01 1234567891011121314151617181920212223242526272803


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

狩人タマ 2009年05月12日

今の家に引っ越してきてから1年以上が経ちました。

そしてこの家に来てから、庭には猫用の脱走防止フェンスを設置して猫たちは自由に庭外出をするようになりました。猫足
おかげで猫たちは幸せそうだし、皆にゃんが事故にあったり人間から危害を加えられる心配をしなくても良くなって、おまけにフェンス内には野鳥もやって来なかったのでタマからの “おみやげ” を貰わなくても良くなったし。^^;

そして今朝のこと。
2階で子カモシカに授乳をしている間、どうも1階の台所が騒がしいなぁ、と思っていた。
子カモシカもお腹いっぱいになって2度寝を始めたので、この隙に洗濯と掃除を済ませてしまおうと1階に下りた私は凍りつきました・・・。

台所の入り口に散らばる羽。
所々に見える赤い点々・・・。
そして、呆然と立ち尽くしている雪ちゃん。(--;)

うぅぅ・・これは前の家でよく見慣れた光景です。(-▽-)
台所の入り口から先へはなかなか怖くて踏み込めなかったんだけど、掃除もしなきゃいけないし、と意を決して入ってみるとそこは地獄絵。

立ち尽くしていた雪ちゃんは、たぶんどうして良いのかわからなくて呆然としていたんでしょう。^^;
台所の中には羽が散らばり、色んなところに血が点々と。
そして英国カモシカが脱ぎ捨てていたスリッパの中にはスズメの死体。

その横には自慢そうな顔をして寝そべっているタマが居ました。

いや~~~ん。

スズメはすでにお亡くなりだったので、そのままタマにスズメをくわえ直してもらって庭へ出てもらいました。。。
するとタマは庭の真ん中でスズメをガリガリと食べ始め、頭だけなくなった死体をそのまま放置。
小悪魔

食べるなら全部食べてよ~~~。(T_T)
頭だけがなくなった死体はかなり怖いです・・・。

これまでは野鳥もフェンス内には入ってくることがなかったのに、今は果物の木が生えていることに気付いて入ってくるようになったのかも。
とりあえずタマは果物を守る良い番猫になってくれそうだけど、死体を家の中に持ち込むのはやめて欲しいです・・・。汗
狩人

スポンサーサイト

やっぱり箱猫 2008年06月17日

いつも凶暴(笑)なタマですが、そんなタマにもお茶目な面はたくさんあって他の猫たちと同じく

  やっぱり箱が好きです☆
箱好き

羅琉 喜と箱は切っても切り離せない関係。^^

今回も箱を見たとたんに飛び込んだタマですが、この箱の中に入っていたものはコチラ。
英国カモシカが組み立て中のブツです。
組み立て中

今のイギリスは日照時間がとても長く、夜10時近くまで明るいので夕方になると庭に出ることも多いんだけど、おかげで英国カモシカの物欲も高まってしまい(汗)

 『ブドウの苗を植えたい!!
  ブドウにはツルを支えるものが必要だから、庭にアーチも必要だ』


などと言いだし、購入してきた アーチ  ベンチ でございます。。。汗
まぁ・・・いいんだけど、なんだか庭に色んなものが出現してビックリしてる猫たちデス(笑)。

タマに至っては、この新しいアーチではなくて箱の方に興味津々。羅琉 満足

大喜びで箱の中に隠れて(隠れてるつもりらしい・・・、寄って来たターディス嬢を見て興奮中のタマ。
隠れる

“いつ見つけてもらえるのかな~~♪” 羅琉 喜

と期待の目でターディス嬢を見つめているタマですが、ターディス嬢は冷めた目でタマを見つめるのみです(笑)。
何してるの

そして、出来上がりはこちら。
出来上がり

ベンチ部分の左横にひっそりと植えられているのが、まだまだ小さなブドウの苗。ふるーつ☆Cultivation・ブドウ

確か・・・ブドウって猫にとっては  になるらしいんだけど(滝汗)、ブドウの葉っぱを食べることもないと思われるので庭にブドウを植えることは了承しました。。。
そして何よりも思うことは、

  この寒いイギリスでブドウが育つのか?

ということですが。(-▽-)

タマのストレス 2008年04月16日

脱走フェンスが届かなかったおかげで、タマはまだまだ室内に隔離されたままです。。。
おまけに室内にはこの2匹が居て、ソファーも陣取られている状態。
sofa

ソファーにカバーを掛けたいんだけど、フラフィーにまたオシッコされるのは分かっているのでもう諦めました。sc07

そして先日、庭作業をしているときに物置のドアを開放していたんですが、フラフィーは物置の中に入って壁にオシッコを掛けてました・・・。がっくり
もちろんこの物置にうちの猫たちが入ったことはなく、物置に置かれていたものも猫たちの匂いはしてなかったはず。
木材などしか置いてなかったので “環境が変わったから” という理由も、ここには当てはまらないような気が・・・。

これを見て思ったんだけど、フラフィーは別に環境が変わったからオシッコ掛けを始めたのではなくて、昔から粗相の癖があったのかもしれないです。

飼い主さんに言われていたことは

 『2匹ともほとんど外で過ごしてて、室内には入って来なかったのよ。
   寝る場所は台所よ。』
  ということ。

この言葉の意味だけど、たぶん飼い主さんたちは2匹に室内に入って来て欲しくなくて外に出していた。
そして夜は台所のドアを閉め切って、猫をそこに閉じ込めていたのではないかと。。。

キレイな真っ白の絨毯が敷き詰められた室内に、泥だらけの足で入って来られては困っただろうし、フラフィーがオシッコを掛けていたのならば尚更、室内には入れたくなかっただろうし。(-◇-)

なんだかなぁ・・・。

そして室内ではタマが外に出たくて出たくて、かなりストレスがたまった状態で

    『アウ~~~    アウ~~~』

と言いながら徘徊してます。sc07
野良猫でも、時間がたてば室内飼いにできるとは言うけど、タマの場合は時間が経つにつれてストレスレベルは上がる一方で、このままではストレスで病気になってしまうのではないかと心配です。。。
食欲も落ちてきているし、何よりも遊ばなくなりました。
起きている時は、常に悲しそうな声を上げながら1階と2階をグルグルと歩きまわっていて、まるで檻の中のライオン。

室内飼いにできる猫と、そうではない猫はやはり性格によると思います。
そしてタマ、今度は植木を食べ始めました。(-▽-)
tama

ターディス嬢も気になってクンクンしていたんだけど、うちには2ヶ所に猫草が設置されているので、別に食べていたわけではないようでホッとしました。
yuki


続きを読む "タマのストレス"

気ままなタマ 2008年01月25日

ここ1週間ほど捕鯨問題について調べていたため、ブログ更新怠り中。^^;
というのも、英国カモシカが環境保護の関係でグリーンピースと関わっているため。(-▽-)

私は今回の件に限らず、昔からずっとグリーンピースが大嫌いだったので(問題ばっかり起こして人間に危害を加えるので・・・)、英国カモシカがグリーンピースと関わってると知ったときはドン引きでした。汗
でもまぁ・・・個人の思想に口出ししても仕方ないし、今までは無視してたんだけど、グリーンピースの方々には何度も差別的発言をされていたので怒りもつのっていて、そして今回の妨害行為の勃発でキレました(笑)。

なんたって、グリーンピースには私が猫を飼っていることに関して嫌味言われてたから、その恨みは根深いです。

「あなた、思ったよりちゃんと猫の世話してるようで安心したわ」


と言われ、彼らが旅行に出かけるというので、好意で留守中の猫の世話を申し出れば

「いや、信用できる人に頼むから」


と言われ、挙句の果てには英国カモシカのみを食事に招待し 「日本カモシカを1人置いてくのはやっぱり駄目だと思うんだけど・・・」 という英国カモシカの言葉に対し

「あ、じゃあまた今度誘うわ」

とのこと。
何を根拠に、私が猫の世話をしてないと思うんでしょ? 全く・・・。

しかも、旅行に行くというのでどこに行くのか聞いてみると

     海外までクジラを見に行く

とのこと。
しかも 飛行機 を使って。(-▽-)
私に散々 「飛行機を使うのは大気汚染につながる」 などと説教しておきながら、自分たちはクジラを見に行くために長距離フライトとは・・・矛盾してません?

そしたら

 『クジラ保護のためだから飛行機に乗る自分に誇りを持っている』

とのお答えでした。
まぁ・・・この人たちは矛盾だらけなのでお話になりません。
矛盾と言うならば、英国カモシカも人に対して 「環境に優しい生活をしろ」 と説教するのなら、飛行機も使わず仕事も辞め(飛行機関連の仕事なので^^;)、車も売り払って生活してほしいものです。
でも、そんなことされると困るのは私なので(汗)、人の上に立って、寄付金などが派生する団体のもとで環境保護運動を推進するのを辞めてほしい・・・。
自分ができないことを、人に押し付けちゃダメでしょー。

そこで、もう我慢も限界ということで英国カモシカにもグリーンピースがどれだけオカシイ団体かを知ってもらおうと捕鯨問題についても調べ始めたんだけど、知れば知るほど奥が深い問題。
宗教観や政治も絡んでくるので本当に難しい問題だと思います。

ちなみに、英国カモシカはうちの4匹の中でタマが1番好きだと言うんですが、理由は

  タマが1番賢くて人間みたいだから

だそうです。(-▽-)
これは 「クジラちゃんは賢いから食べちゃダメ」 と言う理屈で反捕鯨をしてる人たちと同レベル。がっくり
それじゃあ頭が悪いと可愛くないのか?? と問いたいです。。。うーん

そんな “賢い” タマですが、先日マーカス先生に会ってからは食欲も復活して元気です☆
ちぐら

実は月曜日から英国カモシカはベルギーに出張に行ってたんですが、その間もいつも以上に凶暴になることもなく(普通レベルの凶暴さでした・・・笑)いい子で過ごしてくれました。
床

そして今日はちょっと暖かかったので、ベッドの中でも寝るのは暑かったらしく久々に床で伸びてました(笑)。
でも・・・目が怖い。^^;
顔

そして気が向いたようでグンタのお世話を♪

タマは気が向いた時だけグンタの世話をするので、いきなり舐められてちょっとビックリしたようです(笑)。
舐める


で・・・やっぱりグンタは嬉しそうじゃない(笑)。
タマ

それでは、英国カモシカにグリーンピースの矛盾だらけの主張について論破するため、また情報集めに戻ります(笑)。
HOMENEXT≫

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。