スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Maida Valeセッション 2005年02月21日

先日、グリフのライブで会ったスコットランドのGくんからメールが来た。
 
「グリフのMaida Valeセッションの公開録音の招待券が当たって、2人1組だから一緒に行く人探してるんだけど、誰か知ってる?」
 
って、そんなの私が行くに決まってるじゃん
速攻ケータイにメールして、今日の朝返事が戻ってきた。
「OK、じゃあ後でE-mailで詳しいことを知らせるね」
キャー、また生グリフが見れる~~
 
Maida Valeは、イギリスのインディー・ミュージック界に多大な貢献をし、先日、心臓麻痺で急死したBBC Radio 1のDJ、ジョン・ピール氏のピール・セッションでも有名だったスタジオ。 ジョン・ピールの悲報を6時のニュースで聞いたときに、あまりのショックに思わず涙を流してしまった私にとって、Maida Valeは特別な場所。 彼の生きているうちに行きたかったけど、こればかりは仕方ないね。
今回のグリフのセッションは、ピール・セッションの後を継いだDJ3人のうちの1人、Huw Stephensの番組用のもの。しかも放送は明日の夜!!
そして、ただでも金ないのに、場所はロンドン・・。電車で2時間ほどで、往復20ポンドくらい(涙)。 そしてホテル代・・・。
でも、グリフのためだ~!
 
しかし、このGくん、先週、アメリカのバンド、・・・And You Will Know Us By The Trail Of Deadのライブを見にオランダまで行っている。そして、明日はロンドン・・。あんたは一体、何者??
そして、Gくんによると、グリフと話もできるチャンスがあるらしい。 
しかも!!!
 
前回のセッションの時は、セッション終了後にみんなでパブに繰り出したらしい!!!
 
キャ~~~
 
かなり興奮してます、はい。 
意味はないけど、あんまり嬉しいので、Digisの不細工な顔を公開!!不細工Diglis2
 
猫ってこんな不細工な顔できるのね。
 
 
 
 
 
 
 
 
不細工Diglis1
 
 そして猫の鼻の穴。


スポンサーサイト
2005年02月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。