07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

悲しい一言 2009年01月22日

先日、久々に英国カモシカ兄の台湾人のお嫁さんと話をする機会があった。
彼女は結婚直後から

 「私は2年以内に妊娠しなければならない」


と言っていたんだけど(占いでそう言われたらしい・・・)、私が先に妊娠してしまったので私に会ってくれなくなってしまっていました。汗
でも先月、約1ヶ月ほど台湾に滞在して気分も変わったのか、やっと私に会ってくれた。

それほど妊娠したがっている彼女なので、もちろん彼女は妊娠するための準備をしているんだろうなぁと思っていたんだけど、今は英国カモシカ兄に向かってしきりに

 「仔犬が欲しい~~、仔猫でもいいけど


と言ってます・・・。

英国カモシカ兄が猫アレルギーなのは知ってました。
とくに猫に関しては、年末に数時間ほど仔猫と一緒に過ごしただけで気分悪くなっていたので強度のアレルギー持ちなのは確実。

でも改めて確認すると、彼は猫だけじゃなく “羽毛&毛のある生き物ほぼ全て” に対するアレルギーを持っているんだそうです。
そのことはお嫁さんも知って結婚したはず。。。

そんな兄と結婚したんだから・・・ペットが飼いたければ金魚や亀くらいしか無理!
そうお嫁さんに提案すると

 『えー、亀なんて気持ち悪いからイヤだ』

と言われました。うーん

金魚も餌をくれる人は把握して水槽に寄ってくるし、亀だって大きな口を開けて餌を食べるところなんて愛嬌があって可愛いと思うんだけどな。
どんな生き物でも、飼えば素敵な家族になれるのに。

しかも彼女は妊娠したがっていて 2年以内に妊娠 というタイムリミットまで既に1年を切ってしまっているんだし、もしも仔犬や仔猫を飼った直後に妊娠発覚でもしたらどうするつもりなんだろう・・・。ソ猝ヨ

最強のツワリを経験した今だから言えるけど(^^;)、生半可な気持ちじゃツワリ中に仔犬(仔猫)の世話なんて無理!!
私はキャットフードの匂いで吐いていたので、猫たちにご飯をあげることが出来ませんでした。。。がっくり
猫たちの手作りご飯は、生肉を見ると気持ち悪くなってしまったので中断。。。
これが遊び盛りの仔猫たち相手だったら、遊んであげることもできなかったと思います。
しかも私はターディス嬢の体臭でも気持ち悪くなってしまい(他の子は平気でした・・・汗)、脱水状態でフラフラにもなってしまったので約2ヶ月間ほどマトモに外出もできなかったし。
なによりも、そんな状況では放置されてしまうであろう仔犬が可哀想。

そして気になるのは、彼女が言っているのは 『犬(Dog)が欲しい、猫(Cat)が欲しい』 ではなく、あくまでも 

   『仔犬(Puppy) か 仔猫(Kitten) が欲しい』 

ということです。

年末に英国カモシカ姉たちの仔猫を見て以来、暇さえあれば兄に向かって 「仔犬が欲しい」 と言い続けているらしいんだけど、嫁の言うコトは何でも聞いてしまう兄だけに、アレルギーがあるのを無視して

  『じゃ、とりあえず飼ってみてダメだったら手放す?』


なんてことにならなきゃいいんだけど。怒り

イギリスでは不景気の影響で飼いきれなくなった犬や猫が大量に保護センターに持ち込まれていて、保護センターは既にパンク状態。
私が知っているウスターの状況も酷く、現在保護中&里親募集中の猫の数は過去20年間で最悪。
犬に関しては、保護スペースがなくなってきている状態だそうです。sc07

本当の犬好き、猫好きなら、こんな状況なんだから 「仔犬が欲しい」 じゃなくて

 「保護中の犬(猫)の里親になりたい」


って言って欲しい・・・。
たとえ、アレルギーのせいで飼えないとしても。

彼女にも 「保護センターには、家族を探しているたくさんの犬や猫がいるよ」 と伝えたんだけど、笑われてしまいました。
何がオカシイんだろう。
そして代わりに

 「友達に、プードルとラブラドールを掛け合わした犬だとアレルギーが出ないって言われた」


と言われました・・・。

彼女のあっけらかんとした 「仔犬が欲しい」 の言葉の影には、飼い主を失くした大量の動物たちがいるということを、せめて彼女には覚えていてもらいたいなぁと思います。

私は、もしも子カモシカに猫アレルギーが出たらどうしよう・・・ということがずっと気にかかっているんだけど、英国カモシカとも 「子供のアレルギーは大人になるにつれて消えることも多いし、アレルギー反応が出たからと言ってすぐに大騒ぎしないように」 と話しています。
猫たちと子カモシカと、無事に共存できることを心から願います☆
スポンサーサイト
2009年01月22日 | Comments(10) | Trackback(0) | 動物

おサルさんとホリデー 2008年10月12日

いきなりですが、英国カモシカが来週1週間ほど仕事の休みを取ってきました。^^;

イギリスでは夏にサマーホリデーとして仕事の長期休暇を取る人が多いんだけど、今年は仕事が忙しかったのと、私がツワリで身動きが取れなかったために仕事と家の行き来のみで過ごしていた英国カモシカ。

日本人からすれば長期休暇が取れないのも普通のことだし、全く疑問にも思わないんだけど(^^;)、英国カモシカは不満ブーブー。
ホリデーを取らないとストレスが溜まって仕方ないんだそうな。(--;)
おまけに夏の間ずっと私がツワリで死んでいて、週末もどこにも出かけることができなかったのも英国カモシカのストレスに拍車を掛けていたようです。汗

日本に居たころは、たった1日の休みを貰うのにも苦労していた私からすれば

  『なんて我侭なことを言ってやがるソ猝ヨ


と思ってしまうんだけど、そんなことはホリデーを取るのが普通のことだと思っている英国カモシカには通用しない・・・。
しかもツワリ中の家事も英国カモシカに任せることが多かったので、今の私には意見を言う権利なしです(汗)。

ということで、月曜日からイギリス国内旅行に出かけてきます。^^;
金曜日に帰宅予定。

英国カモシカはこの土曜日から出かけたかったらしいんだけど、そんな急に旅行に出かけると言ったってうちには猫たちが居るんだから無理!!怒り
説得して、月曜日から出かけるということで納得してもらいました(汗)。

猫たちのお世話は、友達の猫飼いさんに1日2回ほど様子を見に来てもらうことで合意。羅琉 満足
こんなに急に出かけることになったのでちゃんとしたペットシッターさんに世話を頼むこともできなかったし、私からすれば猫たちに悪いなぁ。。。と思ってしまうんだけど。
グンタ

そして、どうしてもどこかに出かけたかった英国カモシカを納得させるために、土曜日はうちから車で2時間ほどのところにある Monkey Forest に出かけてきました。

その名の通り、お猿さんたちがたくさん居る場所です。^^
さる

ここに住んでいるのは Barbary Macaques(バーバリーマカク) という種類の猿。
ニホンザルも、このバーバリーマカクと同じマカク属に属してます。

バーバリーマカクの従来の生息地はアルジェリア、モロッコ、そしてジブラルタ(→人為的に持ち込まれ、野生化したもの)で、現在のところ絶滅の危機に瀕しているために、保護プラグラムの一環としてこの monkey forest  も設立されてます☆
サル3

ここでは2つの群れが放し飼いにされていて、人間は猿の住んでいる林の中を歩きながら自由に歩き回っている猿の観察をすることができ、今なら今年の夏に生まれた子猿たちの姿を見ることも可能。*^-^*
サル2

サル4

こうして見ていると、人間も猿もそんなに違いはないなぁと思う。
とくに子猿たち(笑)。jumee☆monkey3

それでは、月曜日からいったいどこに行くのか分からないんだけど(汗)、行き当たりばったりでイングランド南西部に向けて出発する予定です。(--;)
こんな旅行でいいのかしら。汗
2008年10月12日 | Trackback(0) | 動物

より良い動物環境のために、一言♪ 2007年08月13日

mixiのマイミクさんのトコで知ったんですが、動物愛護法に関する

 「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準(案)」
        及び
 「動物の処分方法に関する指針の改定(案)」


の改訂案に関して、一般の方からのコメントを受け付けているそうです。

 詳細は コチラ から。

ご意見受け付け期間は 平成19年8月9日(木)~9月7日(金 の間です。

不幸な動物を減らすために、そして殺処分される動物たちを減らすために、飼い主の義務が強化されるような法律ができることを願ってます。

●どうすれば捨て犬や捨て猫を減らすことができるのか
●殺処分を減らすことができるのか


ということに関しては、実際に動物を保護したことのある私たち一般人の方が良いアイデアを持っているような気がします。

不幸な動物を減らすためにも、意見を送ってみてはいかがでしょうか?
募集要項は コチラ から。

郵送、FAX、メールの3通りで意見を送ることができます☆
2007年08月13日 | Comments(2) | Trackback(0) | 動物

保護動物事情 2006年12月07日

毎日雨ばっかりで、そろそろうちからすぐの川が氾濫すると思われるんですが(汗)、そんな暗い日々を送る中、今年最初の クリスマスカード が届いた。

差出人は・・・  ですが。^^;
レオカード

私はイギリス最大の犬の保護団体 DOGS TRUST でワケありで里子に出せない犬の “あしながおじさん” をやっていて、このカードの差出人(犬)は、うちから1番近い保護センターに住んでいるレオ君
近いので、会いたければ会い行けます♪

このカードの裏側はカレンダーになっていて、1年中使えまーす。
そして、カードにはレオ君からのメッセージ付き。
クリックで拡大します。
レター

レオ君、なんと DOGS TRUST の スポンサードッグ(里子に出せない犬)代表 としてテレビCMに出たそうです。
私はまだCMを見てないので、これから要チェックだわ。^^
そして、おやつの食べすぎで太ってしまったそうです。

そして同じく肥満児のタマは、やっぱり私の作ったシャカシャカトンネルをベッド代わりにして寝てます。。。
運動不足は肥満の原因よ、タマ。 
タマ使用

DOGS TRUSTなどの活動を見ていていつも思うのは、イギリスにおける犬の扱いって、猫とは違うなぁ。。ということ。
確かに日本の捨て猫事情や動物の扱いと比べると、イギリスでは動物全般を通して、遥かに良い扱いを受けていると思う。

野良犬も野良猫も、イギリスではあまりお目にかかることがないし、たとえ居たとしても良心的な動物保護団体に連絡すれば、殺されることもなく里親が見つかるまで保護してもらえる。
そして凶暴だったり持病持ちで里親が見つからない場合には、 スポンサー・ドッグ として一般からの寄付金をもらいつつ、死ぬまで保護センターで面倒を見てくれる DOGS TRUST のような団体も存在する。

猫の場合は、DOGS TRUST の姉妹団体とも言える CATS PROTECTION が、同じく健康な猫(病気や怪我などで助かる見込みがない場合は、安楽死させることもあるそうです)は絶対に殺さずに面倒を見てくれるので、やっぱりイギリスでは野良猫は少ない。
この CATS PROTECTION のお陰で、ターディス嬢も雪&グンタもうちにやって来ることができた。

でも、DOGS TRUST の知名度に比べると CATS PROTECTION の知名度はとーっても低い。 

続きを読む "保護動物事情"
2006年12月07日 | Comments(6) | Trackback(0) | 動物
HOMENEXT≫

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。