03 12345678910111213141516171819202122232425262728293005


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

山で気絶しかける・・・(-▽-) 2007年05月08日

さて、スイス旅行記最終章です。
私たちはスイスアルプスの広がる 

  ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)地方

に宿泊したんですが、そこには ユングフラウ(Jungfrau) という高さ4158m の山がそびえている。

そして、山の頂上まで目と鼻の先、という場所にはヨーロッパ一高い場所にある鉄道の駅 

 ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch Top of Europe)

がある。
駅の中にはレストランや展望台などもあり、アルプスの山々や、年中溶けない万年雪や氷河を眺めることができる。
でもそこに行っても、天気が悪ければ何も見えないのであまり意味はない。

そこで! スイスのテレビのチャンネルには、

 1日中、山頂に設置されたカメラで山頂の様子を生中継♪

というチャンネルがあり(笑)、スキーヤーや登山客に人気の山の様子を流し続けている。
360度回転して撮影し続けている映像を流すだけなので、解説者などは居ないんだけど。^^
私たちもそのチャンネルで天候を確認し、運よく晴天の日があったので行って来た。
この日の朝は晴天☆ ホテルの部屋からも山々がくっきり。

hotel

朝起きて、窓を開けてこの光景を見たときは感動でした。
本当に、言葉を失う。

その後、すぐに支度をして駅から列車に乗り、登山列車は山をどんどんと登っていく。
次第に気温も下がってきた。
列車

登山列車は約1時間半かけて頂上付近まで上っていくんだけど・・・標高3500mを過ぎたあたりから、なんだか呼吸が苦しい。
なんなんだろう、と不安になって英国カモシカに伝えたところ
 『空気が薄いからね』
と、さらっと言われました。^^;

そして列車が頂上に到着♪
駅を出て歩き始めた瞬間、目の前が真っ暗に。(-△-)

続きを読む "山で気絶しかける・・・(-▽-)"
スポンサーサイト
2007年05月08日 | Comments(7) | Trackback(0) | スイス

スイスの動物たち 2007年05月05日

子供の頃 『アルプスの少女ハイジ』 に憧れていた日本カモシカなので、アルプスに行って真っ先に目で探したのは 動物たち
探すほどもなく、牛なんて至るところに居ましたが(笑)。
牛

そして、次にたくさん目にしたのは 羊。
みんな、毛刈りをされた直後だったようで毛なしでした。^^
羊

イギリスにも牛や羊は放牧されているんだけど、スイスの動物は 危機感 がないというか、みんなとってもノンビリ、そして人懐っこかった。

人間の姿を見れば寄ってくるし、全く緊張することもなくノンビリと草を食べ続けるし。
何がイギリスの放牧と違うんだろう・・・と考えてしまった。

道を歩いていて、近くに家畜が居るとベルの音がだんだんと大きくなるから分かるんだけど(笑)、ついつい気になってどこに動物が居るのか目で探してしまう。
そして、あるとき姿は見えないのにベルの音が聞こえてきた。
『どこだ??』 と探していて、目に入ってきた光景はこれ。
子ヤギ

分かるでしょうか?
写真をクリックして大きくするともっと分かりやすいと思うんだけど

人間の子供が首にベルを付けて、4つ足付いて子ヤギと遊んでました。^^ 

可愛すぎ。
ハイジの世界だーー!!
私が子供の頃にやってみたかったのは、まさにこれ!
でも、こうやって小さい頃から人間に慣れているから、スイスの家畜は人間を怖がらないのかなぁ、と思いました。

スイスの農家1件あたりで飼っている家畜の数は、イギリスと比べて平均 半分以下 くらい。
一農家当たり、10~15頭くらいでした。
家畜の数が少なくても生計が成り立つ、福祉のしっかりした裕福な国ならではなのか、弱小農家でも生活していけるような制度がきちんとあるのか、その辺はちょっとわからないんだけど。
これがイギリスだと、弱小農家は大手スーパーに安いお金でミルクや肉を取引されるので、とっても生活できません。(>_<)

飼っている家畜の数が少なければ、当然1頭と接する時間も増えるので、より良い世話ができるのかもしれない。
家畜なので寿命を全うすることはないにしても、殺されてしまうまでの時間は幸せかな。
少なくとも、小さくて暗い小屋に押し込めらて一生を送って死んでいく家畜よりは幸せだと思いました。

ではカウベルの音で、スイスを感じてください。^^ 


牛の鼻息で感じるスイス♪


続きを読む "スイスの動物たち"
2007年05月05日 | Comments(4) | Trackback(0) | スイス

生で見るハイジの里 2007年05月05日

スイスの旅、中盤です。

私たちは都会をあとにしてスイスアルプスへ向けて出発。
当初は列車で移動する予定だったんだけど、食事にも招いてくれた例の フランスxマセドニアご夫婦 が

 「僕達も観光がてら一緒に行きたいので、車で送っていくよ!」


と言ってくれて、車で連れて行ってくれました。^^
おかげで、列車では行くのが難しいチーズの産地

 グリュイエール (Gruyère) へも行くことができました。グリュイエール

町並み

小さくて、とっても可愛い村。
現実のものとは思えない、写真の中の風景を見ているような気分でした。^^
チーズ工場は観光地にもなっているので、チーズの製作工程を見ることができます。
でも・・・私たちは時間がなかったので 熟成 させているチーズを見つめたのみ(笑)。
ズラーっと並んでいるのは、全てチーズです!
チーズ

熟成は何ヶ月もかけて行われるんだけど、その間、上下を裏返す作業が必要となってきます。
現在では、この作業は機械で行っているそう。
グリュイエールは私の好きなチーズでもあるので、製作工程も見てみたかっただけに見学できなかったのはちょっと残念!

ちなみに、ジュネーブではあまり興味のなかった管制塔の見学はさせてもらいました。
大きなコンピューターとスクリーン、そしてたくさんのケーブルがぶら下がり、みんなが画面を見つめているのみです。。。 
空の安全を守る大切な仕事ではあるので 「退屈だった」 と言ってはいけないんだけど(汗)、やっぱり私はチーズ作りの方が興味あるかな。

その後、いよいよ目的地であるベルナーアルプスの広がる
 
 ベルナーオーバーランド地方 へ☆ 

続きを読む "生で見るハイジの里"
2007年05月05日 | Comments(3) | Trackback(0) | スイス

ジュネーブ1人旅 2007年05月04日

今回のスイス行きも、前回 “新婚旅行” として行ったベルギーと同じく(-▽-)、英国カモシカの出張に付いていったものです。^^;
なので、最初の3日間は選択の余地はなく、仕事先であったジュネーブへ宿泊しました。

昼間は仕事をしていた英国カモシカとは別行動で、私は1人ジュネーブ観光へ♪
スイスは主に、フランス語、ドイツ語、イタリア語の3ヶ国語を話す国(スイス語というのもあるけど、話している人の数はとっても少ないです)
そしてジュネーブは、フランスとの国境にとっても近いフランス語圏。
前回ベルギーに行ったときと同じく、私はフランス語なんて基本会話の時点でアウトなので(汗)、ちょっと苦労しました。

ジュネーブの名物といえば、高級ブランドブティックに時計に銀行。
まぁ・・・そんなものとは縁もないので(^^;)、私は普通にその辺をブラブラと歩いて観光を。
ジュネーブ

ジュネーブには、海のように巨大な レマン湖 という湖があって、湖を挟んで向こう側はフランスとなります。
湖には白鳥やアヒルが泳いでいるんだけど、砂浜のようなものもあって海に白鳥が居るような妙な気分を味わえる。^^
白鳥

ジュネーブは、スイスで 最もスイスらしくない町 だなぁ、というのが私の感想。

私はジュネーブ滞在中に、1人で列車に乗って近くの ロザンヌ(Lausanne) という町にも行ってきたんだけど、ここはもっと庶民的で良い意味で活気に溢れる町だった。^^;
ロザンヌ
ロザンヌ
 

ジュネーブは、湖に掛かる小さな橋を挟んで町は2つに大きく分かれていて、橋の向こう側には銀行ビルや高級ブティックが立ち並び、オールドタウンと呼ばれる、とっても雰囲気の良い町並みが広がる。
オールドタウン

そして橋のコチラ側、空港側には庶民向けの繁華街が広がっていて、とにかくいろんな国籍の人たちが入り混じったカラフルな町並みが。。。
カラフルというのは、いろんな意味でカラフルで・・・。

ガイドブックには 

様々な国籍のレストランが点在していて食には困らない 

なんてことが書いてあったけど、実際はその多国籍レストラン街は娼婦が道に立ち並んでいる地域。(-▽-)

お姉ちゃんたちがオッパイボーンと出して、道に置かれたテーブルの上で料理のように横になっている姿を見て

 『アフリカ料理を食べてみたいけど、このお姉ちゃんたちを見ながら食べるのはちょっとイヤ 

と思って諦めました。^^;

そしてジュネーブの物価の高さと言ったら!!
財布出す気にもならないほど高くて、ランチを食べようにも手が出ない値段。。。
仕方ないので、スーパーで出来合いのものを買って食べました。^^;
この町は、本当に悲しくなるほど格差が激しかった。
庶民にはただ生活するのさえも不可能です。(>_<)
でも金持ちな人は、目が飛び出るほどの金持ち。
なんだか不公平な世の中だわ。 

英国カモシカの出張先の人たちも、スイスのあまりの物価の高さのおかげで、ほとんどの人がフランスに住んでいるんだそうです。
生活の基盤はフランスに置いて、スイスに通勤。

そんな通勤者の1人は英国カモシカの顧客であり友人なので、車で国境を越え、フランスにある自宅へ招待してもらいました☆

続きを読む "ジュネーブ1人旅"
2007年05月04日 | Comments(4) | Trackback(0) | スイス
HOMENEXT≫

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。