。
・完全室内飼いにしてください。
・仔猫は適切な時期に、避妊去勢をしてください。
・ワクチンを含めた健康管理をお願いします。
・まきぼうさんがご自宅へお届けにあがります。仔猫は関東のみの募集です。母猫は、ご縁がありましたら遠方もお受けします。まきぼうさんにご相談ください。

シロミケサビ

 シロミケサビの詳細はここから。

 

仮名:シロ(写真真ん中の子)    性別:男の子
誕生:2005年5月上旬     体重:1180g(7/4測定)
健康:FIVと白血病おそらく陰性(
詳細参照)。アドバンテージ・スポット済
 7月11日に三種ワクチン予定。ワクチン後にドロンタール予定。
 トイレしつけ済。

仮名:ミケ(写真右端の子)   性別:女の子
誕生:2005年5月上旬   体重:850g(7/4測定)
健康:FIV+白血病おそらく陰性(
詳細参照)。アドバンテージ・スポット済
 7月11日に三種ワクチン予定。ワクチン後にドロンタール予定。
 トイレしつけ済。

仮名:サビ(写真左端の子)    性別:女の子
誕生:2005年5月上旬     体重:1050g(7/4測定)
健康:FIVと白血病おそらく陰性(
詳細参照)。アドバンテージ・スポット済。
  7月11日に三種ワクチン予定。ワクチン後にドロンタール予定。
  トイレしつけ済。

この3ニャンは、まきぼうさんが代理で里親募集をされてます。 

全て日本にての里親募集。イギリスにいる私にできることは、ちょっとしたヘルプです。 今まで犬好きだった私も、猫を飼い始めて(というか猫に住み着かれて・・・)猫好きに変身しました~~! みなさんこの魅力を味わってみてください。



2005年07月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 動物

ロンドンでの爆発 2005年07月07日

ロンドンで、地下鉄&バスの爆破がありました。。。
悲しい。
最初に爆発のあったAlgate Eastの駅に、私は3年前まで住んでいました。この駅も毎日のように使っていました。
ロンドンで3年間暮らした私にとっては、とっても思い入れのある町です。
 
皆さん、無事でしょうか? 心配です。
 
イギリスでも今現在は情報が混乱していて、私も詳しいことがわからない状態です。
 
<追記>
やっぱりアルカイダ系のテロみたい。
イギリスに住むイスラム系の人たちが気の毒。
ひどい扱いを受けてなければいいけど。 
爆破のあったAlgateやLiverpool Streetはイスラム系の地域で、ここの人口の90%くらいはイスラム系で大きいムスク(イスラム系の教会)もある。
私がここに住んでいた時にいろんな人と話したけど、みんないい人たち!
1度なんて、私がその当時の彼氏と道でケンカになった時に、男の子たちが仲裁に入ってくれた。
 
ロンドン市長(Ken Livingstone)が、シンガポールから(オリンピックのためにシンガポールに居た)声明を発表したんだけど、いいこと言ってた。
「これはただのテロじゃない。黒人、白人、キリスト教徒、イスラム教徒、ヒンデゥー教徒etc、全ての人をターゲットにしたものだ。 今は、人種に関係なく、みんな協力しあうべきだ」
みたいなことを言っていたと思う。ちょっとうろ覚えなんだけど。
トニー・ブレアとかアメリカのブッシュとかなんかより、いい事言ってるわ。 


2005年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

タマの血統?? 2005年07月07日

実は、タマにマイクロチップを付けてもらった時に貰った書類に、 “タマの血統” を書く欄があった。
去勢手術が終わりタマを迎えに行った時には、その書類は動物病院によって記入されていて、あとは私のサインが必要という段階だった。
そして、私がサインした書類に書かれていたタマの血統はこれ。
血統

アビシニアン。
私の友達もメールで指摘してくれたけど(たけ、メールありがとー)、タマの毛皮はアビシニアンに似ているらしい。

アビシニアン
アビシニアン


タマ
タマ

ま、似てないこともないか。
でも、あの動物病院のおかげで、タマの血統は正式にアビシニアンということになってしまいましたー。
スゴイ!私、今まで動物はいっぱい飼ってきたけど純血種なんて飼ったことないぞ~~~!  
なんちゃってアビシニアン のタマだけど。
実はタマ、初めて爪とぎを使ってくれましたー!!!
でも爪とぎ本体ではなくて、土台を。。。 
爪とぎ

ま、少しずつ慣れていってくれればいいかぁ。
CAT PROTECTIONですが、明日の夕方、『お宅訪問』をしてくれます!! 

いろんな変化 2005年07月06日

ホリデーのことばかり書いていた間に、うちでは様々な変化が起きていた。
いろんな物に花が咲き・・・
コリアンダーコリアンダーの花       枝豆のつぼみ枝豆のつぼみ        池の植物池の植物
 
 
 
 
 
 
うちに新しいテレビがやって来た!! ついでにDVDプレイヤーも。
今までのテレビはなんと、英国カモシカのおじいちゃんが使っていたという80年代のテレビ!古いテレビ(20年以上も前のTV・・・
 
 
まさに骨董品!
それでも今まで問題なく使えていた。
 
 
 
 
 
では、新しいテレビ購入の理由はというと・・・Doctor Who DVD とうとう買ってしまった 『DOCTOR WHO』DVD Vol1!
旧シリーズが終わってしまったので、クリスマス・スペシャルまでテレビ放送はないんだけど、BBCのHPではすでにクリスマス・スペシャルまでのカウントダウンが始まっていた(笑)。
今までDVDはPCで見ていたんだけど、やっぱりDoctor Whooはテレビ画面で!ということでDVDプレイヤーの購入を決意。
ところが
テレビが古すぎてDVDプレイヤーの接続が出来ないことが判明。
そこでテレビの購入となりました~~!
で、古いテレビの置き場所に困り、ついつい椅子の上に放置してしまったんだけど、そこにはDiglis&タマのベッドがあって、タマはどうしてもここで寝たかったらしい。。。。タマINベッド 
 
 
ベッドの横にある白いのがおじいちゃんのテレビ。
ベッドの下で潰れてるのは羊のぬいぐるみ。
 
根性!のタマ。
 
 
 
 
私たちだけ楽しんでは可哀想と、ゴラム&ガンダルフには
ギニー・シャンプー“ゴージャス・ギニーズ・シャンプー&コンディショナー
(シアーバター+エッセンシャル・オイル入り)”
の贈呈!
お2人がやってこられた動物保護団体RSPCA(The Royal Society for Prevention of Cruelty of Animals)からの進呈。
 
そして、Diglisには新しい首輪のプレゼント。
古い首輪はボロボロで、千切れる寸前。かろうじて付いていたネームタグもなくしてしまっていた。
だから、もしも迷子になった時のことも考えて、彼女の安全のために。
このボロボロの首輪は何年も前に以前の飼い主が付けたもので、私たちはどうしていいものやら困っていた。もしもこの飼い主が、今になって
『これはうちの猫!勝手に首輪を変えるなんてヒドイ!!』
なんて言ってきてもイヤだし、実は首輪にメッセージを付けていた。
『この子の本当の飼い主さん、もしいるなら連絡ください』と・・・。
でも1ヶ月経つ今も連絡はなし。。。 
やっぱり前の飼い主はDiglisのことを放置したみたい。 
なので、やっと新しい首輪の購入に踏み切った。Diglisの首輪  
 
ブルーの首輪。
 
アクビ直前の恐い顔。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は近所に住む私のアイドル猫、Fidget遊びに来た。でも、お嬢様なFidgetはDiglisのことが恐くて仕方がない。。。
Diglisを見つけた彼女。
恐怖におののく!Fidget驚愕の顔
 
 
 
 
 
 
 


2005年07月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コーンウォールの海 2005年07月04日

コーンウォール地図ふと思ったんだけど、コーンウォールって日本人にはあまり馴染みがないよなぁ・・と思い、地図で場所確認です。 
赤く囲まれてる地方がコーンウォール。
イギリスの最南端に位置してます。
 
 
★コーンウォールの海岸★海草 
 
 
ほとんどの海岸が砂浜。
そして、本当に透き通るようにキレイな水!!
イギリスにもこんなキレイな海があったのか~~~!!とビックリ。
 
 
 
 夕焼け
 
 
 
クリックで拡大します!牛と海
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビーチ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★Lizard Penunsula(リザード半島)★ (小さい写真はクリックで拡大)
Kynance CoveKynance Cove1 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Kynance Cove&カモメKynance Cove2 
 
 
 
 
 
 
Kynance Cove3 
 
 
 
 
 
 
Kynance Coveから約4km離れたLizart Pointへの道のり To The Lizard
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
To The Lizard
To The Lizard3  
 
 
 
 
 
 
リザード半島では、温厚な気候のため、他の地域では見られない野生の植物が多く見られる。絶壁のがけも、植物がビッシリと生えているのでこんなキレイな色。
The Lizard 
 
 
 
 


ダートムーア(Dartmoor)へ! 2005年07月03日

やっと帰って参りましたー。 
ホントは4日前に帰ってきてたんだけど、英国カモシカが横で 「ヒマ~~~!!!」 とうるさくて、全く更新ができませんでした・・・。
留守番後
 
ゴラムとガンダルフもペットホテルでホリデーを満喫して帰宅。
Diglisとタマの2匹も無事に8日間の留守番を終え、とっても元気。  
 
 
 
 
 予定していたコーンウォールに加え、となりのデボン地方にも滞在し、ここで全部を紹介するのはかなり不可能に近いので、写真にてお楽しみください♪
★記憶に残ったB&B★
Great Sloncombe Farm B&BB&B @Dartmoor(Devon)-HPあり!
ここは名前の通り農家のお宅。
イギリスでは田舎に行くと農家がゲストハウスB&Bも運営していて、動物たちに囲まれて過ごすことができる。 
運が良いと、かなりおいしい朝ごはんも食べられる!!
このB&Bの朝ごはんも最高でした!
 
 B&Bの犬
 
 この農家の牧羊犬。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 B&Bの馬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 牛のお尻牛の親子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
B&Bからの景色も最高!!B&Bからの景色 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★Dartmoor★ - ダートムーアはシャーロックホームズの小説の舞台にもなったことのある荒野。
ここでは、牧羊だったものが野生化したダートムーア・ポニーという種類のポニーを見ることができる。(小さい写真はクリックで大きくなりますダートムーア3ダートムーア1 
 
 
 
 
 
 
 
逃げる羊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダートムーア4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダートムーア5
 


ダートムーア・ポニーの誕生 2005年07月03日

写真が多いのでページを分けて、更にダートムーア旅行記です。
★ダートムーア・ポニー★ 
車を走らせていると、いたるところで牛や馬、羊などを見かけるけど、ここの1番の見どころは野生のポニー! 
野生といっても、こんな感じで全く人間を恐がることもなく寄ってくるので触ることも可能。ダートムーア・ポニー車をも恐がらないこのポニー、事故に合わないか心配。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダートムーア・ポニー3 ダートムーア・ポニー2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポニーのランチ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車を走らせていると道端に人だかりを発見!
何事かと車を降りてみるとなんと!!!
1頭のポニーが5分ほど前に赤ちゃんを産んだらしい!?
これが生後5分のポニーの赤ちゃん!!! 
お母さんの体にはまだ赤ちゃんの入っていた袋が付いたままで、ちょっと血まみれ・・・。ポニーの赤ちゃん1  しかもこんな道路脇で産むなんて。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さい写真はクリックで拡大!ポニーの赤ちゃん2ポニーの赤ちゃん3   
 
 
 
 
 
 
 
ポニーの赤ちゃん4 何度も立ち上がろうとしては座り込んでいた、生後5分の赤ちゃん。
周りのポニーも助けの手を。
なんかテレビを見ている気分だわーー・・・。
その後、約10分。 
無事に立ち上がることのできた赤ちゃんは、他のポニーたちに囲まれて歓迎のセレモニーを受けていた。 
5分の差で誕生の瞬間は逃したけど、これは今回の旅で1番の思い出。


HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。