09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

年内帰国を目指します!! 2009年10月28日

たくさんの拍手コメントを本当に本当にありがとうございます!!!
今は色々とバタバタしていてコメントが返せません。
ごめんなさい。

どういう書き方をしてもありきたりになってしまうと思うんですが、皆さんに頂いたコメントが本当に嬉しかったです。
子育てや離婚のこと、そしてイギリスに置いてきてしまった猫たちのことなどもあって悶々としていたので、コメントを頂けてそれだけでも救われた気持ちです。
今までブログをやっていて良かったです。
改めて、本当にありがとうございました。

結局、結婚生活はこういう結果になってしまったんだけど、今はこうなって良かったのかなぁ・・とも思います。
ここは猫ブログなので書けないことも多々あり、大まかな部分は省いても英国カモシカの思いやりのなさなどに対してストレスは溜まっていたので、これまでにそういうことも文章に出てしまっていたと思います。。。

父親である英国カモシカの子カモシカに対しての冷たさや、英国カモシカの家族からの愛情のなさなど、長い目で見て子カモシカにとって良いとは思えないこともたくさんあったので、早いうちに離婚となって良かったです。

英国カモシカは、これから子カモシカのために定期的な養育費などはくれる気はないそうです。
一括支払いである程度のお金をくれるつもりはあるみたいだけど、手切れ金のような形になりそうです。

『イギリスでは、養育費を定期的に渡すのは一般的じゃないから』 

と言われました。

   ・・・ホントか?

もう面倒なので、くれないという人と争う気もありません。
私は1番大切な子カモシカと猫たちさえもらえればそれで十分だし。
英国カモシカは、子カモシカの安全対策をするよりも庭の手入れをする方が大切、と言い切ったので、大好きな庭を手放さずに済んで、お互いにとって良かったんでしょう。

父親として定期的に子カモシカと連絡を取る気もないようだし、写真を見たいとも言ってこないし関心は全くないらしい。
自分の子供さえも愛せない、可愛そうな人です。
環境保護も大切だけど、大好きな地球とともに自爆してしまえ・・なんて腹黒なことも思ってしまいます。汗
私も子カモシカの将来のために環境も守りたいけど、まずは今そこにいる子カモシカと猫たちを守ります!

とりあえず、子カモシカは相変わらず元気です。^^
帽子

今ではお座りもうまくなり、床を猛スピードでゴロゴロと転がって犬のチロの水の入ったボールを倒そうとしたり、ちょっと目を離した隙に人間用スリッパを口に突っ込んでいたり。
英国カモシカは家の安全対策を何もする気がなかったので、やっぱり日本に帰ってきて本当に良かった。。。(--;)

そして、毎日のようにチロと仲良しです☆
chiro

猫たちの日本引っ越しですが、今は動物検疫に関して調べているところです。
日本の検疫所のHPを読んでいるんだけど、なんだか難しいことが書いてあって混乱気味。

“日本に到着する40日前までに動物検疫所に連絡を入れること” と書いてあるんだけど、それって、最短で40日で連れ帰れるってことなのかしら??
イギリスでは狂犬病が発生していないので狂犬病の予防接種をしなくても良いため、日本→イギリスの引っ越しよりも手続きが簡単になることは知っていたんだけど、HPを読んでもよく分からないことが多いので1度、検疫所に連絡を取ってみるつもりです。

最短40日で連れ帰れるのであれば、頑張って年内日本帰国を目指します!!

ちょっと心配なことは、猫たちとチロが仲良く同居できるのか? ということ。^^;
チロは以前、短期間ではあるけど子猫と生活をしたことがあります。
その時は、子猫に何をされてもチロは怒らず子猫を可愛がっていたそうです。花

まぁ・・・1番心配なのはターディス嬢の反応かな。うーん
スポンサーサイト
2009年10月28日 | Trackback(0) | 猫の海外引っ越し
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。