スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

日本食 2005年02月28日

今日から2日間、また英国カモシカは出張。今回はスイスのBielというところで会議なんだそうな。 
私からすると、たった1回の会議のためにわざわざスイスまで行くなんて金がもったいない!って感じなんだけど、ま、交通費は会社持ちだから損はないか。
そして私は、おうちで日本食三昧!!
英国カモシカが日本食好きではないので、普段はあまり食べないんだけど、おかげで私の日本食への欲求は高まる一方!
前に一緒に日本へ行ったときは四国に旅行に行き、彼は
「うう・・・またうどん・・ それにこの気味悪い物(旅館で出てきた刺身こんにゃく)は何?」 と、かなり参っていた様子。
 
何を作ろうかなぁ~~~ と考えた結果、豚汁が食べたかった!んだけど、豚肉がなくて、鳥汁です(笑)。豆腐
 豆腐はこの箱入り、森永の豆腐! 森永が豆腐作ってたなんて、イギリスに来るまで知らんかったよ。
でもこんな箱入りの豆腐なんか、日本にいたら絶対に食べたくない・・ 
長期保存&常温保存可能の豆腐なんて、ゼッタイ添加物とかすごそー。 でも、海外ではそんなことは言ってられないので。豆腐中身   でも、この中身・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 昔、小学校とかで使ってた紙粘土みたいよね。納豆
 
そして、今日はとっておきの
冷凍納豆!!
納豆が冷凍保存できるってこともイギリスに来るまで知らなかった。
さすがに納豆は英国カモシカの居るときには食べれんわ。臭すぎ(笑)!
 
というわけで、鳥汁と納豆とご飯を頂きました。
でも、納豆はちょっとパサパサになってた~~(涙) 豆腐もなんだか甘くない牛乳寒天って感じ。 味噌はうちの親が送ってくれたちゃんとした日本の味噌だったから、汁の味自体は大丈夫だったけどね。
うーーん、
   日本に帰ってラーメン屋のラーメンが食いたいい~~
 


スポンサーサイト
2005年02月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 食べ物

過去の記事 2005年02月28日

今日、ふとしたことで過去の記事の写真が見れないことに気付いた。メインページにある記事は見れるのに、それ以前のものになると写真の表示ができない。 Livedoorさん、これはどういうことー??
サポートのページとか見たけど何も情報なし。
ブログ用のLivedoor掲示板に行くと、他にも過去記事の写真が見れないって人がいたし、私だけじゃないみたい。
でも、たいした回答もなし。。
仕方ないので、
今までの写真を全部アップロードし直しました・・。
だって、せっかくのグリフの写真とか見れないのはもったいないし!
で、とりあえず今は過去記事の写真も見れます。
 
Livedoorのブログを使ってる人、ちょっと過去の記事の写真が表示できてるかチェックしてみて。


2005年02月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

鼻から血が! 2005年02月27日

昨日の夜は寝たのが遅かった。どうせ週末だし、遅くまで寝てよーっと!という予定だったんだが・・・Diglisの奴・・許さん
 
Diglis朝8時、いきなり鼻に痛みが! 「ひゃ、何???」と目を開くとそこにはDiglisが。 そして、私の鼻の頭からは血が・・・
Diglisの奴、私の鼻にアタックしたみたい。
でもむちゃくちゃ眠かった私は、また眠りに落ちて・・・
「うわっ!!」 今度は私の唇に痛みが!その直後、目を開いた私が見たものは、私の腕を叩いているDiglis・・。ホントにあの、猫の前足で叩かれた。 あんたねぇ・・・ 
理由はわかってる、朝ご飯が欲しいんでしょ? でもあと1時間くらい待てないもんかねぇ。 毎日ほぼ同じ時間にこうやって起こしてくれる彼女だけど、最近どんどん手荒になってきてる。思いやりってもんはないんかい?
 
そして、今日もまた壁剥がし・・・  もうかなりイヤになってきた。
せっかくの週末、天気も良かったのに何が楽しくて壁剥ぎ・・でも壁を剥がそうって言い出したのは私だからなぁ。
でも、今日でやっと
  全部の壁剥がし終了~~~シュガーソープ
 
今日からはシュガーソープなるものを使って壁を洗う作業。これは、英国カモシカの家の倉庫に長年眠っていたシュガーソープ。
 
これを水で薄めてから、スポンジを使って壁を洗い、油汚れとかこびりついている壁紙を取るんだけど、これが今までで1番大変な作業! 汚れを取るためにゴシゴシ擦らなくちゃならなくて、現在腕が筋肉痛。
でもこの作業が終われば、今度は楽しい壁のペンキ塗り~! 


2005年02月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

コスプレ 2005年02月26日

先日の英国カモシカからのお土産、リキュールセットを使ってカクテルを作ろうと、カクテルシェーカーを買いに町に出た。ウスターは田舎とはいえこの周辺では1番大きい町だし、土曜日ということもあり、今日は人で溢れていた。
そして、ん、何この人たち?ギルドホール3     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギルドホール(市役所みたいなとこ)の前に、こんな人たちがたむろっていた。 その中の1人に聞くと、いわゆるコスプレ好きが集まったらしい。
イギリスでは、いろんな時代の兵士の服を着て、草原とかで戦争ごっこをしてる人たち(歴史映画とかロード・オブ・ザ・リングスとかのバトル・シーンを想像してみて)がいる 今日は、その人たちが一同に集まったらしい。おもしろそうなので、ギルドホールの中に入ってみた。ギルドホール1
 
最初に外にいた人たちはアメリカの南北戦争(1861~65年)をやってる人たち。
 
そして、この人たちは・・・よくわからん(笑)!
 
 
 ギルドホール2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この人たちは、1642年~1651年のイギリスCivil War(日本語でなんていうんだろ?内戦?)をやってる人たち。 英国カモシカによると、このCivil Warはウスターで終わったんだそう。私は歴史にはあんまり強くないのでよくわからん・・。
しかし、みんなかなり本格的な服装だし、食べたり飲んだりしている食器も当時のものを再現したもので、タイムトリップした気分を味わえた。
 
そして、やっとカクテルシェイカーを探し当て、材料も買い込んだカクテルセットカクテル 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、作ったのはコスモポリタン
ウオッカ、Curacao、クランベリージュースとライムを少し。
キレイな色やんーー!
お味の方は・・・ウオッカの味が強すぎかな~。少し砂糖を足してみたら飲みやすくなったけど、むちゃくちゃ強くて、頭がクラクラ~~。 
こんなん毎日飲んでたら太りそー。
 


2005年02月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

既知の脅威! 2005年02月25日

最近、私のPCの調子が良くない。理由はたぶん、古いPCにいろいろ詰め込みすぎでパンパンになっているからだろう。
それに、Windows98(日本語版)に英語版のInternet Explorerを入れた結果、たとえば、コピペしたい場合に、コピーの時は “コピー” と日本語で出てきて、貼り付けの時は“Paste” と英語で出てくるバイリンガルなPCになってしまった(笑)。
でも、それにしても調子が悪いから徹底的にウイルスチェックをしてみようと思い、シマンテック のサイトから無料のウイルスチェックを。
でもこのサイト、英語サイトを翻訳ソフトで訳したみたいで、変な日本語だらけ! 例えば、ウイルスチェックをしている時のメッセージは
 
  既知の脅威を検出してください 
 
既知の脅威って何~~?? 結局、最後にもらったメッセージは
 
 コンピュータから既知の脅威が検出されませんでした。
 
だった。 よかった~、既知の脅威がいなくて! 
 
ついでに英国カモシカのPCもチェックしてみよーっと。 彼のPCはWindows XP。 私の98なんかより、動作もずっと早くて使いやすいし、英語版OSだけど、日本語も使える優れもの!
そして、結果は・・・既知の脅威が検出された~~~
トロイの木馬がいました・・。 怖いよ~~
このXP、ついこの前クラッシュして、OSを1から入れ直したばかり。 クラッシュする前は、自動的にHサイトに飛ばされていたんだけど、何度ウイルスチェックしても何も見つからなかったのに。
すぐに無料のウイルス退治をしておいた。 シマンテック、やっぱりスゴイ! でも翻訳はちゃんとしたほうがいいよ~(笑)。
今日は、郵便で1年に4回届く雑誌が届いた。 
   その名も 「Wag」!(笑)wag
 
 犬が飼いたくて仕方ないのに英国カモシカからの許しが出ないから、犬のスポンサーをすることにしたら、定期的にこの雑誌が届くようになった。 そして、バレンタインやクリスマスには
 犬からカードが届く!しかも写真つきで。
 
でも早く、本物の犬が飼いたいよ~!
 
みなさん、既知の脅威にはご注意を。


2005年02月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

おみやげ 2005年02月24日

昨日、夜遅くに英国カモシカが出張から帰ってきた。
月に1度、多い時には2,3度も出張のある彼。今回はブリュッセルだった。
でもフライトが遅れに遅れ、帰ってきたのは予定より2時間以上も遅れて10時半頃。
出張でいなくなるのは寂しいけど、それでも楽しみもある。それは・・
おみやげ~! 
定期的に行っているのはスイスなんだけど、そこではいつも私の大好物のチーズを買ってきてもらう。穴あきチーズのエメンタール大好き!
そして、たまに行くブルッセルとパリ。ブルッセルではいつもビールを買ってきてもらうんだけど、今回は何か違うものを、と頼んだら、リキュール・セットを買ってきてくれた。 わーい!!リキュール しかしこれ、オランダ産でした・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Curacao、Apricot Brandy、Creme De Bananes、Peppermint Green そしてCherry Brandyという5種類。 
ブランデーはあんまり好きじゃないけど、ペパーミントのリキュールは大好物!!これとチョコ味のCreme De Cacaoとクリームを混ぜると、と~ってもおいしい!
そして、おみやげはもう1つあった。なんと、GODIVAのチョコレート!チョコレート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そしてまた、ブリュッセルなのにGodivaのチョコってのがわからんが、とにかく、ワーイ! ヨーロッパなんて大陸続きだし、とりあえず周辺の国のものなら何でもOKよーん。
カクテル・シェイカー持ってないから週末にでも買う予定。 
そして、また二日酔い~


2005年02月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

イギリス人って・・・ 2005年02月23日

昨日のグリフ・セッションのあと、ロンドンに泊まった私。Gくんはロック・バンドがよく利用するColumbia Hotelへ、そして私は安ホテル。 なんだかいろんなとこに行ってるGくんだけど、どっからそんな金が出るの?と聞くと「家を売ったから」だって。そして、今は友達のとこに居候してるんだって。先のことを考えなさ~い!!と言っても気にしてないようだった。まったく、イギリス人って・・・。
 
私はホテルに戻ったあとも、興奮してたのと、ビールの飲みすぎで気持ち悪くてほとんど眠れなかった。今日は朝6時には目が覚めて、さっさとしたくをしてホテルを出た。 早く家に帰って、ゴラムとガンダルフに餌をあげなきゃいけないし!
しかし、さ、さむい~~~! 昨日もロンドンは吹雪。久しぶりの寒波がイギリス中を襲って、信じられないくらい寒かった。吹雪2

 

 

 

 

 

 

 

 

この雪が写真で見えるかな~?

この吹雪の中、私は昨日、駅でGくんを待っていた。そして、その時Gくんはというと・・ちょうどMaida Valeスタジオの前を歩いていて、吹雪で真っ白な中、誰かが手を振っているのに気付いたんだそう。「日本カモシカにしてはデカイよな」と思っていると、なんとそれはグリフだったそう。そして「今から人と会うんだー」 と言って、トコトコと歩いて行ったグリフ。 

速攻Gくんは、私に電話をしてくれたんだけど、そしたら行ってしまったと思ったグリフがGくんのとこに戻ってきたんだそう。そして言った言葉が 「Gくん、ところで地下鉄の駅はどこ?」・・・ 私はGくんにいきなり電話を切られて何がなんだかわからなかったのに~! そしてグリフは駅もわからずにただ歩いていたのね。。 まったくイギリス人って・・。

ロンドンも雪、ウスターも雪で今日はと~っても寒い! 暖房もぜんぜんきかないくらい寒いです・・・。こんな日はあったかいスープでも作って、お風呂に入ってさっさと寝るに限るわー。



2005年02月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

Radio1セッション/Gruff Rhys! 2005年02月22日

さて、昨日も書いたように、Super Furry Animalsのヴォーカル、Gruff RhysのRadio1による公開録音のスペアチケットがもらえたので、行ってきましたー、BBC。
これがBBCのMaida Valeスタジオ。  
bbc

思っていたより大きかった。中はちょっと迷路のようになっていて、グリフは録音終了後、ちょっと
迷っていた・・。

このセッションはBBC Radio1の番組、“One Music With Huw” のためのもので、来ていたのはチケットの当たった約20人くらいの人たちと、関係者たち。
録音スタジオは、本当に小さくてビックリした。
ちょっとしたバルコニーがあり、オーディエンスはそこからも演奏を見ることができるし、下に下りて、椅子に座っても良し、地べたに座っても良し。とってもリラックスした雰囲気で安心したー。 
友達のGくんはバルコニーに続く階段から、私は地べたに座って見てました。

続きを読む "Radio1セッション/Gruff Rhys!"
2005年02月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals

Maida Valeセッション 2005年02月21日

先日、グリフのライブで会ったスコットランドのGくんからメールが来た。
 
「グリフのMaida Valeセッションの公開録音の招待券が当たって、2人1組だから一緒に行く人探してるんだけど、誰か知ってる?」
 
って、そんなの私が行くに決まってるじゃん
速攻ケータイにメールして、今日の朝返事が戻ってきた。
「OK、じゃあ後でE-mailで詳しいことを知らせるね」
キャー、また生グリフが見れる~~
 
Maida Valeは、イギリスのインディー・ミュージック界に多大な貢献をし、先日、心臓麻痺で急死したBBC Radio 1のDJ、ジョン・ピール氏のピール・セッションでも有名だったスタジオ。 ジョン・ピールの悲報を6時のニュースで聞いたときに、あまりのショックに思わず涙を流してしまった私にとって、Maida Valeは特別な場所。 彼の生きているうちに行きたかったけど、こればかりは仕方ないね。
今回のグリフのセッションは、ピール・セッションの後を継いだDJ3人のうちの1人、Huw Stephensの番組用のもの。しかも放送は明日の夜!!
そして、ただでも金ないのに、場所はロンドン・・。電車で2時間ほどで、往復20ポンドくらい(涙)。 そしてホテル代・・・。
でも、グリフのためだ~!
 
しかし、このGくん、先週、アメリカのバンド、・・・And You Will Know Us By The Trail Of Deadのライブを見にオランダまで行っている。そして、明日はロンドン・・。あんたは一体、何者??
そして、Gくんによると、グリフと話もできるチャンスがあるらしい。 
しかも!!!
 
前回のセッションの時は、セッション終了後にみんなでパブに繰り出したらしい!!!
 
キャ~~~
 
かなり興奮してます、はい。 
意味はないけど、あんまり嬉しいので、Digisの不細工な顔を公開!!不細工Diglis2
 
猫ってこんな不細工な顔できるのね。
 
 
 
 
 
 
 
 
不細工Diglis1
 
 そして猫の鼻の穴。


2005年02月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals

臭い布団・・ 2005年02月20日

昨日の夜、ベッドに入る前に妙な臭いがした。なんか嗅いだことのある臭い。確かこれって・・・。 
やっぱりーーー・・・猫のおしっこの臭い・・!
またやられたかぁ。野良猫のタマはしつけがなってないため、たまにベッドの上でおしっこをしてしまう。
掛け布団はでか過ぎて家の洗濯機で洗えないので、仕方なく、今日はコインランドリーへ。
でも、洗って乾かすまでに1時間くらいかかるし、昼ごはんの時間も近かったため、おにぎりを作って持っていくことにした(笑)。
具はたらこ!tarako 
今回は、先日失敗した不気味なソフトたらこじゃなく、圧縮たらこ。  
 
 
 
 
 
 中身はこんな感じ。たらこ で、それをスライスして、醤油をかけてグリルで焼く。
たらこ2 
 
 
 
 
 
 
 見た目はこれもちょっと不気味? でも味の方は焼きたらこみたいで結構イケる。おにぎり 
 
そして、おにぎりのできあがり!
 
 
 
 
 
 コインランドリーの後は、また壁紙剥がし。やっと半分くらい剥がしたかな?これ、かなり重労働。壁紙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 全部剥がしたら、今度はシュガーソープとかいう洗剤で壁を洗って、糊だとか油汚れを取らなきゃいけないらしい。うーん、なんか面倒くさいなー。 でも、
あの花柄を毎日見なくてもよくなるんだから頑張るぞー!! 
ホントに、あの部屋にいるだけで目が疲れて気が滅入ってたことを思えば、このくらいの苦労なんて大したもんじゃない。
そして、壁紙の下から前の住人が描いたと思われるミッキーマウスを発見! 私が描いたんじゃないよ~。
ミッキーマウス

2005年02月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 食べ物

花柄壁紙 2005年02月19日

先日、英国カモシカの友達が6ヶ月間の世界旅行から帰国した。滞在先はカナダ、ニュージーランド、オーストラリア、ペルー、インド、南アフリカなど。うらやましいなぁ!私もお金があれば・・!
そして昨日の夜は、彼女の無事帰国パーティーに行ってきた。
そこで、なぜか英国カモシカの家の壁紙の話に。
 
私が英国カモシカと出会った時点で彼は自分の家を持っていた。そして、最初に彼の家をたずねた時に強く印象に残ったのが壁紙。
家の内装はごく普通でシンプルなのに、リビングルームだけが
 花柄の壁紙花柄壁紙    
こんなんです・・。 なんか典型的イギリスのおばあちゃんの家みたいじゃない? そして、その後、ベッドルームも同じような花柄だってことに気付いた。男なのに花柄ピンクの壁紙?? ちょっと怖いよ~。

でも、もしかしたら彼のお母さんの趣味かも、とか、彼はこれに満足いしてるんだし、「趣味おかしい」なんて言ったら失礼?とかいろいろ考えてた。 しかし、おかしいと思ってたのは私だけじゃなかったみたい。パーティーで、お酒も入っていい気分になってた彼の友達が「やっぱりあの壁紙はヤバイよなー!」と言い始めて、実は英国カモシカもあの壁紙はキライだったってことが発覚! 家を買った時点でリビングは花柄壁紙で、他の部屋はあまりに汚かったために壁を塗り替えたけど、それで力尽き、リビングはそのまま放置したらしい。 それなら張り替えよう!と、今日はさっそく壁紙剥がし。

これが結構大変で、まだ壁の半分も剥がし終わってない。そして、Diglisは大喜び。今日の朝も、ベッドから出ていた私の足(私はどうも寝相が悪いようで、いつも片足がベッドから出てる・・)に飛び掛ってきた彼女は、今度は壁紙をターゲットに。マッドDiglis2

 

 

 

 

 

 

さんざん遊んだ後は、壁紙の残骸の上に嬉しそうに陣取っていた。Diglisと壁紙

 

 

 

 

 

そして新たな発見が!花柄壁紙の下にはなんと、キレイな緑の壁。緑の壁

花柄よりぜんぜんマシだよ、これ。なんで前の住人、この壁のままキープしてくれなかったんだ~。 今後、1週間は壁紙剥がしと色塗りでいそがしくなりそう。 ペンキの色はテラコッタ(レンガ色)になる予定。



2005年02月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

パジャマ 2005年02月19日

実はこの2年ほど自分のパジャマを持ってなくて、英国カモシカのパジャマを着ていた。 でも、やっぱり大きすぎてズボンの裾をズルズルと引きずってしまっていた状態。で、やはり自分のパジャマを買うべきだろうと町に出かけた(2年も放置するなって?)。
でも、Marks&Spencerやその他メジャーな店を5件くらいまわったんだけど、結局見つけられなかった。 理由は、どれも大きすぎるから!
私の日本での服のサイズはM.。日本ではごく平均的な体系の私も、イギリスでは小さいと言われて、服のサイズはサイズ8。
そしてどの店もパジャマのサイズは12とかから始まり、あげくの果てにはサイズ20とか!! こんなん、誰が着るん? 
 
 


2005年02月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

羊靴下 2005年02月18日

さっき外から猫の Diglis が戻ってきた。猫ドアの開く音がして、いつものように 「ミャ~~」 という声。
「お帰り」と叫んで、部屋に入ってきたDiglisを見ると・・・
  うわ~~、スズメ!!!
これだから猫はイヤなんだー。スズメをくわえて戻ってきました・・・。
猫は人間を自分と同等か、自分よりも下として見ているそうで、狩りの出来ない人間のためにこうやって獲物を採ってきてくれるんだとか・・。
  いらんわ~~ 
すぐにDiglisの口からスズメをもぎ取ると、怪我はしてなかったようで部屋の中を飛び回り、窓にぶつかって気絶してしまった。 もうダメかと思ったら、しばらくすると元気になり、玄関を開けると元気に飛び立って行った。 
よかった~。 去っていくDiglis
 私に叱られたのがイヤだったのか、Diglisもその直後、家出・・・。 でもすぐに戻ってきたけど!
 
 
 
 
 
 
その後、町に出かけてこんなかわいい靴下を見つけてしまった。羊靴下

羊の靴下!!

羊の顔がかなりリアルで一目惚れ!目がイケてます。 室内用のあったか~い靴下で、履くと、ちょうど足の甲のところに羊の顔がきてかわいい。

なんか動物ネタばっかりだねー。

 

 

 



2005年02月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

眠い~~ 2005年02月17日

最近、寝不足だ。
というのも、この前グリフのソロライブを見たついでに家を2日間空けてしまい、帰宅後、うちにいつもやって来る近所の猫がやけに私に付きまとうようになったから。名前もわからないし、この周辺の人たちはDiglisと呼んでいるので私達もそう呼んでいる。Diglis
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちにはこれとは別にやって来る野良猫のタマがいて、うちではこの猫には餌をあげてていたんだけど、どうもDiglisは常に空腹で、うちに付いてる猫ドアから入ってきてはタマの餌を食べようとしていた。
うちの猫じゃないし、心配になって首輪に付いてた電話場番号にちゃ~んと電話までして、うちに入り浸ってることを伝えたんだけど、飼い主は気にする様子もなし
私たちがウェールズに行っていた間も、Diglisは実家に帰らなかったようで、私達が帰宅したときは「どこ行ってたんだ~~、ミャー!!」と鳴いていた。
最近では根負けしてタマとDiglis、2匹ともの世話をしているんだけど、2匹とも結構仲良くやっていて、ご飯も一緒に食べるようになったし、完璧うちの猫になってしまっている。タマとDiglis    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ただ問題が・・・ 私の眠れない理由は、Diglis。
毎晩、それも多いときでは3,4回、彼女は私の寝ている最中に体の上に飛び乗ってきては嬉しそうに喉をゴロゴロさせてくる。
そして、昨日は私の寝てるときに、布団から出ていた足にアタ~ック!
    血出ました・・。
遊んでもらいたいのはわかる・・でも寝てるときはやめてくれ~~ 
 


2005年02月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 動物

ゴラムとガンダルフ 2005年02月16日

うちにはギニアピッグが2匹いる。日本では多分モルモットっていうのかな? 日本では山ほど動物を買っていた私が、ここイギリスではペットなし・・。 英国カモシカには常に「犬を飼って~~」と頼んでいるけど許可が下りず、クリスマス・プレゼントに犬をリクエストすると、犬のカレンダーをくれた・・・。 
 
じゃあ試しに・・・と「ギニアピッグならOK?」と聞くと、「うーん、世話もラクだし、小さいしOK!」との返事。 そしてやって来たのがこの子たち。ゴラムガンダルフ

 

 

 

 

ゴラム(左)とガンダルフ(右)。 当時、映画ロード・オブ・ザ・リングスが流行ってたからこんな名前を付けられたかわいそうな兄弟。 でも、2人ともそっくりでしょ? 上からみるとこんな感じ。デブギニー                

 

 

 

 

 

 

 

 毎日、野菜をたっぷり食べてて、人間よりもヘルシーな生活をしてます。これは今日の食事。裏で猫が見てるけど、これはうちの猫じゃなくて、近所の猫。でも、いつもやって来ては、私のやることをこうやって観察している。ギニ-フード1ギニ-フード2 

 

 

 

 

ギニアピッグはネズミやハムスターほど賢くないし、芸の1つもしないけど、ま、かわいいから許すか~。



2005年02月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 動物

たらこ缶 2005年02月15日

イギリスでは魚介類を食べることがあまりない。 
イギリスで魚と言えば、フィッシュ&チップスで使うコッド(タラ)かサーモンなんかがメジャーなところだと思う。 
私はどうも白身魚が好きじゃなくて、アジとかサンマとかが食べたくてたまらないんだけど、ウスターじゃそんなもの売ってないし、たまーにイワシを見かけるんだけど、それもなんだかドロドロしてて、イワシの入ってるトレーのなかに黒い水が…。 日本の新鮮な魚に慣れてる私にはどうも抵抗があってねぇ。

でも、これだけタラがメジャーな国、イギリスなんだからタラコくらいあるだろう! と探して見つけたものがこれ。
缶入りたらこ~
tarako

それも圧縮されてて、ナイフとかで切れちゃうんで、スライスして焼いて食べてます。 タラコスパとかにも出来るけど、ちょっと生臭いかな。レモンを少し足すと、結構おいしく食べられる。

でもやっぱり、日本のやわらか~いタラコが食べたいと思ってると、先日スーパーでこんなものを発見した。

じゃ~~ん! SOFT COD ROE !! 
cod roe

直訳すれば

“やわらかいタラコ”
日本みたいな大きくてやわらかいタラコを期待して缶を開けると、中身はこんな感じ…。う~~~ん、なんか気持ち悪いかも。
nakami

ちょっと味見してみたんだけど、激まず! 
缶の写真で気付くべきだった~。

仕方なく、うちにいつもやってくる猫にあげたけど猫も食わなかった…。
日本のタラコが食べた~い!
2005年02月15日 | Comments(2) | Trackback(0) | 食べ物

ヴァレンタイン 2005年02月14日

ヴァレンタインかぁ。 みんな、今日はどう過ごしていたんだろう。 
 
日本ではチョコレートにプレゼントと女の子たちは頑張るけど、ここイギリスではカップルの日という感じ。男女とも自分のパートナーにカードや花束を買い、どこかで食事、っていうのがよくあるパターンかな? すごいとこでは、お互いにプレゼントを買いまくる!なんてカップルもいるみたいだけど、それはお金があればこそできるわけで。
 
私はというと…
英国カモシカからカードをもらったのに、私はカードの1枚も買ってなかった。
だって去年のヴァレンタインに、私はカードをあげたのに彼からは何もなかったから!英国カモシカはちょっと変わり者で、イギリスで恒例のクリスマスカードでさえ送らない人。だから、カードとかは嫌いなんだろうと勝手に思い込んでいた。 ごめんね、英国カモシカ。
 
そして、イギリス中のカップルがロマンチックな夜をすごしている中、私たちも!と映画を見ることに。 そして見たのは。。。
 
 
イギリス人なら誰でも知ってる、60年代にBBCで放送されてた子供番組!
これはそのリメイクの映画版で、公開前からThe Magic Roundaboutの存在は知っていたけど見たことのなかった私は、これは見ようとこころに決めていた。
内容は、子供番組なのにドラッグ中毒を連想させる砂糖の大好きな犬Dougle、カタツムリのBrian、ピンク色の牛Ermintrudeなどのキャラクターによる、アドベンチャー。 原作はフランス人、Serge Danot氏。
 
イギリスのBBCの子供番組って最近の"テレタビーズ"などもそうだけど、やけにカラフルでわけわかんなくて、意味不明ってのが多いが、その中でもこの Magic Roungabout はヤバイって聞いてたのでBBCの子供番組ファンの私としても、期待度かなり高し!
 
このリメイク版では、Dougleの声をRobbie Williams、そしてDougleの飼い主、Florenceの声はKylie Minogueが担当するなどして話題にもなっていた。
でも…ぜんぜんオリジナルとは違うかなぁ~。 キャラクターとかは確かにオリジナルに近いんだけど、綺麗にデジタル化されてて、音楽もとってもモダン。 テーマ曲もオリジナルとは違い、現代の子供向け音楽といった感じだった。 私も英国カモシカもちょっとガッカリ。 でもとりあえず見た、ってことで。
 
ちょっとはロマンチックなことを、と映画のあとは中華を食べに行きました~!
 
これは私の持ってるDougleのぬいぐるみ!実際のDougleはもっと毛が長くてかわいいんだけどな。Dougle
 


2005年02月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

ウェールズの天気 2005年02月12日

昨日のグリフはホントに良かったーー! いまだに興奮冷めやらず、写真ばかり見直してます。やっぱり大好き、グリフ
 
今日の朝、日本から来てたHちゃんは、飛行機に乗るためロンドンに戻らなければならず、私と英国カモシカは駅までお見送り。 するとそこには、Colwyn Bayそして、昨夜のライブでも会ったスコットランドのグラスゴーから来てた男の子が。 彼はその日、ウェールズの首都カーディフに移動予定。それも明日のグリフのカーディフでのライブのため! 
 
  私もお金あったら行きたかったよーー!
 
そこでしばらく電車を待っていると、逆方向行きの電車が先にやってきた。するとその電車のおばちゃん運転手が運転席から顔を出して、私たちに何か叫んできた。
 
 「そっち側の電車は20分遅れだよー。洪水だってさ。まぁね、これがウェールズの天気だよ、ハハハー!」
 
って笑ってる場合じゃないよ、おばちゃん  ま、なぁ…イギリスだし。お詫びとかサービスとか気にしないもんね、みんな。 のどかでいいけど、電車だけはちゃんと走ってもらえわないと乗換えとかあるんですけど…。 
 
その後、私と英国カモシカはB&Bで朝ごはんの時間だったので2人はここでお別れ。2人ともちゃんと目的地についたかな?
 
朝ごはんのあとで、Harlech城に行ってみることにした。 しっかし、すごい風!! 立ってられないよーー しかも寒い! この横に見えてるのが城なんだけど、グリフのライブで写真を撮りすぎてデジカメのメモリーが残ってなくて、ろくな写真が撮れなかった。
Harlech城

2005年02月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

HarlechでSUPER FURRYグリフ 2005年02月11日

さて、ここが今日のグリフの会場、Theatr Ardudwy。真ん中に見える円形の建物がそう。Harlech

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見てもわかるように、ここHarlechはすごい田舎。町だって聞かされてたけど、これはどう見ても!海岸沿いの丘の上にある小さなお城のある村。この写真もお城の上から撮ったもの。

昨夜のColwyn Bayのライブ後、Burngirlちゃんの家に泊まった私は、今日の朝ここHarlechに向かって出発したんだけど、これが一苦労。 まず、ウェールズの交通事情はかなり悪い。その上、前もって調べていた列車の路線が洪水のため通れなくなり、私とHちゃんはその区間をバスで移動しなくてはならなかった。 やっぱりイギリス…。 それにしてもウェールズってなぜか洪水が多い。地形上のためか、常に雨が降ってるからか、なぜかわからないけど至る所で水だらけで、この区間が通行止めになったのも納得(笑)。 仕方なくバスで移動、途中でウスターから車でやってきた私のパートナーの英国カモシカと合流してさらに走る。 途中、Snowdonia という国立公園を通るんだけど、ここって山ばっかりで天気も悪く、霧で何も見えない中、山道を走ることに! これは怖かった…。

ようやく午後2時半頃Harlechに到着。車を出ると今度は強風で立っているのも辛いくらい。 なんなんだ、この天気はーー。私と英国カモシカはパブの2階にあるB&Bにお泊り。 会場からも徒歩10分弱くらいの場所、というか、ここは村なのでどこにでも歩いていけるんだけど。 Hちゃんは今回のライブのチケットは日本で買ったため、ライブ前に会場で受け取らないといけないということで、私達みんなで会場まで行ってみることにした。 しかし、パブを出るとともに小雨がパラパラと…。  「でも近いしー!」なんて余裕で歩いているうちに雨は豪雨に変わってしまった。 ずぶ濡れになりながら会場で雨宿りしていると、そこには昨夜、前座で出ていたAlun Tan Lanが。 ちょっと話をしたらとってもいい人そうでした。

その後なんとかパブまで戻り、そこで私のSFA仲間のウェールズ人カップルと再会。偶然、私たちと同じパブに泊まってたみたい。ライブ開始30分前頃、みんな揃って会場に戻ると昨夜も会ったスコットランドからやって来た男の子と、私のSFA仲間2人とも再会。SFAのライブのたびに会ってるから、なんだか同窓会の気分! とくに今回、グリフはヨーロッパやアメリカ、アイルランドでもライブをしたのに、イギリスではウェールズでのみということもあり、みんなイギリス各地から集まってきていた。

今日の会場もかなり小さくて、昨日よりも小さいと思う。私は3列目。でも、会場が小さいから、ホントに近くで見ることができた。昨日と同じくAndy VotelのDJ,ミュージカル隊&従兄弟のグリフに続きAlun Tan Lan,そして9時半頃にグリフ登場!

 TOTP今日のグリフはサンバイダーじゃなくてニット帽 

 

 

 

 

 

 

 

 この人って被り物大好きだからなぁ。 それにしてもこの映像、なんだかTOP OF THE POPSみたい(笑)。 

この会場に着いたときから思ってたんだけど、今日のほうが圧倒的にウェールズ語を話している客の数が多い。 だからもちろん「英語話してー!」なんて頼む客もいなくてウェールズ語トークのみ…。

でもよく考えれば、今回のソロアルバムはウェールズ語だし、これが彼にとっても第一言語、そして、ここはウェールズ。英語トークを期待するほうが間違ってるよね。 ウェールズ語を話しているときのグリフは口数も多くて、ライブ中に本当に楽しそうにファンに話しかけていた。 ここではColwyn Bayよりももっとリラックスしていて、オーディエンスは気軽に会場を出入りしてはビールを買ってきたりしていた。 

そしてグリフ、曲の最中に女の子が席を立ったのを見て曲を中断。「出て行っちゃったよーー(涙)」なんて言ってウェールズ語のわかる人たちは大笑い! それを見ていた男の子たちはグリフのためにバーで買ってきたビールを差し入れ。みんな気軽に席を立っては、グリフに話しかけたりしていた。 私はウェールズ人の友達にグリフの言葉を少し訳してもらえたのもあってラッキーだったが、はっきり言葉はわからなくても雰囲気だけは伝わってきた。ここでのライブは本当にアットホームで暖かくて、みんな笑顔。 

そして、このギターをよーく見ると、ギターの上のところにダンボールに模様を描いたものが貼ってあるのが見えるかな?これは、右利き用のギターを左手で弾いているグリフが「ここに隙間ができるのはかっこ悪いからこのダンボールをくっつけたんだ」と説明していたもの(笑)。よく見ると真ん中にCDもはめ込んであるし!Harlechギター

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなキーボードでいろんなサンプリングをしてたんだけど、ちゃーんとキーボードを見せてくれてどうやってやったのかも説明してくれた。Harlech キーボード

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいろんな曲で大合唱がおき、ウェールズ語の話せない私はちょっと寂しかった。

でもウェールズ語のわかる人たちはグリフのサンプリングマシーンとキーボードのデモの音楽によるインチキテクノ(笑)で踊っていた。 まさか今回のライブで踊るとは思ってなかったけど…でも納得。ホントーに楽しくて、踊ってしまう、これは。 

最後はやっぱりAlun Tan Lan、従兄弟グリフとミュージカル隊でのラストの曲。ステージを去るとき、グリフはミュージカル隊の1人と心底嬉しそうな顔をして肩を組んでいた。 良かったねーー、グリフ。Harlech ポスター 

そしてこれが今日のグリフライブ、告知ポスター! シアターの壁に貼ってあったんだけど…一応、SONY所属、アルバムはアルバムチャート20位以内には必ず入るSuper FurryAnimalsのヴォーカルなんですけど。。 でもなんだかグリフらしくて微笑ましいかな。

さー、次はSFAのUKツアー待ち! 予定では5月あたりらしいけど、どうなることやら。。。



2005年02月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals

ウェールズでSUPER FURRY グリフ 2005年02月10日

今日は待ちに待ったウェールズ行きの日!! 昨日は日本から、この日のためにわざわざお客さんまでやってきた。 

そう、今日はバンド、Super Furry Animalsヴォーカリスト、Gruff Rhys(発音は‘グリフ・リース’って感じ)の   初ウェールズツアー!!  

Super Furry Animals(以下SFA)はイギリスバンドでありながら、自分たちの出身地であるウェールズの言葉を第一言語として話し、ウェールズ語でのアルバムも発表し、そしてバンドとしても成功した数少ないブリティッシュ・バンド。今回はその中心人物でもあるヴォーカルのグリフの初ソロ・ツアー! なんとなくレコーディングしたデモの出来上がりがとっても気に入って(しかもそれはもともとSFA用の曲だったらしい)、他のメンバーからも 「出しちゃえ!」と言われてリリースすることにした(笑)という今回の初ソロ・アルバム。 彼ら、SFAとしてバンドを結成したのは1994年頃、それ以前も他のバンド名で活動してたという、ホントにメンバー仲のいいバンドで、そのバンドのメンバーがソロというのは、私としては意外だった。  うんちくはこの辺までにしておいて、とにかく彼らは私の1番大好きなバンド  1996年のデビューアルバム以前からのファンです。 

昨日は日本からやってきたHちゃんとともにバーミンガムでカナダのバンド、Dearsを見ながらも頭の中はグリフで一杯! そして翌日の朝早く、北ウェールズのColwyn Bayという小さな町に向かった。 まずはColwyn Bayの隣町に住んでいる、友達のBurngirlちゃんの家に荷物を置き、Colwyn Bayへ。 しかし・・・・なにここ・・? なんもない~~! とにかく田舎。 ま、イギリスなんて都市以外は田舎だよね。 そして、この町でグリフがライブ。 

Theatr Colwyn会場は Theatr Colwyn(Theatrはスペル間違いじゃなく、これはウェールズ語のスペル)という地元町民のためのシアター! ちょっとしたミュージカルとかもやっているみたい。

 

会場内も狭くて、400席くらいしかなかった。そして私は2列目 がんばってチケット取ったから、なんて思ってたら日本からチケット取ったHちゃんはなんと1列目のど真ん中! どうやって取ったん~!?

私はBurngirlちゃんと一緒に2列目で見ていたんだけど、まずはレコードレーベル、Twisted NerveのAndy VotelのDJから。その後、1度幕が下がり、「次はグリフ!」と興奮していると幕が上がった。そして出てきたのは・・・ 踊り隊、COLWYN BAY

これ誰(笑)??唄って踊って少年少女によるミュージカルって感じ。しかも全部ウェールズ語!! なに言ってんだかさっぱりわからなかったけど、いきなりの展開に笑いころげて死にそうだった。学芸会じゃん、これ(笑)!そして、途中でグリフの従兄弟であり、MC MABONとしてウェールズ産ラッパーとして活動しているグリフ(同名です)が参加。

その後、Alun Tan Lanというウェールズ人の登場。ギター1本でのアコースティック・フォークといった感じ。もちろんウェールズ語で(笑)。 そしてやっと登場のグリフ!サンバイザー 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわっ、グリフ、白スーツにサンバイダー・・・しかも髪の毛もじゃもじゃで、ヒゲだらけ・・。前から趣味悪いとは思ってたけど・・しかし汚い。 ま、それでも私は好きなのよねぇ。 そして予想はしてたけど、やっぱりウェールズ語トーク! わからん・・なに言ってんの~~~??そして誰かが「英語話してー!」と叫んでくれたおかげでちょっとした曲の説明だけは英語でしてくれた。

ライブ前、グリフのアルバム「Yr Atal Genhedlaeth」は、おもちゃ箱をひっくり返して音の出るものは全て使ったというようなDIY的なアルバムで、これをどうやってライブで表現するんだろうと思っていた。すると、ホントにそのまま、目の前でそのDIYを実行してくれた。 いきなりマイクの前に立ったグリフは、自分の声でベースとなるリズムをハミング(?)し、それをサンプリングマシーンに落とし、それを流しながらアコースティックギター1本で唄いはじめた。

ステージ上のテーブルの上には、小さいキーボードや妙な‘‘物’’で一杯で、マイクスタンドには鳥かごが・・。 飾りかと思いきや、それは鳥の鳴き声のオルゴール!それと、鳩の鳴き声のでるおもちゃ、そしてオーディエンスに羊の鳴きまねをするように頼み、それら全てをサンプリングに使用。鳥かご

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこれはヴォコーダーのような声になれるおもちゃ。ヴォコーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後の曲ではAlun Tan Lanがバンジョーで参加、そしてドラマーも参加し、今回唯一のバンド編成で。 みんな白い衣装! 最後は従兄弟のグリフ、ミュージカル隊も参加しての盛り上がり!ラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 とにかくグリフの天然さにやられたー。私たちは最後まで笑いっぱなしで、本当にハッピーでリラックスしたライブだった。

お金なんてなくても、機材もなくても音楽はできるということを教えてくれたグリフでした。

さて、明日はHarlechという、これまたヘンピな北ウェールズの小さな町でグリフを見まーす!



2005年02月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals

白鳥殺人事件? 2005年02月08日

先日のローカル新聞を読んでいて、こんな記事を見つけた。白鳥殺人事件 

 

 

‘用水路にて白鳥、殺害される’

酷いことをする奴もいるもんだ・・と少し憤慨しながら記事を読み始めた。

‘縄張り争いの末、メスの白鳥がウスター市街にて殺害されているのが見つかった’

「んーーー、縄張り争い・・?」

‘被害者は長年の間、この用水路で巣を持っていたが、ライバルのカップルにより巣の脇にある草むらに連れこまれ、暴行を受けたのち用水路にて溺死したと見られる。事件後、犯人のカップル白鳥は新たな住みかを求めて現場を離れ、残された被害者の夫は1羽、途方に暮れている’

って、犯人は白鳥かいー! こんなんがニュースになっていいのか。この前は馬2匹、車に跳ねられ死亡とか出てたし。白鳥2

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、ウスターの川には白鳥がウジャウジャいる。これはごく1部で、5分も歩いて川上に行くと気味が悪いほど白鳥だらけ。しかもみんな強暴!

 さて、今週は私が長年ファンをやってるウェールズのバンド、Super Furry Animalsのヴォーカル、グリフのソロツアーがあるんだが、このために遥々日本から、うちにお客さんがやってくる。 このツアー、イギリス内ではウェールズでしかツアーをやらないので、私もウェールズまで泊りがけでいくんだけど、彼女は日本から!頭が下がります。

明日の夜はうちに泊まって、翌日の朝、ウェールズへ出発。 楽しみ!



2005年02月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活

祝!ブロードバンド 2005年02月07日

やっと、やっと、イギリスでブロードバンドが使えることになった~!!
契約はしたものの、かなりいい加減なお国柄なため、待たされまくっていたもんで。
ということで、初ブログを始めることにした。
使い方とかもいまいちわかってないけど、とりあえず始めてから考えよーっと。

タイトルからもわかるよう、現在の所在地はイギリスのウスターという町。
イギリスの中部に位置している。

ウスターというのはどうもあのウスターソースの発祥の地らしい。
私はここに引っ越してくるまではウスターソースは日本のもんだと思ってた。 
でもよ~く考えると、‘ウスター’って日本語じゃないよなーー。
いろいろ調べてみた結果、ウスターという地名がソースの名前になったというのはかなり確かな説らしい。 
他にも、インドに住んでたイギリス人がイギリスに帰国後、インドで使っていたソースがどうしても食べたくなり、ウスターの薬剤師に頼んで調合してもらったとかいう説もあるみたい。
でもこの説はちょっと信用ならんなー。

ってことで、本場イギリスのウスターソース、何社か製造してるけど、
Lea&Perrins社のウスターソースが元祖みたい。 
sauce

味の方は、日本のウスターソースよりも辛くてスパイスが効いてる。料理の下味付けにつかうのはいいけど、普通にソースとして使うには味濃すぎ!
今後はイギリスでの日常、音楽(と言ってもかなり偏ってる)なんかについて書いていこうと思う。

2005年02月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 食べ物
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。